9月 園だより

プチリック船堀園
9/1発行

施設長からのメッセージ

菊地 彩

暑さもようやく一段落し、季節の移り変わりを感じる頃となりました。
今年の8月は猛暑日も多かったですが、カラッとした日差しよりもじめじめとした印象が強く残っています。それによりお子様はもちろんのこと、大人も体調を崩しやすい状況だったのではないでしょうか。
お休みの日にレジャーに出かけるには難しい時期ではあったかと思いますが、園内では職員が工夫を凝らして様々な経験ができるよう内容を考えてくれていました。少しでも楽しい時間、今しかない経験に繋がっていれば嬉しく思います。

先々の天気予報を見ていると傘マークばかりで残念ではありますが、台風の季節はやはり体調を崩しやすい方が多いかと思います。
気温や天気によって午前中の活動は戸外の散歩や水遊びと様子を見ていきますが、お子様の体調に引き続き十分気をつけてまいります。
12日まではお預かりの検温の条件も厳しくさせていただいており、保護者様にご迷惑をおかけしていることと存じますがご家庭と園・そしてお子様の三位一体で引き続き健やかな成長を見守っていくため職員一同一層気を引き締めて参りますのでよろしくお願いいたします。

また、本日は引き取り避難訓練のご参加、そして参加のための調整をいただきまして本当にありがとうございました。避難訓練を義務として形式的に行うだけの保育所もありますが、我々は職員にとっても保護者様にとっても、またお子様にとっても日々の訓練がとても重要なものと考えております。この先も平穏な日々を送ることを願うばかりですが、何かが起きる可能性は残念ながらあります。火災・地震・水害はもちろん、不審者との遭遇も年間の訓練計画には盛り込んでおります。なにかご質問等あれば、いつでも職員にお声がけくださいませ。

● 行事予定 ●

9/1(水)
引渡避難訓練
9/10(金)
絵本の会
9/15(水)
誕生日会
9/17(金)
絵本の会
9/27(月)
身体測定
9/30(木)
リズム集会
9/27(月)
身体測定
 ● 入退園児のお知らせ ●
【8月途中入園】
・0歳児クラス パインくん

●新園開園のお知らせ●

10月1日に、千葉県松戸市に「プチリック北小金園」が開園することとなりました。
北小金駅すぐにある小規模認可保育園です。
今後ともプチリック保育園をよろしくお願いいたします。

プチリックのホームページはこちら

今月の樹~樹の名前を募集中です~

ついに9月になりました。
プランター栽培は残念ながら最後までキュウリ・トマトはうまく実がならずに終わってしまいましたが、ナスとピーマンは数回収穫の体験をすることができました!
そして船堀の樹には大きなブドウの実がなり、動物たちも嬉しそうにしています!次はどの野菜を育てようか、と子どもたちと相談していますが、次はいちごにも挑戦しようと考えていますので引き続き見守っていただければと思います。

子どもたちの成長は目まぐるしく、0歳児さんはつかまり立ちや歩行が始まったことで随分と視線が高くなりました。壁に貼り付けてある玩具にも気づき、積極的に手を伸ばす姿がみられます。1歳児さんは食事の好みがはっきりとしてきたかと思えば、その日その時の気持ちに左右されることもありますね。いやいやの時期も始まり、なんだか悲しくなってしまった時、抱っこをしながら装飾についてお話していると気持ちが落ち着く、という姿は少なくありません。2歳児さんは日々の室内の変化に敏感に気づき、それを教えてくれます。樹だけでなく、園内には季節を感じられる壁面がたくさんありますので、今後も子どもたちの成長に合わせて楽しめるようなお部屋を作っていきたいと思います。

●各クラス担任からのメッセージ●

わかば*岩本真希

お盆休みを終え、新しい友だちも増えて、お互いの存在に刺激を受けている様子のわかば組です。

子ども達は少しずつ言葉の理解も出来るようになってきました。言葉を一生懸命に聞き取るように、保育者の目をじっと見て話を聞く姿が見られます。
また、簡単な言葉の頭の一文字だけ…というように少しずつ言葉を真似ることが出来るようになってきた子もいます。言葉への興味が著しくなってきたようですね。
同時に絵本への興味も強くなってきています。この機会に沢山の言葉のやり取りを楽しみ、発語に繋げられるといいですね。
そんな中、自己表現もどんどん豊かになっています。それぞれが様々な方法で気持ちや欲求を伝えてきてくれます。気持ちを言葉で代弁しながら、欲求を満たしていくことも、受け止めてもらえるという安心感と自己肯定感に繋がっていくと思います。
引き続き、園でも一つの家庭のように温かい雰囲気の中でのびのびと過ごせるようにしていきますね。

つぼみ*和田幸・越塚彩

9月になっても厳しい暑さが続いていますが、朝夕には少しずつ涼しくなり夏の終わりを告げているようです。
8月は水遊びをたくさん楽しみました。最初の頃は水しぶきがあがるとびっくりすることもあり、涙を流すこともありました。次第に慣れて楽しさに気がついた今では、水遊びしようと伝えると、保育者よりも先にプールへ行こうと衣服を脱いで準備を始める子も増え、楽しみに思う様子が見て取れるようになりました。自分で勢いよく水をかけたり、スポンジを使って体をゴシゴシの洗う真似をしたりと体にかかっても平気なようです。
プルプルボールを使った感触のある玩具を使うと手で握って思いっきり潰す子、優しくそーっと握ってカップに集める子など、それぞれ思い思いの遊び方を楽しんでいます。
まだ暑い日は続いていくので、もう少し水遊びを楽しんでいきたいと思います。

生活面では、午睡明けにオムツが濡れていないことが増えてきたので、少しずつトイレに座るよう誘っています。トイレトレーニングの前段階のウォーミングアップといったところでしょうか。
まずはトイレに座る機会を作り、慣れていけるようにしています。個人差はあるので、出る出ないに関わらず座れたときには上手に座れたね、と自信がつくように声をかけています。無理なく便座に慣れていくことで、少しずつトイレでの排尿に向かいたいと思います。
ご家庭でも時間があるときに、おまるや子ども用の補助便座に座るなどしてみてはいかがでしょうか。

すみれ*石鍋未来

今年も猛暑日が多く、本当に暑い夏でしたね。雨の日もあったため水遊び以外の時は室内で過ごす時間も多かったのですが、体操やリズムは毎日行い、ブロックを繋げて作った平均台やトランポリン、トンネル、テープくぐりなども行い、たくさん身体を動かすことが出来ました。
また、製作では絵の具やのり、遊びの中では片栗粉スライム、氷、粘土と様々な感触遊びを経験しました。冷たさや柔らかさに驚きながらも、ゆっくり慎重派と大胆派に分かれて手の平全体で触れて楽しんでいましたよ。
「〇〇ちゃん、一緒に遊ぼう!」「〇〇ちゃん、これどうぞ!」「貸して」「いいよ」など、保育者を介さず子ども同士での可愛らしいやり取りがよく見られるようになりました。
自分たちが着ている服の色を見合って「ピンク同じだね!」と一緒にニコニコしたり、食事中苦手な物があると「頑張れ!」「ピーマン美味しいよ?」と応援したり優しく声を掛けたりしています。
このように日々の生活や遊びの中で友だちとのかかわりが深まり、友だちがいる喜びを一人ひとりが感じているようです。最近、着替えは「自分でやる」と言って頑張っています。自分で出来たという喜びに繋げられるよう、気温や気候、身体の大きさに合った着脱しやすい衣服のご用意をお願いします。

📚絵本紹介📚

今月の絵本の会で読んだ絵本はこちら。
●はんぶんこ/多田ヒロシ(こぐま社)
●おばけなんてないさ/せなけいこ(ポプラ社)

●せんろはつづく/竹下文子・鈴木まもる(金の星社)

8月の歌としても楽しんでいた♪おばけなんてないさ の歌に合わせた絵本を読みました。この曲は、数多くのおばけの絵本を描いてきたおばけが大好きなせなけいこさんが、ついつい口ずさんでしまうほど大好きな歌なんだそうです。自身が子育て中に歌っていたのはもちろん、ひとりでいる時にも口ずさんでいたそうですよ。そんな子どもたちも大好きな歌を題材にしたせなけいこワールド全開の楽しい絵本です。童謡を題材にした絵本は他にもあり、聞き馴染みのある音楽に合わせて絵がついているので、子どもたちも楽しめると思います。機会があれば是非お手に取ってみてください。

♫今月のうた♫

   
こおろぎ
♫こおろぎ ちろちろりん」
つき
「♫でてでたつきが」
しょうじょうじのたぬきばやし
「♫しょう しょう しょうじょうじ」

ご家庭でも一緒に歌ってみて下さい!

プチリック船堀園
〒134-0091 
東京都江戸川区船堀3-13-15 ざるやビル1階
TEL 050-1744-1633(保育園/主連絡先)
080-3643-4374(園携帯)