コミュニケーション能力
×
思考力+インプット力
を爆上げする1日

NCS typeC~受け取る情報の質と量を上げ、自分の頭でシンプルに整理して、わかりやすく相手に伝え、自分が望む現実を創り出す力を身につける1日~

コミュニケーションや思考に関する、こんな悩みはありませんか?

・自分の話が相手に上手く伝わらない
・自分の考えをうまく言語化できない
・他人の話がうまく聞けない
・人と深い話ができない
・いい質問ができない
・他人の話を鵜呑みにしてしまう
・ESが上手く書けない
・物事を深く考えるのが苦手
・未知のものを前にしたとき、思考がフリーズしてしまう
・情報がうまく集められない
・何が正しいのか、何が大事なのかわからない
・仲間が集まらない
・行動してもいつも上手くいかない
・人からいつも嫌われてしまう

etc…

もしも、コミュニケーション力と思考力と情報収集力が1日で爆上がりしたら?

きっと色んな質の高い情報を得られるようになるし、難しい問題も考えられるになるし、自分の考えもうまく相手に伝えられるようになるし、人とも簡単に仲良くもなれるでしょう。自分の悩みの多くは、解決されていく可能性が高いです。では、どうすれば短い時間でコミュニケーション力や思考力が上がるのでしょうか?

コミュニケーション能力や思考力を短期間で伸ばす3つのステップ

STEP

1

コミュニケーション能力、思考力、情報リテラシーの正体を、正しく知る。

自分が身につけたい能力の「正体」を知らないままだと、そもそも能力なんてものは身につきません。まずは、それぞれの能力の「正体」を知ることから始めましょう。

STEP

【超重要】基礎を、学んだその場で使ってみる。

本を読んだだけ、知識を教わっただけでは、能力は大して上がりません。継続的に使ってなんぼです。しかし、継続的に使うためにはまず、「自分でもこんなに簡単に上手くできるんだ」という経験が必要です。NCS-Cではその場で使える知識とワークショップの場を用意します。

STEP

ことあるごとに、継続的に使い続ける。

ワークショップで「自分でもできる!」と分かったら、あとは日常生活で使ってブラッシュアップをしていくだけです。使い方が分からなくなったら、動画で復習をして、もう一度基本を学びなおすとよいでしょう。

STEP

1

コミュニケーション能力、思考力、情報リテラシーの正体を、正しく知る。

自分が身につけたい能力の「正体」を知らないままだと、そもそも能力なんてものは身につきません。まずは、それぞれの能力の「正体」を知ることから始めましょう。

そもそも、コミュニケーション能力とは何か?

コミュニケーション能力とは、「他者と意思疎通を上手く図る力」のことです。「上手く図る」とは、コミュニケーションをした結果、「自分もハッピー」「相手もハッピー」になることを言います(超重要。多くの人はこれを忘れがち)。

コミュニケーション能力に関する、大きな誤解と絶対に抑えておくべき法則

  • ✖自分の考えさえ伝われば、それでいい。伝えることが大事だ。 〇それでは相手がハッピーになる可能性が低いですよね。結果的に相手は自分の思った通りには動いてくれません。それでは自分もハッピーじゃないですよね。これはコミュニケーションの原則に反します。ゆえに「相手は何が満たされたらハッピーなのか」を自分の中にインプットしなければ、コミュニケーションはうまく成立しません。これを「インプット優先の法則」と言います。
  • ✖ロジックさえ通っていれば、相手は動く。 〇むしろ人間は感情で動きます。あなたは選挙の際に、政策を徹底的に吟味して「正しい候補者」に投票をしたことがありますか?ほぼほぼ無いですよね。人間は基本的に感情で動きます。だから重要なのは、相手の感情を読み取り、自分の感情に気が付き、それらを踏まえたうえで相手の感情を動かす表現(表情、身振り手振り、姿勢、音など)を行い、そこにロジックを付加して自分の意思を伝えることなのです。そちらの方が「論理的」ではないでしょうか?(感情優先の法則)
  • ✖自分の言葉は、ちゃんと言えば相手に伝わっている 〇実は、ほぼ伝わっていません。なぜか。自分と相手の知識や認知の前提が違うからです。どういうことか。例えば、おばあちゃんにスマホのことを「wifiが~」のように自分の言葉で説明しても、絶対に伝わりませんよね。でも「スマホはね。テレビとリモコンと電話が一緒になった便利なものなんだよ。」と言えば、ちょっとは分かってくれます。要は、相手は相手の知識や思い込みの範囲でしか、物事を認識できないのです。ゆえに上手なコミュニケーションにおいては、いかに相手のことを知り、自分の知識をつかい、その上で相手に伝えるのかが重要なのです。これを「思い込みの壁の原則」と言います。
  • ✖人が話した言葉は、その内容通りのものだ 〇体感的には、人は90%以上は口で言っていることと本当の意図は違います。例えば「今日は、いい天気ですね。」という言葉。この人は本当に天気の話をしたいのでしょうか?違いますよね。本当は「天気という必ず相手と共有できる話題を通じて、相手と仲良くなりたい。あわよくばその先に××をしたい。してほしい。」そんなところではないでしょうか。つまりは、人の言葉にはその背後に幾重もの感情や期待や意図がある。それを理解しなければ、コミュニケーションは始まりません。(本音は別の法則)
  • ✖自分の言葉は表現は全部自分でコントロールできている 〇逆です。ほぼコントロールができていません。できていると思っている人は、それならなぜ上司や同期や友達や家族との関係が完璧じゃないのでしょうか?話しかけるべき言葉は、実はわかっているのに、なぜそれを言わないのですか?そうなんです。実は私達は恐怖や衝動などの感情により、自分が発信する言葉や表現をコントロールができていません。ゆえに、私達はまずはその状況を受け止め、メタ認知し、自分の心を穏やかにし、理性の言葉を発せるようにならなければいけません。(発信は案外制御不能の法則)
  • その他、「人は物語じゃないと心が動かない法則」や「鏡写しの態度の法則」、「論理は完璧じゃないの法則」、「わかりやすさはPREPからの法則」、「集団はまた違った論理で動く法則」などなど、多くの人が勘違いしているけど、絶対に知っておきたい様々な心理学的、社会学的な法則があります。
  • ✖自分の考えさえ伝われば、それでいい。伝えることが大事だ。 〇それでは相手がハッピーになる可能性が低いですよね。結果的に相手は自分の思った通りには動いてくれません。それでは自分もハッピーじゃないですよね。これはコミュニケーションの原則に反します。ゆえに「相手は何が満たされたらハッピーなのか」を自分の中にインプットしなければ、コミュニケーションはうまく成立しません。これを「インプット優先の法則」と言います。

あなたは、どれだけ知っていましたか?

もしくは、どれだけ実践していましたか?もし実践できていなかったら、どこかであなたのコミュニケーションはうまくいっていなかったり、さらには自分が望んでいない現実が目の前にあるのではないでしょうか?

【超重要】上記のコミュニケーションの法則を実現するために、1「正しく情報をインプットする力」2「沢山の情報を整理し、思考し、発信用に加工する力」が必要なのです。本当の意味で意思疎通を図り人を動かす「発信力、表現力」は実はこの1「インプット力」と2「思考力」の上に成り立っているものなのです。

POINT

NCS typeCとは、このコミュニケーションに関するあらゆる法則を知り、それを体感・実践できるようになるためのワークショップの場です。

上記の法則を知るだけなら、世の中の心理学のテクニック本や、youtuberの動画を見れば良いでしょう。わざわざNCSのCでこれらを取り扱っている意味は、「法則をその場で実践し、使えるようになる」ことを重視しているからです。幸い僕は知識や法則を体験化するのが非常に得意なので、こういったワークショップという形にして皆さんに提供しています。

ワークショップで身につけられる具体的なスキルの一覧。

これらのリスト(未整備ですが)の中から、自分が今身につけたいスキルをリクエストし、それがその場でワークショップになり、体験することができます。このリストに無くても、悩みを言っていただければ、その場でそれを解消するためのワークショップを作り上げることができます。

時には、「ワークショップ用の動画」を見ながら、他の参加者と一緒にオーダーメイドで場を作り上げていくことができます。エクストラの参加費を払えば、イベント後も動画を見て復習をすることができます。

参加者の声(写真は当日の様子です)

瞑想が人をリラックスさせて、言葉を引き出せる体験が印象にのこりました。瞑想しないで会話をした1回目とあまりにも違いがあり過ぎました。
言語表現以外の表現法があったこと、今まで自分がそれに全く意識を払ってこなかったということを理解できた。
目的思考、仮説思考、メリット思考、本音ワーク、どれもいい感じの負荷を感じ、今後自分が優先的にトレーニングをしていきたいことだと気づくことができた。
マサイ族にトマトジュースを伝える体験が衝撃的だった。知らないことを分かりやすく言語化する難しさを知った。伝えるには、共通点や隠喩、多くの知識を用いることが必要だと分かり、自分が奮い立たせられた。
今まで自分の話が相手に伝わらなかった理由が腑に落ちて、本当にびっくりした。世の中の多くの人は殆どコミュニケーションができていないんだとわかってしまった。
実際の場面で使えるコミュニケーションの技術を多く学べ、実際に使用できる機会も多く設けていただけたのがとてもよかったです。
コミュニケーションは生まれ持った才能ではなく、スキルであると気づけたのがよかったです。
圧倒的なインプット量と日常への接続の自信を得ることができました。ワークショップならではの魅力です。
インプット量が多くあっただけでなく、よく成功者の話で「すごいなぁ!いいなぁ!」で終わらずに実践できる内容でした。
実際の場面で使えるコミュニケーションの技術を多く学べ、実際に使用できる機会も多く設けていただけたのがとてもよかったです。

他のNCSコンテンツとNCS-Cの関係

NCS-A~自分のやりたいことを見つける1日~

そもそもコミュニケーションの目的は、自分のやりたいことをやるためです。NCS-Cで学んだことを存分で生かしていくために、改めて自分が目指していく方向を言語化しましょう。

詳細はこちら

NCS-B~行動力を爆上げする1日~

そもそも、自分のコミュニケーションにおいて、「自分が取りたいのに取れていないコミュニケーション」はありませんでしたか?それを解決するのがNCS-Bです。自分が今まで避けていた行動ができるようになり、行動力が爆上がりします。

詳細はこちら

箱根NCS~自然とアートで自分の感性を磨く~

NCS-Cでお伝えした通り、自分の感性によるインプットが、コミュニケーションの質を決めてしまうことが多々あります。その感性を磨くための場が、この自然とアート溢れる箱根での「旅型のNCS」です。お楽しみに!

詳細はこちら

三か月コース~身についたスキルを定着させるために~

実際に身につけたスキルを定着させていきたい。自分のマインドとスキル、両方鍛えていきたい。そんな人は三か月コースにどうぞ。毎週の振り返りがあるので、オーダーメイドで自分のスキルを身につけていくことができます。

詳細はこちら

NCS-Cはオンラインでも参加が可能です。

Zoomという無料アプリを用いて、オンラインでもワークショップを体験することができます。

その他詳細
参加費:10000円(税別)以上で価値を感じていただいた分だけ
日時:下記フォームの日程で9時~20時
場所:箱根か都内かオンラインか
人数:各回最大20名まで
申し込み後の流れ:申し込み確認メールと、リマインドメールが行きます!

参加申し込みはこちらから。ご参加を、心からお待ちしております!