International Light Association

I.L.A.は、ベルギーに本部を置く「光の治療的応用を模索する研究者のコミュニティ」です。

2017年11月現在、19カ国にプロフェッショナル会員 158人/支部 3か国/協賛協力 13団体が参画し、光と色彩をテーマとする様々な研究や活動を行うと同時に、世界で活動している多くの団体への協力活動に取り組んでいる国際機関です。 I.L.A.主催の国際カンファレンスは、 既に13回を重ね、各国の光と色彩をテーマとする学会や任意の団体活動などへの貢献を果たしてきています。

* I.L.A. 本部 ベルギー ブリュッセル

* I.L.A. スカンジナビア支部
   (スウェーデン・ノルウェー・デンマーク)

* I.L.A. オーストラリア支部 

* I.L.A. 日本支部 (2017年開設)

ILAホームページ


■I.L.A.の目的

I.L.A.は、光の独創活動に携わる人、ライトセラピスト、カラーセラピスト、また医療従事者、科学者や教育者など、光、色彩に対して専門的な関心を寄せている多様なメンバーによるコミュニティが形成されています。

創作活動に関わるメンバーは、 アーティスト、建築家、デザイナーと幅広く、広範囲で多彩な活動が展開されています。

I.L.A.では、光に携わるということ以外、いかなる専門的なルール、基準は設定しておりません。自由な発想の下で、私たちを取り巻く世界である光と色彩の融合が、健康、幸福への影響を与えること、そして、その恩恵に感謝しながら活動を行っています。

個人的関心を超えて、 I.L.A.メンバーは 「知識、情熱を分かち合う」という共通の願いを持っており、光、色彩に関する最新の理論、技法、技術を習得し、 福利への寄与へと繋げ、さらなる効果向上、習得、意識化を高めていきます。

I.L.A.は、2003年にベルギーで行われた光医学会議の際に I.L.A.として最初のミーティングをアントワープのルーベンスハウスの近くで開催しました。

その後、2005年に初のI.L.A.独自カンファランスをベルギーにて開催して以来、毎年開催しており、2017年のマイアミ開催では120名を超える参加者が全世界から集まっています。

I.L.A.の使命は、情報の共有と普及であり、光と色彩の分野において、教育や研究の率先と促進、そして、誰もが受容できる寛大な機会を提供し続ける事です。


■I.L.A.の活動

* 光と色彩を使用した治療に焦点を当てている人々のネットワークの構築と発展

* 専門的な基準を決定し、光の分野とその応用分野における色彩倫理の開発

* 光と色彩の分野に関する情報の発信

* 光とその応用についての教育機会の提供

* 光と色彩の分野における様々な手法の世界への発信、また、メンバー間での作品や情報の共有化

* 光と色彩の専門分野の高度化とその普及

* 研究、教育のための資金協力