なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください

自転車保険選びに困ったら

令和3年10月1日から
自転車損害賠償保険の加入が義務化されます!
加入は早めに!

月々210円~で
お子様からご家族までの事故を補償
  • 過去の高額判決事例
    9,521万円!
    小学生が自転車で
    女性に衝突
  • 信頼の
    楽天
    超かんたん保険
  • 業界最安値!
    楽天ポイントも
    貯まる

自転車保険の加入を義務づける自治体が増えています!

自転車保険の加入義務化とは?
各自治体が定める「自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例」の取り組みの一部で、自転車事故による加害者の経済的負担の軽減や被害者救済を目的として、自転車保険に加入するよう条例で義務付けたものです。
自転車で高齢者と事故

自転車保険加入義務化の背景

自転車は、手軽な移動手段として子供からお年寄りまで幅広い年齢層に通学や通勤、買い物など多目的な用途で利用されています。
一方、最近では、自転車事故によって他人の生命や身体を害した場合に、加害者が数千万円もの高額の損害賠償を命じられる判決事例が出ています。

自転車事故による高額賠償事例

自転車事故による高額賠償事例
自転車による交通事故は様々なケースがありますが、1事故につき数千万円から1億円近い賠償金が求められる事例が発生しています。

自転車事故では13〜18歳の加害者が最多

自転車損害賠償保険の対象になるケース

事例1
自転車どうしの事故
自転車どうしの事故
対人だけでなく、自転車どうしの事故にも対応できます。
事例2
自転車×クルマ
自転車でクルマを傷つけてしまった事故
子どもが誤ってクルマにぶつけて傷つけてしまった場合にも対応できます。
事例3
自損事故
自転車運転中に転んでケガをしてしまった事故
自転車に乗っていてケガをしてしまった場合にも対応できます。
事例3
自損事故
自転車運転中に転んでケガをしてしまった事故
自転車に乗っていてケガをしてしまった場合にも対応できます。

条例による
自転車損害賠償責任保険等への加入促進の動き

自転車事故における被害者救済の観点から、条例により自転車損害賠償責任保険等への加入を義務化する動きが広がっています。自転車損害賠償責任保険等への加入義務化の条例改正は平成27年10月に初めて兵庫県で導入され、その後も多くの地方自治体で義務化や努力義務とする条例が制定されています。令和2年4月1日現在、15都府県・8政令指定都市において、条例により自転車損害賠償責任保険等への加入を義務づける条例が制定されています。(公布日ベース)
全国の自治体の自転車保険加入の義務化と努力義務の条例制定状況

家族構成で選べる簡単プランの自転車保険

子供コース
満18歳未満のお子様向けのプラン
年払 2,400円
夫婦型
夫婦向けのプラン
月払 270円
本人型
申込者本人向けのプラン
月払 210円
家族型
家族向けのプラン
月払 360円
本人型・夫婦型・家族型は
「年払」ならさらにお得!
◆補償内容は
全コース最大1億円まで(示談交渉サービスあり)

◆予算にあわせて選べるプラン

子供コース節約コース標準コース充実コース

◆申込完了の翌日午後4時から補償開始
詳しい補償内容は 楽天超かんたん保険(自転車保険)のサイトをご覧下さい。

簡単ステップで申込完了!