加入してますか?自転車保険

POINT
1

自転車事故で多額の賠償金が請求されることも

自転車は車と異なる乗り物ですが、一方では車に準じる扱いが行われています。
ひと度事故を起こすと、被害に応じて多額の賠償金が請求されますから、他人事とは考えずに普段から備えておく必要があるでしょう。

過去の事例では、子供が歩行中の女性に衝突して意識不明にしたり、同じく自転車に乗っていた人に障害を負わせて、どちらも約9千万円の賠償金が発生しています。

つまり、子供でも加害者になり得ることが分かりますし、相手が自転車に乗っていても、ぶつかり方次第で大きな怪我を負わせてしまうと理解できます。両方共に重度の障害が残っていることから、約9千万円もの賠償金が生じたと考えられます。

自転車事故においても、加害者の過失次第で賠償額が変わってきます。

ペットボトルを片手に持ち、スピードを変えずに坂道を下っていたケースでは、歩行者に衝突して死亡させています。この事例の賠償金は約7千万円で、約9千万円の事例より数年前に発生したケースです。近年は、自転車の危険な乗り方が増えていることから、乗る人の責任が大きく捉えられている傾向です。

今後賠償額が上がらないとも限らないので、過去の事例に目を通しつつ、自転車で事故を起こすリスクを考えて乗る必要があるでしょう。

自転車事故で生じる賠償金は、自己破産しても免れられませんから、支払えなければ一生つきまとう結果に結び付きます。例え意図的に起こした事故ではなくても、責任は加害者に伸し掛かるので、最悪の事態を想定して備えることが大切です。
POINT
2

自転車保険はこんな時に役立つもの

自転車保険は賠償金が発生する時に、保険金として補償してくれるのが特徴です。

賠償金は、損害賠償責任に基づいて請求されますが、自転車保険に加入していれば補償が受けられます。責任事態はなくなりませんが、数千万円にものぼる負担が軽減されるので、加入と未加入では事故時の結果が大きく左右されるでしょう。

ただし、保険商品によっては損害賠償責任の保証が付いていませんから、加入前に良く確認する必要があります。示談交渉を代行してもらえる保険商品はより魅力的で、時間が掛る交渉をプロにお願いできるのがポイントです。

事故の内容次第では弁護士が必要になりますが、この弁護士費用も補償してもらえると安心です。

自転車保険では他にも、被保険者に該当する加入者が死亡した時や、治療が発生した場合の入院費などが補償されます。

事故で自転車が壊れてしまい、自力で移動できなくなった際に運搬してもらえる、ロードサービスが付く保険商品もあります。車両が盗難に遭って損害が発生した、そういったケースにおける特約が付けられる場合も少なくないです。

自転車保険は相手方に加えて、自らのリスクもカバーしてくれますから、加入して損をすることはないといえるでしょう。何より加入による安心感が得られるので、万が一に怯えることなく、自信を持って自転車に乗れるようになります。

相手が歩行者以外でも、過去の事例では1千万円以上で最大9千万円位の賠償金が発生しているので、とにかくお金の心配を軽減できる点が大きいです。
POINT
3

自転車保険の義務化がどんどん広がっています

以前の自転車保険は任意でしたが、現在では自転車事故の多発と悪質化によって、義務化が広がり進んでいます。義務化が進んでいるもう1つの理由には、賠償金の上昇で支払えなくなっているケースの増加が挙げられます。

一番最初に自転車保険の加入を義務付けたのは、2015年の10月に条例を施行した兵庫県が初めてです。

他の都府県も兵庫県に続くように、義務化を進めたり対象の地域を広げています。現在はまだ全国に広がっていませんが、少しずつ地域が拡大しているので、いずれ全国規模に広がると見て間違いないでしょう。

ただ、義務化といっても各地域とも同一ではなく、判断や具体的な内容は自治体に任されていますから、地域によって違いがあります。

東京都の条例は努力義務で、自転車の利用で発生する人命、財産の損害が賠償できるように、保険に加入するなどの努力をする必要があるとしています。神奈川県では一部が既に義務化されていて、今後の拡大や内容の変化に注目が集まります。

このように、自転車保険の義務化は地域によって、努力義務に留まったり一部の地域に限られています。全域を義務化している都府県もありますから、現在は規制なしの状況であっても、これから先のことは分からないです。

むしろ、現在の自転車保険の義務化状況に限らず、将来に備えて少しでも早く加入しておくのが賢明でしょう。

毎日のように自転車を利用しているのであれば、加入で損をするというよりも、突然の事故で得られるメリットの方が多いと思われます。
POINT
4

自転車保険は家族や子供にこそ必要

自転車保険は、自転車に乗る人にだけ必要だと思われがちですが、実は家族に乗らない人がいても加入する意味があります。

保険に加入しておけば、自転車で他人に怪我をさせてしまったり、物を壊してしまった場合だけでなく、被害を受けた際にも補償が受け取れます。更に家族の事故もカバーしてくれる保険なら、自転車の乗車時に加えて歩行時の怪我にも備えられます。

何時事故に巻き込まれたり、被害を受けないとも限らないですから、予期せぬ事故に備えるなら自転車保険が狙い目です。

小さな子供がいる家庭では、妻が自転車に乗せて移動したり、夫が自転車の走行する道で手を引いて歩くことがあります。それぞれ親子が身近にいる状況ですが、前者は衝突事故に巻き込まれるリスクがありますし、後者は手を離した隙に子供が事故に遭う状況が想定されます。

事故時の責任は加害者が負うものですが、直ぐに責任の度合いが認定される保障はなく、保険金が支払われるかも分からないので、自己防衛で備えておく意味は大です。事故に遭っても直ぐに保険金が支払われる、そのような保険に加入しておけば、事故が発生しても落ち着いて対応できます。

物損事故も人身事故も、被害が拡大すると賠償額も桁違いになるので、保険に加入せず何も対策を行わないのはリスキーです。自転車に乗っていなくても、自転車に巻き込まれる事故は何処でも発生しますから、家族もカバーできる自転車保険の加入が理想的だといえます。
POINT
5

人気の自転車保険を紹介

携帯電話キャリアのauグループに属するau損害保険は、手頃かつ充実した自転車保険で知られます。

インターネットで気軽に申し込みが可能で、しかも高齢でも入れますから、外出する機会の多い高齢者がいる家庭に人気です。auグループの知名度と、安定したブランドイメージも相まり、手頃な料金も合わせて人気を集めています。加害事故や事故による怪我を始めとして、24時間のロードサービスも付いてくるといった具合に、低額商品ながらも基本サービスが充実です。

三井住友海上のさいくるは、目的に合わせて複数のプランから選べるのが魅力です。

基本プランは全部で3つですが、賠償責任に応じて最大で3億円が補償されるのは、さいくるの全プランに共通している部分です。

プランの違いといえば補償額で、賠償責任の発生時以外に受け取れる保険金が、1年間に支払う保険料によって違ってきます。また本人のみの加入が一番お手頃ですが、僅かな追加料金で配偶者や家族もカバーできるのが強みです。

ジャパン少額短期保険のちゃりぽは、現在主流のネット申し込み型の保険で年間2900円、月額に換算すると260円から加入できます。

一口あたりの賠償額は1千万円までなので、大きな事故の対応は難しいですが、予算と相談して無理なく口数を決められることから、幅広く人気が高まっています。

いずれも上位を占める人気の保険ですし、それぞれ独自の付加価値を備えていますから、目的や予算を比較して決めることができるでしょう。

ほかにも「安い自転車保険でGO」さんで紹介しているように、クレジットカードの特典の個人賠償責任保険を利用して安く済ませる方法もあります。
少額で直ぐに入れる保険もあるので、全く何も備えをしていないなら、こういった保険を含めて加入の検討をおすすめします。