地震に強い家の条件と耐震等級3のハウスメーカーランキング!

現在の日本は地震大国であり、日本全国で地震が発生しています。それも小さな地震ではなく、大震災と呼ばれる強い揺れが多いので、これに耐えられるだけの住宅を建てる必要があるのです。そこで地震に強い家の条件や、耐震等級について知っておくことで、よりよい業者を選ぶことができますし、住みやすい家を購入することができるでしょう。

地震に強い家を建てる!耐震性が高い家の条件

耐震性に強い家を建てるとは言っても、どのような家が地震に強いのかわかっていなければ意味がありません。そこで重要な点をいくつか挙げてみると、まずは工法でしょう。どのような工法を使っているのかで、家の強さが変わってくると言っても過言ではありません。耐力壁や耐震壁、床の強さについても知っておく必要がありますし、重い家よりも軽い家の方が地震に強いということも把握しておきましょう。

地震に強い家のレベルを図る「耐震等級」とは

・耐震等級1
耐震等級とは、簡単に言えば住宅の耐震性能を表す数値です。日本には建築基準法という法律があり、この建築基準法を満たしていると、地震に強い家と言えるようになるのです。実際にはそれでも強い地震が来ると、部分的に倒壊してしまうこともあるのですが、それでも日本は地震が多いので、世界的に見ても建築基準法の条件は厳しくなっているのです。そんな建築基準法で定められている数値の家が耐震等級1になります。

・耐震等級2
耐震等級1が建築基準法で定められている条件の数値なら、耐震等級2というのはどのような意味があるのでしょうか。耐震等級2というのは、耐震等級1の1.25倍の強さがある住宅のことを指します。耐震等級1が建築基準法で定められている数値なので、この1.25倍条件が厳しくなっている家ということを意味しているのです。そのため、耐震等級1よりも、耐震等級2の方が丈夫で耐震性の高い家ということを指します。

・耐震等級3
耐震等級2が耐震等級1の1.25倍耐震性の高い家なら、最高ランクである耐震等級3の場合はどうなるのでしょうか。耐震等級3の場合には、耐震等級2の1.25倍、耐震等級1の1.5倍の耐震強度があることを意味しています。ようするに現時点では最も地震に強い家ということになるのです。そのため、新しく家を建設する場合には、耐震等級3にしておくのがよいでしょう。

・まとめると
耐震等級3の家であれば、大震災が発生しても住み続けられると言われています。いくらよい家を建てたとしても、耐震性の低い家では安全性も低くなってしまうでしょう。このように安全面で費用を削るのはよくありませんので、家族や自分を守るためにも、耐震等級3の家を建てることをおすすめします。

地震に強い家ランキング!耐震等級3のハウスメーカーはここ!

・ヘーベルハウス
ヘーベルハウスは地震に強い家を作るのが特徴です。地震に強くするために、いろいろな技術を使用しているのですが、主な技術としてはロッキング工法、ハイパワード制震ALC構造、重鉄・システムラーメン構造などがあります。このように利用できる技術を惜しまず使用していることにより、地震に強い家が作れるのだと言えるでしょう。地震にも強く、火事にも強い家を作るヘーベルハウスの坪単価は、大体65万円から90万円になっているので、少々高めです。

・トヨタホーム
耐震性はもとより、通気性の高い家ということで評判を得ているのがトヨタホームです。外壁にもHDセラコートを用いているので、地震に強いだけではなく、劣化しにくいという特徴もあります。高い耐震性を誇っている住宅を建設する際に用いられている技術の中でも、定番になっているのが鉄骨ラーメン構造なのですが、この技術もトヨタホームでは採用しているのです。坪単価は40万円から70万円ぐらいなので、あくまで平均的な価格ではないでしょうか。

・セキスイハイム
セキスイハイムは工場で骨組みを作るユニット工法を用いていることでもよく知られる業者になっています。工場で骨組みを作ることにより、雨に濡れて錆びることがないため、良質で丈夫な基礎ができるのです。以前は鉄骨の家を中心に作ってきましたが、現在では木造建築にも力を入れるようになってきました。もちろん耐震性の高い家を作っていることは言うまでもありません。そんなセキスイハイムの坪単価は、65万円から75万円になっているため、平均的か少し高めになっています。

・大成建設ハウジング
コンクリート住宅パルコンで有名な大成建設ハウジングでは、地震の揺れを床や壁、屋根などで分散し、さらに吸収まで行うことができるので、万が一強い地震が発生した場合でも、家が倒壊しにくくなるのです。今までは外に避難するのが一般的であった大きな地震も、この技術を使用していることにより、家の中にいた方が安全になったと言っても過言ではありません。坪単価は75万円から85万円と少し高くなっていますが、その分安全な家を建設してもらえます。

・レスコハウス
地震に強いのは当然ですが、水害や強風にも強くなっています。WPC工法によって重い状態に耐えきれるだけの家が作られているので、屋上などの活用も可能です。通常重い家は地震に弱いと言われていますが、強度だけではなく、高密度のプレキャストコンクリートパネルを躯体にして組み上げたレスコハウス独自の工法を使っているので、揺れの軽減や建物の変形を少なくすることができるのです。ちなみに坪単価は50万円から90万円ぐらいになっています。

・サンヨーホームズ
地球にやさしく高寿命の家を建てることで知られているのがサンヨーホームズです。室内環境をよくすることでも知られていますし、耐火性や耐震性にも優れています。耐震性に制震がプラスされている制震ダンパーサンダブルエックスの組み合わせにより、地震に強くて揺れを吸収できるような作りの家が建てられるのです。揺れの吸収効果により、家具の転倒なども防げるでしょう。そんなサンヨーホームズの坪単価は、平均的な55万円から75万円です。

・住友林業
住友林業は気を活かした家を得意としているハウスメーカーです。木を使うと耐震性に問題があるのではと思う人もいるでしょうが、建築方法によってはとても耐震性の高い家が作れるのです。住友林業は木造軸組工法という技術を用いていますし、きづれパネルという耐震壁を使用しているので、耐震性の高い木造建築が可能になっています。さらに振動を熱に変えて吸収することが可能な高剛性・高減衰ゴムを使っていることも地震に強い理由の1つです。坪単価は40万円から80万円程度です。

・百年住宅
百年住宅も耐震強度の高い家として知られています。なぜ耐震強度が高くなっているのかというと、PCパネルの強さ、箱形構造の強さ、固有周期の優位性が関係しているのです。しかも阪神淡路大震災が発生したときには、百年住宅と同じ構造の住宅495棟が、構造躯体や窓ガラスが一切破損しませんでした。このように過去の地震でも被害を受けにくいことから、地震保証が設けられているので、このようなハウスメーカーは珍しいと言えるでしょう。

・積水ハウス
高いデザイン力と高い自由設計が売りの積水ハウスですが、木造住宅ではシャーウッド構法が用いられていますし、鉄骨構造の住宅にはユニバーサルフレームシステムが用いられています。そのため、耐震強度も高くなっているのです。坪単価は50万円から80万円ぐらいなので、大体平均的な価格なのですが、どのような作りの住宅でも地震に強くすることができます。

・ダイワハウス
災害に強い家づくりという宣伝文句を掲げているのがダイワハウスです。坪単価は40万円から80万円ぐらいの間なので、大体平均的だと言えるでしょう。xevoΣというテクノロジーを開発したことによって、自身に強い構造の家づくりが可能になりました。ただ地震に強いだけではなく、開放感のある広い家を同時に実現することができるので、家族が多い人には最適でしょう。万が一のときにもサポートシステムが充実しており、24時間365日対応してくれます。

地震に強い家を建てる前に土地選びも慎重に

地震に強い家を建てたいのであれば、地震に強い構造の住宅を建てるのに強い業者選びが重要になります。できれば地震に強いと実証できている工法を用いる業者がよいでしょう。しかし、それだけでは不十分なのです。さらにプラスして、地盤の強い土地を購入することも重要になります。どんなに高度な技術を用いても、軟弱地盤では全く意味がありません。特に造成した土地や整地したばかりの土地は危険です。

そこで弱い地盤はどのようにして見分けるのかを知っておく必要もあるでしょう。見分け方はいくつかあるのですが、最も簡単なのがハザードマップを見ることです。ハザードマップで被害が発生しやすい場所は避けて土地を購入しましょう。家は工法と土地、そして基礎部分の作りが大切になるので、このような点もきちんと説明してくれる業者を利用するべきです。

地震に強い家を建てるなら業者選びはしっかりと!

業者選びによって、どのような家が建つのか決まってしまうと言っても過言ではありません。だからこそ業者選びはとても重要になるのですが、まずは信頼できるか、技術力は知識は十分にあるのか、実績はあるのかなどを調べてみましょう。そのうえで比較をしてからじっくりと検討し、ここなら安心して任せられると思った業者を選ぶのがよいでしょう。