重度知的障害のある青年の
一人暮らしを支えるヘルパー募集

支援事業 風:fuu (東京都指定居宅介護事業所)

by NPO法人風雷社中

重度知的障害のある人たちの多くが、家族と暮らす以外には、入所施設やグループホームで暮らすといった集団での生活をおくっています。

近年、障害福祉サービスの制度整備が進み、常時ヘルパーがアシストする形で、障害のない人たちと同様に住み慣れた(住みたい)地域で、一般賃貸住宅を借りて、自立生活をする方が増えてきています。

支援事業 風:fuuでは重度知的障害のある人の自立生活のサポートに積極的に取り組み、現在、大田区内で2名の方の生活アシスタントを担っています。

勤務内容

身体介助

入浴、更衣、排泄、食事等生活に関わる身体的な介助全般。
「してあげる」のではなく、本人が出来ないことを一緒にやります。
その時々のニーズに合わせて、柔軟な対応が求められます。

ガイドヘルプ

通所施設送迎バスポイントへの送迎、買い物、余暇等。
本人の安全を確保しながら、一緒に楽しく行動します。
先回りはしないで、本人のペースを大切にしています。

家事援助

調理、洗濯、掃除等。
健康で快適な生活を日々支えていきます。


見守り

本人が困っている時に声かけや介助の対応できるよう、同じ居室で待機等

求める人物像

シッカリと働きたい人 
 日勤 週2~4日
 夜勤 週1~2泊

生活に関わる仕事がしたい人
 身体介護、家事援助だけではなく、生活全般に関わる仕事になります

知的障害のある人の自分らしさを尊重し一緒に過ごせる人
 本人の希望や主体性を尊重し、穏やかに楽しく働ける人を求めています

勤務時間帯と給与(例)

平日
16:00~20:00   5,200円~
20:00~翌9:00  16,790円~

土曜日
  9:00~12:00    3,900円~
12:00~16:00      5,200円~
16:00~20:00      5,200円~
20:00~翌10:00   18,415円~
日曜日
10:00~18:30  11,050円~

交通費  実額支給(1日あたり上限1,500円)

勤務地

大田区蒲田(JR蒲田、東急蒲田、京急蒲田 徒歩圏内)

必要な資格(いずれか1つあればOK)

介護職員初任者研修修了
介護職員実務者研修修了
介護福祉士

旧ヘルパー2級以上

その他

面接会場
面接はオンラインで行ないます。
お仕事の流れや雇用条件についてご説明します。

雇用契約は風雷社中の事務所または以下の会場で行います。
会場:JR大森、蒲田駅周辺のコワーキングスペース

エントリーフォーム

この仕事に興味を持たれた方は、是非、エントリーしてみて下さい。
まずは見学からでも大丈夫です。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。
支援事業 風:fuu(by NPO法人風雷社中)は
2010年より、居宅介護事業所として障害のある人たちの居宅介護、移動支援事業に取り組んでいます。。
10代から70代まで、幅広い年齢層の方がヘルパーとして働いています。

※写真撮影 柴田大輔(フォトジャーナリスト・茨城県牛久市)
https://www.daisuke-shibata.com/このホームページで使われている写真は、知的障害のある青年がシェアハウスで自立生活をしていた時の同居人である柴田大輔さんが撮影。柴田さんはフォトジャーナリストとして、コロンビアなど中南米の取材活動に長年取り組まれています。近年は地元茨城県の蕎麦農家を取り上げた写真展『土と奏でるブルース』を開催。

ドキュメンタリ映画「道草」知ってますか?
知的障害のある人たちが、街で介護者付き一人暮らしをする様子が描かれた映画です。
興味のある方は、ぜひ、ご覧になって下さい。

暮らしの場所を限られてきた人たちがいる。
自閉症と重度の知的障害があり、自傷・他害といった行動障害がある人。
世間との間に線を引かれ、囲いの内へと隔てられた。そんな世界の閉塞を、軽やかなステップが突き破る。
東京の街角で、介護者付きのひとり暮らしを送る人たち。
タンポポの綿毛をとばし ブランコに揺られ、季節を闊歩する。介護者とのせめぎ合いはユーモラスで、時にシリアスだ。
叫び、振り下ろされる拳に伝え難い思いがにじむ。関わることはしんどい。けど、関わらなくなることで私たちは縮む。
だから人はまた、人に近づいていく。
映画「道草」HPより。


ガイドヘルパー募集

支援事業 風:fuuでは、障害のある人たちの社会参加や余暇支援のための外出支援=ガイドヘルプにも取り組んでいます。
平日の短時間、土日などの空いている時間を有効に活用して、社会貢献になる仕事です。ぜひ、あなたの時間を少しだけ障害のある人の外出のために使ってみませんか?