自律神経失調症や
パニック障害の相談室
生きづらい世界での杖になりたい

ABOUT

自律神経失調症やパニック障害その他ストレス症状専門の相談室です。
対応症状など詳しくは下記をご参照ください。

対応症状などの詳しい説明   →HPはこちら  

予約相談窓口はこちら

CONCEPT

ストレス社会の心の杖でありたい
プロフィールは
こちら


HPは→こちら
完全予約制となっております。
応対中、施術中、相談中は電話に出ませんので公式LINE@からがスムーズです

対応症状

自律神経失調症、不眠症や睡眠障害、パニック障害、頭痛、片頭痛、耳鳴り、メニエル病、めまい、発作性頭位めまい症、肩こりや首こり、逆流性食道炎、顎関節症、うつ、慢性疲労、過敏性腸症候群(IBS)、便秘、過呼吸や過換気症候群や息切れ、嘔吐恐怖症、HSP、その他にも自律神経が大きく関わる症状は以下にたくさんあります。(対応可能)
動悸、ほてり、ホットフラッシュ、冷えのぼせ、 下痢、微熱、手足のしびれ、眼精疲労、口やのどの不快感、ヒステリー球、頻尿、残尿感、息苦しさ、朝が起きれない、起立性調節障害(OD)、生理痛、生理前症候群(PMS)、月経前不快気分障害(PMDD)、更年期障害、感音性難聴 突発性難聴、喘息、線維筋痛症、首の痛み、背中の痛み、倦怠感、吐き気、動悸(ドキドキする)、息苦しさ、胃の痛み、腰痛、難聴、下痢、頻尿、食欲不振、口の渇き、味覚異常、ホルモン系の異常。

 

またイライラ、不安感、疎外感、落ち込み、やる気が出ない、ゆううつになる、感情の起伏が激しい、あせりを感じるなど精神状態の不調にも自律神経を整える事は非常に大切です。

 

また自責感、希死念慮、ADHD、自傷、PTSD、アダルトチルドレン、社会不安障害、双極性障害Ⅱ型、適応障害の診断が出ている方やそれに近い方も通われています。なぜなら上記のような自律神経症状を合併している場合が多いからです。



自律神経失調症やパニック障害、ストレス症状の相談室

大阪府大阪市中央区南船場4ー10-18
心斎橋駅3番出口より徒歩4分
四橋駅より徒歩2分
公式LINE@:zpp2077b  

(施術中は電話に出ないためLINE@からがスムーズです)

mail:jiritsusinkei.soudan@gmail.com
営業時間:11:00~23:00
定休日:不定休