時間とお金と
空間の法則

あなたの日常生活を快適にする考え方
時間とお金と空間の法則を知っていると、どんな事に役立つのでしょうか?

例えば、家まで歩けるけどバスに乗って帰りたいとき。
例えば、収納下手な人が物を捨てるべきか迷ったとき。
例えば、セール品を買うために行列に並ばなければならないとき。
自分自身に時間とお金と空間の法則が身についていれば、迷わずに正しい答えが導き出せます。

さあ、とっても簡単で役立つ法則を身につけましょう。

まず、時間とお金と空間の基準を二つ決ます。

はじめに、私のオススメは、ボックスティッシュの箱です。
自宅でボックスティッシュ1箱分の空間を1ヶ月間貸した場合の賃料を決めます。
目安は、一箱月300円くらいです。家賃が高い地域にお住まいな人ほど高くなるかもしれません。
どうですか、賃料月額300円を受け取らなくても置いておきたいものばかりですか?
それ以外の物も沢山ありますよね。
家の中を見渡して下さいこのように考えれば躊躇なく無駄なものを捨てることができますよね。
もし必要な物であっても、また買えばよいのです。買うために費用はかかりますが、自分が受け取れるべき賃料より安ければ、必要なときに買った方が安いことになります。

次に、自分が1時間アルバイトをした場合の時給を決めておきます。私の場合は時給1000円としています。

例えば、今日定期券を買っておけば消費税の上がる前の金額で安く買えるとします。しかし、買うのに2時間待たなければならないとしたらどうでしょう。
定期券が2000円以上安く買えるのであれば、待つ価値があると導き出せます。待つことが時給1000円以上の仕事になるからです。
このように、時間とお金と空間の法則を身についていれば、今まで迷っていた日常生活の判断について、簡単に正しい答えを得ることができるでしょう。

ここで大事な事は、収入を2000円増やすことと支出を2000円減らすことはイコールであるということです。
そのため、たった1000円安くなるために2時間待つのであれば、その2時間で映画鑑賞をしたり、家族のために手の込んだ料理を作ってあげた方が有益ということになります。


また、この法則をつかさどるのは人間の脳です。そのため、忘却のリスクを考える必要があります。
人間は必ず忘れる生き物です。たとえ必要な物が安く買えるとしても、すぐに使うものでなければ手を出すべきではありません。どこにしまったのか忘れてしまう事があります。買ったことすら忘れてしまうこともあります。そうすると、その物を買ったお金を損するだけでなく、その物が置いてある場所の賃料を払い続けなければなりません。

そこで、忘却のリスクを低減させる工夫はあります。収納場所のカテゴライズです。すなわち、掃除道具であれば、一ヶ所にまとめておくことです。そうすれば、掃除道具の置いてある場所さえ覚えでおけば何をどのくらい買ったのか忘れることはないからです。
だからといって、洗剤などの消耗品を無駄に買い置きしてはいけません。無くなったらどこにでも買いに行けるものです。(賃料を得ることができる空間を無駄に占領されてしまいます。)

収納の可視化も忘却のリスクを低減させます。引き出しや冷蔵庫を開けたとき、何がしまってあるのかを一目で確認できるようにしておくことです。引き出しにものを詰めすぎないことは探す時間の節約にもなりますよね。

いかがでしたか、日頃より車に乗る人であれば、今日からの給油は常に満タンを入れるようになるでしょうね。


それでは。