事業資金を急ぎで調達するコツ

ビジネスを成功へ導くためには、スピードが大切です。

そして、スピーディーに事業を展開するために必要になってくれるのが、事業資金となります。

何か大きなチャンスがあった際、「運転資金がない」「資金を調達するためのタイムラグがある」、これでは千載一遇のチャンスを逃してしまう可能性が高いでしょう。

資金繰りが悪化して手元の資金がなくなると、倒産の一歩手前である資金ショートを招いてしまうこともあります。

融資を受けるまでの時間がかかると、ビジネスにおいては非常に不利になってしまうと言えるのです。

そのため、急ぎで資金が必要になった時でも対処できるよう、素早く事業資金を調達できる方法をいくつか知っておく必要があるでしょう。

下記では、その方法についてご紹介したいと思います。

ビジネスローン

ビジネスローンとはその名前からイメージできる通り、事業のために必要な資金を借りるローンのことです。

個人を対象としたキャッシングローンは、事業目的での使用が禁止されているため、ビジネスで使うためには専用のビジネスローンに申し込むことが必要があります。

ビジネスローンのメリットは、何と言っても素早く事業資金を調達できるということです。

日本政策金融公庫や銀行融資は審査に1ヶ月前後かかってしまう一方、ビジネスローンなら最短即日、遅くても一週間ぐらいで融資を受けられるため、素早く事業資金を確保することができます。

金利が高いのがデメリットですが、審査も比較的甘く、短期の資金繰りには非常に便利でしょう。

ファクタリング

ファクタリングとは、商品の販売などの営業活動に発生した代金を受け取る権利である売掛金を、第三者の会社が買い取ることで運用資金を調達する方法です。

会社にもよりますが、ファクタリングは審査も甘くて即日入金されるサービスも多いため、急な資金繰りの時に非常に重宝します。

ただ、ファクタリングは金利がないものの、1.0%~20%の手数料がかかります。

そのため、ファクタリングを利用する際は手数料が低い業者を探したり、手数料を下げるための交渉術が大切になってくるでしょう。

まとめ

資金を調達する方法はたくさんあり、それぞれで特徴が異なっています。

どれを選ぶかによって多くのことが変わってくるので、色々な角度から分析し、本当に自分に合った資金調達方法を利用する必要があります。