実際のスライダーの動きは、プレビュー/公開ページでご確認ください

自分史とは

私たちは「自分のライフ・ヒストリー(人生)を表現したもの」を自分史ととらえています。
よく自分史といえば、人生の軌跡を文章にまとめて本にする、というイメージされがちですが、写真や映像、音声、詩歌といった自分の作品、年表や家系図、コミックなどさまざまな形で表現するのも自分史です。

また、近年では、自分史は記録ツール、自己分析ツール、自己PRツール、コミュニケーションツールとしても活用されています。
「自分らしく、希望をもって生きていく人を増やす」を目的とし、「過去の思い出や経験を今へつなぎ、未来へいかす」、そんなご提案をしています。

自分史活用協議会の成り立ち、大阪支部発足の想い

社会が豊かになり、技術が進歩し、情報化が進んだことで、個人ができることの選択肢が増え、自分のやりたいことがやろうと思えばほとんどのことができるようになりました。その一方で、自分が本当にやりたいことがわからず、将来に希望が持てないという人たちも増えているようです。あふれる情報にまどわされず、自分が本当にやりたいことを見つけ、将来に夢や目標、希望を持てるようになるために、自分のことを深く知ることが必要になってきています。そういう時代背景のなかで自分史活用推進協議会は、2010年7月7日に設立されました。

大阪支部は、関西を拠点にする自分史活用アドバイザーを中心に2020年4月1日に発足しました。
アドバイザーの資格を取得することが目標ではなく、資格をいかしてお一人でも多くの方に自分史をしっていただく、味わっていただく、そして一緒に活動していく仲間となっていただけるよう、自分史を広げ、深めることをミッションとしています。
お問合せ、講師のご依頼、取材のお申し込みなどはお問合せフォームよりお送りください。


お客様の声

経験や想いが伝わる
・自分のDNAの中に全て入っていると思うと、先祖が生きた場所や思いをイメージできる。何か勇気づけられたり、前向きになる。
・お客様に夢を売る仕事をしているため、夢のない方に自分の大切にしていることを気付かす一つの手段を得た。
----------
形にして残すことで、家族や友人・社員といった人々へ、自分の経験や想いを伝えることができます。相互理解や事業継承にも役立ちます。

自分の強みや価値観の見つかる
・自分のことがわからなかったので、今回明かりが見えた
・もう一度自分を見つめ直すためのきっかけになりました。参考にさせていただきます。
・過去の振り返りの大切さと感謝の気持ちが生まれる良い機会になりました
----------
小さいころからずっと好きだったこと、続けてきたことなどを知ることで、そこから自分の強みを見つけたり、自分を再評価できます。
コミュニケーションが
円滑になる
・知らなかった素顔の一面を見せていただき、少し親近感をもてました
・自己紹介で話せる材料が増えました
----------
自分をよく知るということは、アピールできる材料が増えることでもあります。自分のことをたくさん伝えられれば、それだけ自分をよく知ってもらえるし、自分への評価が変わります。他者との相互理解に役立ちます。
職場のコミュニケーションがよくなり、信頼関係がうまれます。
コミュニケーションが
円滑になる
・知らなかった素顔の一面を見せていただき、少し親近感をもてました
・自己紹介で話せる材料が増えました
----------
自分をよく知るということは、アピールできる材料が増えることでもあります。自分のことをたくさん伝えられれば、それだけ自分をよく知ってもらえるし、自分への評価が変わります。他者との相互理解に役立ちます。
職場のコミュニケーションがよくなり、信頼関係がうまれます。
ご案内

近日開催のイベント・講座

毎月7日「おもいで茶論」オンライン開催

「おもいで茶論」は、テーマを決めて、思い出をみんなでゆるーく話す会。
毎月7日、お気に入りの飲み物やおやつを用意して、楽しい思い出、クスっと笑える思い出、いろいろな思い出を一緒にお喋りしませんか?
はじめての方も大歓迎です!

日時:毎月7日 開場19:50 開始20:00
会場:オンライン開催(ZOOM)
※お申し込みいただいた方に、参加方法をお知らせします
参加費:無料
定員:各15名
お申し込み:こちらのフォームにてお手続きください
申し込み締め切り:開催日の前日20時
主催:自分史活用推進協議会大阪支部
内容(担当者・テーマ):
2月7日(日)恋/伊藤洋子
3月7日(日)鉄道/田中強一

11/7「秋の、おもいで文化祭」(オンライン開催)※終了しました

自分史活用アドバイザーそれぞれの強みをいかしたワークショップの文化祭を開催します。
さまざまな切り口で、自分史=思い出を一緒に楽しんでみませんか?
ぜひご参加ください!

日時:2020年11月7日(土)午後1時~午後5時30分
会場:オンライン開催(ZOOM)
  ※お申し込みいただいた方に、参加方法をお知らせします
内容:
12:30 開場
13:00 開会
13:20-  楽しむ自分史「リレー自分史」※11/3申し込み締め切り
14:20- 鉄道の思い出を語ろう「鉄道自分史」
15:20- 自分で綴る「回想礼状」~あなたへ贈る最後の手紙~
16:20- 「おもひで茶論」へようこそ
17:30 終了

参加費:無料
定員:各20名
お申し込み:こちらのフォームにてお手続きください
申し込み締め切り:11月4日
主催:自分史活用推進協議会大阪支部、令和2年度大阪市NPO・市民活動企画助成事業

★プログラム1~みんなで楽しむ -リレー自分史ー:講師 今里 勝信
「自分史」は人生物語を綴ることに始まり、自己分析への活用を生み、自分史を楽しむ時代へと広がって来ました。

今回は新しく楽しむ自分史として生まれた「リレー自分史」ワークショップを体験していただきます。

ぜひご参加ください! お申し込みは こちら です。
★プログラム2~鉄道の思い出を語ろう「鉄道自分史」:講師 田中 強一
思い出深い鉄道写真を持ち寄り、鉄道の説明や撮影時の思い出、そしてその頃の状況を語り合います。

鉄道に興味があるという共通項をもつ人たちと、思い出を共有する楽しみを味わうワークショップです。
お申し込みは こちら です。

★プログラム3~自分で綴る「回想礼状」~あなたへ贈る最後の手紙~:講師 谷口 佳津子
新型コロナウィルスの影響で、お葬式のスタイルが変わりました。何がおこるかわからない世の中、ただ1つわかっているのは「命あるものは必ず死する」ということです。
何も言わない、何も遺さないでは「後悔」だけが残ります。
最後の感謝は自分の言葉で伝えませんか?お申し込みは こちら です。
★プログラム4~「おもひで茶論」へようこそ:講師 久保田悦子
思い出の場面を語る時、人にはそれぞれ、そのシーンに登場する、その人ならではの懐かしいアイテムがあります。
「おもひで茶論」は、ゆるーく思い出をたどりみんなでお喋りをしながら、その時間を味わい愉しんでいただくための場所です。
今回のテーマは「子どもの頃の遊び」。
お気に入りの飲み物やおやつを用意して、一緒におしゃべりしませんか?お申し込みは こちら です。

10/24「毎日がおもしろくなる自分史入門」※終了しました
       トークショー&一枚の自分史ミニワーク(オンライン開催)

自分史には興味があるけど書くのは難しい、とよく言われます。確かに、ぼう大な時間をまとめたり書き綴るのは大変と思うかもしれません。

そんな時には、「一枚の自分史」をお勧めしています。
一枚の写真から思い出を綴る「一枚の自分史」。写真におさめられた思い出ひとつなら書きやすい と好評です。今回は、このワークの生みの親、河出岩夫氏を講師に迎えます。
老舗出版社の4代目を継承する河出氏の、世代をつなぐ自分史のお話と「一枚の自分史」ワークを、ぜひこの機会にお楽しみください!

日時:2020年10月24日(土)午後1時~午後4時10分頃
会場:オンライン開催(ZOOM)
  ※お申し込みいただいた方に、参加方法をお知らせします

参加費:3,000円(消費税・資料代込み)
定員:30名
お申し込み・お支払い:こちらのフォームにてお手続きください

主催:自分史活用推進協議会大阪支部、令和2年度大阪市NPO・市民活動企画助成事業
チラシおもて面
チラシうら面
チラシうら面

10/3「未来のしあわせな自分史を描こう!」ワークショップ※終了しました

「幸せな未来」について考えませんか?
ハッピーエンディングカードを使って、現在あなたが抱えている不安を洗いだし、未来のリスク回避に繋げます。
カードのメッセージを楽しみながら、今から備えられることを発見する楽しいワークショップです。これからの時代を自分らしく生きたい方にお勧めです。


日時:2020年10月3日(土)午前10時~12時
会場:オンライン開催(ZOOM) 
参加費:無料
定員:15名
お申し込み:こちらでご案内します
申し込み先は主催者の大阪市立総合生涯学習センターのページになります。詳しい参加方法は、お申し込み後に案内されます。
本件のお問合せは、大阪市立総合生涯学習センターへお願いします。
TEL:06-6345-5004

大阪支部メンバー
写真からはアドバイザー自己紹介ページへリンクします

藤森雅世/大阪支部長
活動地域:大阪府および関西一円
合同会社Keyword代表
起業と集客の「人と仕組みづくり」事業を展開。Webコンテンツやプランディングに強み。
2017年度自分史マイスター表彰
久保田悦子
活動地域:関西を中心に全国
結婚相談所「尼崎の仲人さん」代表
「出愛のパッチワーク勉強会」主宰
仲人士、結婚心理カウンセラー、成婚優秀賞10年連続受賞、市尼吹奏楽部の後援会副会長

谷口佳津子
活動地域:関西を中心に全国
endingcocierge WILL代表
葬祭ディレクター、後見相談士、海洋散骨アドバイザー、ハッピーエンディング協会スーパーバイザー、笑い文字・初級講師ほか

藤原優子
活動地域:関西を中心に全国
「人生応援G-CUBE」主宰
シューカツ(集大成活動)ライフコーチ、キャリアコーチ・カウンセリング


田中強一
活動地域:関西を中心に全国
教員を退職後、三重県名張市でPC教室「かるちゃーステーション名張」を開業。
上級写真整理アドバイザー、生前整理アドバイザー。趣味は鉄道。

谷口佳津子
活動地域:関西を中心に全国
endingcocierge WILL代表
葬祭ディレクター、後見相談士、海洋散骨アドバイザー、ハッピーエンディング協会スーパーバイザー、笑い文字・初級講師ほか

【連絡先】〒530-0001 大阪市北区梅田1-2-2-500 大阪駅前第2ビル5階
大阪市立総合生涯学習センター ネットワークラボ内
【TEL】050-7108-1156(月~金10時-18時)