現場監督になるには資格は必要?

建物を建てる時、あらゆる工程が必要になりそれを現場で指示して進める現場監督の存在が必要です。ここでは現場監督になるにはどのような資格が必要かなどを解説します。

現場監督の仕事内容

現場監督という名称から一緒に建物づくりをするとイメージしがちですが、現場監督は実際の作業ではなくそれらがスムーズに進むよう管理することが仕事です。そして法律規定での現場監督とは、主任技術者と監理技術者のことを言います。

具体的な仕事内容は、施工計画書を制作し安全・品質・工程・原価の管理をすることです。まず施工計画書とは工程表と品質管理計画書、施工要領書などで、仕様書などに従い品質を保ちつつどうすれば期間内に工事できるかの計画を立てます。そしてアクシデントが起きないよう人的環境的要因を排除して安全管理を行い、工程単位で品質が保たれているかをチェック、それから計画通りに工程が進むよう調整しつつ無駄を省いてできるだけ自社の利益を上げられるよう原価管理まで行うのです。

現場監督を目指すメリット

・需要が増している業界

土木建築業は大小問わず建物を建てるため、人が暮らす限り仕事のなくなる心配はまずないでしょう。しかもオリンピックなどの大きなイベントを支える企業になるほど、仕事に困る可能性はとても低くなります。より需要の高まる可能性がある業界であり、給与アップや待遇アップの期待も持てそうです。

・3K脱却に力を入れている

土木建築業と言えばきつい・汚い・汚い危険とイメージを持たれがちでしたが、今ではれらのイメージを払拭し働きやすい環境を整えることに力を入れる企業が増えています。そのため、若い人でも現場監督を目指しやすくなってきているのです。

・女性の数も増えている

現場監督は男性の仕事と思われてきましたが、少しずつ女性が担当することも増えてきています。女性が現場監督をすることのメリットは、細やかな気配りでコミュニケーションを円滑にすることが期待されており、これは工期内に完成させることには重要なポイントです。そのため女性が働きやすいよう男女別のトイレをつくる、夜勤は男性より少なくするなどの工夫が取られています。

・資格取得で給与アップ

現場監督が担当する仕事に関する資格を取ると資格手当の支給が期待でき、その最も高いレベルが1級施工管理技士です。しかしこの資格は一度取得すれば更新はなく、一生資格保有者となれるメリットがあります。

現場監督に必要な資格

・特に資格は必要ない

現場監督と言う言葉は資格の名称ではないため、現場監督になるには資格が必要な仕事ではありません。そして会社によって現場監督が担当する仕事内容には違いがあり、工事現場での工程管理だけを指す場合や全体の施工管理まで行う場合とさまざまです。

・施工管理技士

現場監督の仕事に施工管理が含まれている場合は、施工管理技士の資格が必要で、2級または1級施工管理技士の資格を取得するには学歴による受験条件を満たしていなくてはなりません。年2回の試験で合格すると各営業所に必要とされている専任の技術者となることができます。

未経験でも現場監督になれる?

・やはり現場での経験は不可欠

現場監督の仕事をすぐに受け持ちたいと思っても、あらゆる仕事についての知識や経験がなければスムーズに仕事を回すことを難しいため、まず現場での経験を積むことは欠かせません。将来現場監督を目指すのであれば、入社してどのようなルートをたどるとなることができるかを把握した上で就職しましょう。

建築会社には請け負う仕事の規模の違いがあるため、将来大きな仕事がしたいと思っている時は大手企業を選ぶなど、就職先の比較検討が欠かせません。

・資格を取る

現場での経験を積みつつ施工管理技士の資格を取得していくと、現場監督への就任に近づけるでしょう。それに同じ経験のある人を比較した時資格を持っていれば有利になると期待できることからも、現場監督になりたい時は資格取得も計画的に行うことをおすすめします。

ちなみに施工管理技士の資格を取得するには実務経験も受験資格に含まれているため、やはり現場での継続した経験は欠かせないと言えます。

まとめ

建物などをつくる工事現場では計画とあらゆる管理を行う現場監督の存在が欠かせません。大変な仕事ではありますが需要が高く将来も仕事が安定してあると期待でき、働きやすさが改善されつつあることからも、長く働きやすいやりがいのある仕事と言えます。そして現場監督を目指すにはまず現場で経験を積むことが必要で、それと共に施工管理技士の資格取得を目指すと近道です。中には未経験で現場監督を目指したいと思う人もいるでしょう。しかし、資格を持っていることや現場での経験を条件とする会社も多いことから、それらを持っている方が現場監督になりやすいと言えます。