医療レーザー脱毛の内容と沖縄でおすすめのクリニック

近年、脱毛をする人が増えています。おしゃれなファッションをするためにも、肌が露出する部分はしっかりムダ毛ケアをしないといけません。しかし、自分でムダ毛ケアをするのは面倒くさい、肌を傷めてしまいそうと不安な人もいるでしょう。そんな人たちにおすすめしたいのは、美容クリニックで脱毛治療を受けることです。今回は医療レーザー脱毛の内容と沖縄でおすすめのクリニックについて見ていきましょう。

脱毛においてクリニックとエステの違い

脱毛をする場合、エステとクリニックのどちらに通うべきか悩む人もいるのではないでしょうか。こちらでは、エステとクリニックの違いについて見ていきましょう。

・脱毛完了までの期間

クリニックとエステで比較した場合、わかりやすいのが脱毛完了までの期間です。施術方法によって変動はありますが、医療脱毛の場合は半年~1年ほどであることに対して、エステの場合は約3年となるのです。自分がどの時点で満足するかによっても期間は変わってきます。完全脱毛を目指す場合は、それだけ期間がかかると考えましょう。

・効果と費用

エステとクリニックでは、効果や費用も大きく違ってきます。簡単に言えばクリニックの場合は効果が高いけれど費用も高い、エステは効果がクリニックより劣るけれど費用が安いと考えておけばいいでしょう。クリニックの場合は強力なレーザー治療が可能であるため、照射パワーが劣るエステよりも効果が高いのは当たり前です。効果が高いということは、それだけ機器も特別なので費用も大きくなるのでしょう。

・痛み

先述したように、エステとクリニックでは使用機器が異なります。クリニックの方が照射パワーも強いため、痛みは強くなるケースがほとんどです。しかし、痛みを軽減するための麻酔も使用可能なので痛みに弱い人も安心してください。

医療レーザー脱毛のメリット

医療レーザー脱毛のメリットはどのようなものでしょうか。こちらでは、医療レーザー脱毛ならではのメリットについて見ていきましょう。

・安心できる

医療レーザー脱毛はクリニックでしか行えません。つまり、医師免許を持った人が施術してくれるため患者としても安心感があります。何かあってはいけないのですが、もし肌にトラブルが出てしまった場合もすぐに対応してもらえるのは心強いと言えるでしょう。

・短期間でできる

医療レーザー脱毛はパワーが強いことから、目に見えた効果を感じるまでの期間が短いのも特徴のひとつです。エステの場合は、太くて濃いムダ毛は施術をしても残ってしまうこともありますが、医療レーザー脱毛の場合はそういったものにも効果が高いのです。

・国から認められている

エステでもフラッシュ脱毛がありますが、国から永久脱毛の効果が認められているのはクリニックで行う脱毛のみです。エステが良くないわけではありませんが、本来脱毛は医療行為に当たるため法律を守った安心と安全の永久脱毛を求めている人におすすめなのです。

沖縄で医療レーザー脱毛ができるクリニック

こちらでは、沖縄で医療レーザー脱毛の評判が良いクリニックについて見ていきましょう。同じ医療レーザー脱毛でもクリニックによって多少の違いがあるので、それらを比較して施術を受けるクリニックを決めるのもおすすめです。

・ジョウクリニック 那覇院

長年のキャリアを持つ専門医が揃っているという特徴を持っているのがジョウクリニック(那覇院)です。カウンセリングにも力を入れているため、丁寧に悩んでいることや希望していることを聞いてくれます。そのため、仕上がりに不満を持つ人が少ないのも特徴です。患者に合うオーダーメイドの提案をしてもらえるのが最大の強みでしょう。

・表参道スキンクリニック 沖縄院

美容関係なら表参道スキンクリニックと言っても過言ではないほど、知名度の高いクリニックです。沖縄院は落ち着いた空間になっていて、しっかり自分の悩みなどを言える環境が作られています。患者1人に対して1名の専属スタッフがついてくれるので、安心して通うことができます。

・当山美容形成外科

開院から60年を超える実績を持つクリニックであり、今までの経験、新しい技術などもしっかり学んでいるため患者が安心して通える特徴を持っています。専門ドクターによる丁寧なカウンセリングも行われるため、自分が悩んでいることをしっかり打ち明けた後で施術してもらえるのも特徴と言えるでしょう。

他にも詳細を知りたい場合は、こちらをクリックして調べてみましょう。

まとめ

脱毛クリニックは数多くあります。クリニックによっては、独自の施術方法を行っているところもあるので、しっかりと比較した上で決めましょう。1回の施術費用は高額になりがちですが、総合的な費用をエステと比較した場合、クリニックの方が安く済むケースも珍しくありません。1回の費用だけを見るのではなく、トータル費用で見るようにしましょう。