先生方、こんなことでお悩みではありませんか?

  • 園の子どもたちがケガが多い、運動に前向きでない、体育ぎらいの子がいる
  • 女性の先生が多く、どうやって運動を教えればいいか分からない。
  • 体操の専門外部講師がいるが、動きについていけず、なかなか成長しない。
  • 体育が得意な子と苦手な子の差が大きく、同じ内容を行おうとすると、どちらかの子たちがつまらなそうにしてしまう。
  • 女性の先生が多く、どうやって運動を教えればいいか分からない。

注意!

「いきなり」幼児さんたちに体操を教えていませんか?
当てはまった先生方は必ず続きを読んでください!

もしも一つでも当てはまれば、これはあなたのための案内です。
そしてこれらの問題はこのプログラムを受けることですべて解決することができます。
なぜか?それを今からお話します。

小学校入学前から体育が苦手な子と
入学後に苦手になった子の共通点は?

文部科学省「平成25年度全国体力・運動能力、運動習慣等調査結果・特徴」によると、「運動・スポーツが得意・苦手」という質問に対して、小学校入学前から「苦手」と答えた割合は男子23.3%、女子26.6%という結果になりました。
さらに、小学5年生になると、「苦手」と「得意だったことはあるが今は苦手」と答えた割合は男子18.2%、女子34.3%という結果になりました。

小学校入学前になぜこれだけの子どもたちが運動が苦手だと感じているのでしょうか?
また、小学5年生になってなぜこれだけの子どもたちが運動に苦手意識を持ってしまっているのでしょうか?

私が小学校教師だった頃の話です。

私が小学校に異動して目の当たりにしたのは、数十年前から何も変わらない技能中心の体育の授業でした。

跳び箱の授業を例にすると、
「手は跳び箱の奥について!」
「もっと勢いよく走って!」
しまいには
「跳ぶ気がないなら見学してなさい!」

という具合でした。

子どもたちの環境や体は昔と大きく違うにも関わらず、先生方は自身が小学生だった頃と変わらない指導法で指導していたのです。(多忙のあまり、体育の指導法の研究まで手が回らないのが現実です)

そして、そんな運動が苦手な子たちにはある共通点がありました。
□跳び箱はとべるが、他の運動は苦手などできる運動に偏りがある
□自信が持てず前向きになれない
□よく転ぶ、ケガが多い
□コミュニケーションが苦手で引っ込みがち
□姿勢が悪く集中力がない、学力が低い

そこで、そんな小学生たちに運動の「技能」ではなく運動の「動作」を、マットや跳び箱の技の「やり方(how to)」ではなくマットや跳び箱につながる「動き(what to)」を体育の授業で行いました。

例えば、アニマルウォークといって動物の動きを真似ながら歩く運動をすることで、腕支持の感覚や体幹のバランスを養うことにつながります。

このような運動あそびを毎回の体育の授業だけでなく、毎朝のすきま時間などに取り入れて行いました。

すると、子どもたちに驚きの変化が起きました。

その結果、マットや跳び箱の技がみるみる上達してくる子が出てきました。

また、運動が苦手だった子も体育の授業を楽しんで取り組めるようになったり、授業中も最後まで姿勢が崩れずに集中して受けられるようになったり、友達とも仲良くコミュニケーションが取れたりできるようになりました。

私自身、この結果にとても驚き、運動あそびの効果を実感することができました。

しかし、中には全く変わらない子、伸びない子もいました。

その一方で、中には全く変わらない子や伸びない子達もいたのは事実です。

その子達に、「小さい時にどんな遊びをしていたの?」と聞いたところ、意外な答えが返ってきました。

「幼稚園の時に体操教室に通っていた」と。

「え!それなのになんで?」

と正直、ビックリしました。
しかし、よくよく聞いてみたら納得しました。

「体操教室では跳び箱や鉄棒しかやらなかった」
「技しか教えてもらえなかった」
「待っている時間のほうが長かった」

と教えてくれました。

つまり、幼少期から技能習得を中心に行った結果、動作を習得していないので後から成長しない、伸びないことにつながってしまったのです。

幼少期の逆上がり、跳び箱は誰のため?

よく見かける幼稚園や保育園での逆上がり練習や跳び箱練習は誰のためでしょうか?

それは保護者のためになっていないでしょうか?

「うちの子もできた!」
「成長した!」

と感動したり、自慢したい気持ちになっりする気持ちは私自身も親なので分からなくもないです。

が、早期に逆上がりや跳び箱などの技能習得に時間をかけてしまうと、できない子は苦手意識を持ったまま小学校に入学することになり、入学後も技能が伸びないため苦手になりやすいという可能性が高まります。 

運動神経は6歳までに約90%決まる⁉

左の図をご覧ください。
これはスキャモンの発育発達曲線図といって成人(20歳)するまでの各器官の成長具合をグラフで表したものです。
(参照:笹川スポーツ財団)
このグラフを見ても分かるように、脳・神経系の発達は6歳までに約9割完成することが分かるかと思います。
運動は脳・神経系と密接に関連していて、動きを目で見て真似たり、自分の体の動かし方をイメージして体現したり、全ては脳で運動を司っているのです。

そして、その脳・神経系が最も発達する6歳までの時期にやらなければいけないことは、「技能」の習得よりも「動作」の習得なのです。

なぜなら、「技能」というのは様々な「動作」の積み重ねの上で身につくものであって、「動作」の習得が未熟なうちからいくら「技能」を習得させようと思っても、思うように体が動かなかったり、上達しないということが起こります。

なぜなら、現代の子どもたちは昔の子どもたちよりもはるかに運動量と運動経験が少ないからです。

その結果、上手にできない、上達しない→運動が苦手、きらいという子どもたちを少なからず生み出してしまっているのです。

そこで地域の子どもたちのために無料で巡回指導を行うことにしました

そんな運動あそびを子どもたちに広めようにも、現場の先生方は日頃の激務に加えてコロナ対策などでさらなる負担はかけられません。

しかし、子どもたちの体や心の成長は待ったなしです。しかもコロナの影響による運動不足や体力低下は相当深刻です。

そこで、自分で地域の保育園や幼稚園に出向き一人でも多くの子どもたちにこの運動あそびプログラムをつうじて、運動不足や体力の低下を解消してもらいたいと思い、幼稚園、保育園の巡回指導を始めることにしました。

これまでにもいくつかの園に伺ってきましたが、どこも子どもたちは楽しそうに運動あそびに取り組んでもらい、園の先生方からはとても好評を頂いております。

運動あそびプログラムとは?

①「技能」習得よりも「動作」習得を目指す

運動あそびプログラムでは、「技能」習得よりも「動作」習得を中心に行います。

幼児期に身につけておきたい動作は36こあると言われておいます。

日常生活の中ではなかなか経験しない動作を行うことで、偏りなくバランス良く運動能力の向上を図ることができます。

そうすることで、結果的に跳び箱や球技などの上達が早くなることが見込まれます。

②運動神経の土台「コーディネーション能力」を養う

「コーディネーション能力」とは運動神経の土台となる「核」の部分です。

コーディネーション能力は、「リズム能力」「識別能力」「バランス能力」「連結能力」「反応能力」「変換能力」「定位能力」の7つに分かれています。

この⑦つの能力が関連しあって運動が成り立っているのですが、マットや跳び箱の運動だけではこの7つの能力はバランスよく養われません。

その結果、跳び箱はとべるけどボール運動が苦手,,,サッカーは上手だけどリズム感がない,,,などのような運動能力にj偏りのある子どもに育ってしまいます。

運動あそびプログラムでは、7つあるコーディネーション能力を運動あそびを通じて、バランスよく刺激して養います。

例えば左の写真(子どもは年長〜小1)は風船バレーを行っていますが、このあそびで「識別能力」「連結能力」「反応能力」「変換能力」「定位能力」などをあそびながら養っています。

③子どもの発達段階に合わせて行うから運動が苦手な子でも楽しめる!

運動あそびプログラムでは、子どもの発達段階に合わせてメニューを行います。

そのため、無理に鉄棒の逆上がりを教えるなんてことはしません。

実は鉄棒の逆上がりは小学3,4年生で行うことと小学校の学習指導要領で決まっています。なので、それまでに無理に行う必要はないんです!(そのことを知らない小学校の先生型も多いのは事実です)

幼児さんの時期では月齢も関係してきて、発達の具合はバラバラのため、子どもに合わせてプログラムを工夫して行います。

運動あそびプログラムの流れ(例)

①体幹トレーニング、バランストレーニング
はじめに自分の体を上手に動かすために体幹トレーニングやバランストレーニングを行います。
毎日、毎回継続することで必ず成長します!
②コーディネーションあそびやサーキットあそび
動作習得を目指した「アニマルウォーク」やボールや新聞紙などの道具を使った道具あそびなどや跳び箱や鉄棒につながるような動きを取り入れたサーキットあそびなどを行います。
③みんなで運動あそび
最後はゲーム要素を取り入れて、楽しく運動あそびをします。

例えば、ぞうきんがけリレー対決や風船バレー対決などで盛り上がって楽しめます!
③みんなで運動あそび
最後はゲーム要素を取り入れて、楽しく運動あそびをします。

例えば、ぞうきんがけリレー対決や風船バレー対決などで盛り上がって楽しめます!

運動あそびプログラムの効果

運動能力の土台ができる!
運動あそびを通じて、動作習得やバランス良く運動能力を育てるので、健やかな成長の土台となる運動能力の土台を作ることができます。
また、とっさに手をついたり、よけたりすることもできる体になるのでケガを減らす効果も期待できます。
みんなで楽しめる!
発達段階に合わせた運動あそびを行うので、運動が得意な子でも苦手な子でも、好きな子でも嫌いな子でもみんなで楽しむことができ、友だちとの中も深まります!
自信が育つ!
遊びながら運動能力が高まるので、いつの間にか思うように体を動かせるようになったり、できなかった技や動きができるようになるので自信を持つことができ、自己肯定感が高まります!
自信が育つ!
遊びながら運動能力が高まるので、いつの間にか思うように体を動かせるようになったり、できなかった技や動きができるようになるので自信を持つことができ、自己肯定感が高まります!

無料キャラバンにお申し込みいただいた園限定で、「安全に上達する!たいそう安全マニュアル」をプレゼント!

「どうやって補助したらいいの?」というお悩みもこれで解決!
「マット」「跳び箱」「鉄棒」を始める前にできるようになっておきたい運動も収録!
これさえあれば、日々の体育や運動の指導に役立ちます!

※画像は鉄棒の補助の仕方の一例です

講師:あゆむ先生(元小学校教師)

幼少期より、木登りなど外遊びが大好きでサッカー、野球、バスケットボール、水泳、スキーなどの多くのスポーツを経験。
スポーツトレーナーを目指し、順天堂大学スポーツ健康科学部に入学。卒業後は体育教師として15年間指導する中で、子ども達の深刻な体力低下やコミュニケーション能力の低下に危機感を抱き、退職を決意。2019年12月にハピネス・スポーツクラブKOTAを創設。

「スポーツで人・まちを幸せに」の理念を掲げ、子ども達の可能性を広げる運動能力向上スクールを開講。幸田町の人づくり・まちづくりに貢献すべく挑戦中。


無料キャラバンお申し込み方法

Step.1
お電話またはEメールにてお申し込み!
3日以内にご連絡します。
Step.2
園と日程の調整
キャラバンの時間は1時間程度です。
Step.3
予定された日時に指導員が園へ訪問
担任の先生にお手伝いしていただきます。
Step.2
園と日程の調整
キャラバンの時間は1時間程度です。

よくある質問

Q
キャラバンはどこで行うか決まっていますか?
A
室内でも屋外でもどちらでも大丈夫です。
ご要望に対応させていただきます。
Q

学年を分けて行うことも可能ですか?

A
はい、可能です。
お時間、人数は相談して決めていきたいと思います。
Q
担任は何をすればいいですか?
A
子どもたちを並ばせたり、順番を待たせたりなど普段の保育と同じことをお願いいたします。
Q

学年を分けて行うことも可能ですか?

A
はい、可能です。
お時間、人数は相談して決めていきたいと思います。

無料キャラバンお申し込み

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信