Jena Cafe Rokko Grp.

イエナカフェ六甲グループ

発達障がい 不登校 在宅学習 子どもたちに学校以外の居場所を イエナプラン LGBTQ HSC OD 個性を大切にする 自己肯定感 地域のつながり 
そこにいていい
登校出来ない、しない、家から出られない、登校渋りがある、学校がしんどい…など様々な事情がある子どもたちと保護者の方々が寄り添える、第3の居場所作りをしています。


イエナカフェRokko


イエナはドイツ発祥の教育方針のイエナプランから名付けました。気軽にカフェに立ち寄る様に家とは別の"いてもいい場所"になる様に活動しています。


活動紹介

毎月2回の茶話会
(イエナホームRokko)

毎月第1土曜日の午前中と第3火曜日の午後に茶話会を開催しています。

情報交換、共有や、心配事困り事を話し合いながら、ティータイムを楽しみませんか。

第1土曜日は有限会社神輝興産の地域貢献活動の一環である"かがやキッチン"さんを、第3火曜日は地域の福祉活動に力を入れておられる"神戸聖約キリスト教会"さんを会場としてお借りしています。

保護者の方の交流の場と子どもさんの居場所作り
(イエナキッズRokko)

同じ悩み(不登校や、様々な課題)を抱える子どもたちとその親と会って話をする事…それがなかなか出来ない現実を知り、孤立し悩んでいる親子が少しでも安心出来る居場所作りをしよう!と この会が出来ました。

 茶話会では個々の現状や気持ちを語り合い、情報を共有したり気持ちを受けとめ合う中で"社会における生きづらさ"への考え方・理解を深め合います。"生きづらさについて悩み、考えている人々"という同じ立場の人たちの集まりだからこそできるのではないでしょうか。

オルタナティブ教育への支援

様々な悩みの中で、通学ではなく在宅(家にいること)を選んだ子どもたちやその保護者の方々に、学び方は多種多様にあり、自分たちで作れることや、受け止めてくれる人がいることを伝えたい! 

"既存の学校制度では対応しきれないから不登校にならざるを得ない…"

"海外の教育現場では子どもたちの個性を尊重し、教育改革を行った結果 不登校児の数が激減した…"

世界に目を向けてみると、様々な選択肢があり、
今の苦しみは、押し付けられた価値観や同調圧力によるものだということも伝えたい!

 '学校以外の場'で育った人たちの声を聞いたり、様々な情報交換をしながら、不登校の子どもたちが集える場所作りや子どもたちの心の痛みに寄り添うための社会的理解を深めていく方法を一緒に模索していきましょう。子どもたちの輝く未来のために
今、私たちに出来る事は何か…学んでいきたいと思っています。


スタッフの声

小、中、高校生の3姉弟ママです。
HSC気質の我が子達と共に、その特性や不登校・その周りの関係について理解を深めていきたいと思っています。

真ん中の長男は、自由登校のホームスクーラーです。明るい不登校、在宅学習を実践中(^-^)

現在、発達障害児の指導員として働いています!

悩みを抱えている皆さん、
イエナカフェRokkoで 一緒にお話ししませんか?
代表 上田
大学生〜小1の4人の一男三女を育てるママです。全員発達障がいかHSCの子どもたちです。

多数派が"普通"や"常識"とされる社会において生きづらさを抱えている少数派。多様性が叫ばれて久しい昨今、なかなか人々に浸透されないもどかしさを抱えていますが、そう遠くない未来に今苦しんでいる子どもたちも親も笑って過ごせる社会作りが出来るお手伝いをしたい。

その子その子が自分の強み、弱みを知り、生きてて良かった!と思える支援がしたいと思っています。

共同代表 松村
大学生〜小1の4人の一男三女を育てるママです。全員発達障がいかHSCの子どもたちです。

多数派が"普通"や"常識"とされる社会において生きづらさを抱えている少数派。多様性が叫ばれて久しい昨今、なかなか人々に浸透されないもどかしさを抱えていますが、そう遠くない未来に今苦しんでいる子どもたちも親も笑って過ごせる社会作りが出来るお手伝いをしたい。

その子その子が自分の強み、弱みを知り、生きてて良かった!と思える支援がしたいと思っています。

共同代表 松村
当会に関するお問い合わせはこちら

Jenacafe Rokko Grp.


設立年月 2019年8月

神戸市灘区内で活動しています

神戸市灘区内で活動しています