中小企業の皆様にオススメしたい
各種研修のご案内

ご予算に合わせて
カスタムが可能!

こんなお悩みありませんか?

  • 電話対応が苦手な若手が多い
  • Webでの集客がうまくいかない
  • ビジネス文章がうまく書けない
  • 広報用の写真が綺麗に取れない
  • オフィスでの服装の指導が難しい
  • コンテンツマーケティングって?
  • コンテンツマーケティングって?

そのお悩みを解決します!

時代が変わり、存在するのが当たり前だった電話やメールは、
もはや若年者にとって見慣れないものになりつつあります。

「電話が鳴ったらとって」「あのメール返しといて」
そのような曖昧な指示が新入社員に通じないのが現代なのです。

また、セクハラやパワハラに関する定義も厳しさを増し、
社内の中で服装について指導する事はやりにくくなったのではないでしょうか?


集客についてもここ数年で大きく変化し、飛込み営業などは
非難の対象になることすら出てきました。

お客様自身が自分で動いて、SNSやWebサイトから情報を集め、
比較検討したうえで商品やサービスを買う、というのが主流です。


時代は常に変わります。
経営環境も変化しています。
変化に対応できる人材の育成、そのために必要な社員研修は必須です。

こんな方が対象です

  • これから勉強しようとしている方
  • 相談したい方
  • うまくいかなくて困っている方
  • 最新の知識を勉強したい方
  • 最新の知識を勉強したい方

お客様のハートをつかむ 電話応対研修
電話は今でも大事なビジネスツールです。

                ホームページから顧客を誘導するのが
                当たり前になっている世の中ですが、
                そんな中にあって
注目すべきが電話応対です。

                未だに「最後は電話で決める」
                「とりあえず電話してみよう」という方は

                まだまだ大勢おり、そのような方にとって
                電話は、顧客との良好なコミュニケーションの
                入り口として機能しています。


                                               さらに電話は成約率、即効性において圧倒的で
                                               あり、この入口が機能しなければ

                                               ビジネスのサイクルは回らない、と言っても
                                               過言ではありません。


                                               逆の見方をすれば、ここを機能させるだけで、
                                               実績は面白いほど上がってきます。

電話対応研修 カリキュラム例①

第1講 電話応対の基本心得
電話はビジネスにおける重要ツールであることを認識し、常に準備をしておきましょう。
準備不足は緊張を引き起こす原因となります。
見えていないからこそ、姿勢を正すことの必要性について学びます。

第2講 第一印象が相手の感情の行方を決める
第一印象が相手のその後の対応や感情の動きの鍵を握ります。好感の持てる声のトーンや誠実さが伝わる
挨拶の仕方、心を込めた挨拶の伝え方を学習することで第一印象の改善方法を身につけていきましょう。

第3講 言葉使いとスピード
「聞き取りやすい話し方」をするために重要な、話すスピード、正しい敬語の使い方、おかしな日本語を
使わないための話法について学びます。

第4講 配慮を感じる話し方を身に付ける
配慮を感じる話し方を習得するために必要な、クッション言葉の活用法とボキャブラリーについての知識を
習得します。

第5講 聴き方のスキルをupする
相槌のタイミングとバリエーション、ヒューマンエラーをなくすための3つの確認方法やメモの取り方などに
ついて学びます。

電話対応研修 カリキュラム例②

第1講 相手に配慮したかけ方マナー
架電をする相手のためを考えた下準備の方法について学習します。

第2講 それぞれに合わせた言い回しの定型文
状況に応じた言い回しの定型文を作成することによって、電話対応をスムーズにする方法について学び、
話法の習得を行います。

第3講 臨機応変に会話ができる対応力を身に付ける
臨機応変に円滑な会話を続けるための質問話法や適応力の強化を行います。

第4講 言葉だけで伝える伝え方のコツ
顔が見えない相手に対し、言葉だけで用件を伝える際の注意点、ポイントなどについて学びます。

第5講 クレーム電話応対の基本
クレームを深刻化させないための第一対応や謝罪するにあたり、適切な言葉の選び方などについて学びます。

オフィスファッション研修 ※女性限定

オフィス内でのコーディネート、ヘアスタイル、メイクアップなどの指導は
大変難しいものです。

解釈の仕方が多岐にわたるうえ、外見に関するアドバイスやコメントは
とてもデリケートなもの。

言い方や、やり方によっては社員に不快感を与えたり、深く傷つけてしまうことも
あります。


こちらの研修では、オフィスにふさわしいファッションに関する基本的知識や、オフィスカジュアルコーディネートをする際のアイテムの選び方、清潔感のあるヘアメイクの仕方などについて、女性の
講師が丁寧にレクチャー。
全員で話し合い、時には受講生同士で実際に手を動かしながら、楽しく
学習していきます。

女性限定の研修なので、職場ではちょっと訊きにくいようなことが思い切って質問できるのもポイントです。

オフィスファッション研修 カリキュラム例

第1講 第一印象が与える効果について
第一印象が決まるまでは最初の「6秒間」が勝負であると言われています。
第一印象の重要性や、第一印象が与える効果について理解を深め、学習していきます。

第2講 身だしなみの基準作り
身だしなみにおける基準は自身ではなく、お客様である事を認識したうえでの
基準設定方法について学習します。

第3講 「身だしなみ」を考えるためのキーワードについて
ビジネスの場にふさわしい身だしなみを考えるためのキーワードについて学び、
自分自身に関して振り返りを行います。

第4講 オフィスファッションにふさわしいヘアメイクとは
オフィスファッションにおいて適切なヘアのセット方法やメイクのカラーチョイスについて
実際に手を動かしながら学習していきます。

第5講 オフィスファッションにふさわしいアイテムとは
オフィスファッションにおいて適切なコーディネートやアイテムの選び方について、
自身のコーディネートに手を加えていきながら、楽しく学習していきます。

ライティング研修
「伝わる文章」の書き方教えます!

ビジネスメールへの返信、プレゼン用資料の作成、ブログを書く時など、
社会に出ると
文章を書く機会が実に多くあります。

しかし、多くの人は「正しい文章の書き方」を教えてもらっていないのです。

考えてみてください、小学校の読書感想文、入試の論述試験、卒業論文、
文章の書き方について、
誰かに書き方を教えてもらいながら書きましたか?

多くの人の答えは「NO」だと思います。
そのため、ほとんどの人が文章に苦手意識を持っているのです。

今回ご紹介するライティング研修はどれも、その苦手の原因を解明し、
全員で共有しながら進めていきます。

研修が終わる頃にはきっと文章と仲良くなれる事でしょう。

  1. Webライティング+SEO研修 カリキュラム例

コンテンツマーケティングにおける代表的な手法として、ストック型メディアであるブログの活用があります。
そこで重要なのが「継続して書けるようになる」「SEOを意識してキーワードを選んでいく」ことです。

本研修ではそのために必要な「書くためのマインド」や「検索エンジンの特性理解」などに関する知識をしっかりとお伝えいたします。

モットーは「技術は学べば身につくが、書くためのマインドを変えなくては書き出せないし、書き続けられない」。

特に文章に苦手意識のある方、まずはここから始めてみましょう。


第1講 インターネットと検索

インターネットと検索についての認識を改めて捉え直し、販売促進のために必要な
「発信する」「検索される」行為について考えを深めていきます。

第2講 SEOの目的と重要性
サーチエンジンの歴史を学習し、SEO解析を行う上で押さえておきたい5つのポイントについて
理解していきます。

第3講 情報発信にかかせないキーワードの掘り出し
ブログで価値ある情報を発信するために重要である自社の分析手法とキーワードについて学びます。

第4講 Googleアナリティクス概論
Googleアナリティクスの活用方法とサイトの状況を認識するツールの使用法について学びます。

第5講 検索されるブログタイトルとは
AIDMAをはじめとした広告宣伝に対する消費者の心理的なプロセスを理解し、検索されるブログタイトルについて考えていきます。

第6講 想定したキーワードを組み込んだ文章作成
自社が検索されている、されていそうなキーワードを洗い出し、実際に文章を作成する実践を行います。

社会人のための文章作成研修 カリキュラム例

社会に出て、初めてお客様や上司にメールや手紙、報告書等を書く時、
何をどう書くか、困った経験は
ないでしょうか。
初歩的過ぎて誰にも聞けないし、誰も教えてくれない…。

また、これで問題がないか、きちんと伝わる文章なのか、自分でも判断が
出来ないことは多々あることです。


「文章力」はビジネスシーンにおける基盤であり、なくてはならないものですが、
実はほとんどの人が、
作文を小学校で書かされた程度しか、文章を書くことに
関する勉強が出来ていないのです。

これでは社会生活用の文章が書けないのも当然と言えます。

こちらの研修では、取引先やお客様に与える印象を劇的に変える、「思考整理の手法」「わかりやすい文章を書くコツ」「技巧」などについてわかりやすく解説。
しっかりした文章スキルが身につく正統派ライティング研修です。

第1講 文章を書くための事前準備

文章の必要性や効果的な文章作成を行うことが出来ない原因について分析し、その対処法を学ぶことで、文章作成における事前準備を整える。

第2講 文章作成のための思考整理法
頭の中にあるイメージを正確に文章化するために、思考整理の手法について学びます。

第3講 文章構造理解の重要性
文章作成における本来の目的をしっかり把握し、文章を構造化する重要性を理解していきます。

第4講 文章構造化の実践
オリジナルのフォーマットを使用し、前項で学んだ文章構造化をグループワークで実践していきます。

第5講 訴求力、臨場感のある文章作成のためのテクニック
訴求力や臨場感あふれる文章を作成するために必要であり、即実践可能なテクニックを習得します。

第6講 フォーマットを元にした文章作成手法
前項で作成したフォーマットなども活用しながら文章作成を実践し、それを通して企業ブログの活用方法、記事作成手法などについて学びます。

コンテンツ企画基礎研修 カリキュラム例

「コンテンツ」とは「内容物」を意味し、Webサイトやパンフレットなどで発信する情報を「どのように見せるか」を考え、企画したモノ(=中身)を指します。
商品やサービスを販売し、収益を上げるための販売促進活動である広告は、企業に
とって必要不可欠です。


そのためには、市場の中で自分たちのポジションはどこなのか、ターゲット層はどこなのか、広告の目的と
課題は何なのかを捉え、把握し、その上で「どのように見せるのか」を企画する一連の流れが必要です。

この研修ではWebサイト、ブログ、メールマガジン、パンフレット、チラシ、リーフレット、社内報など、
発信する内容を企画し、課題を解決するための「打ち手」を考え、マーケティングとは何か、その中に含まれる広告とは何かを学び、アイデアの出し方を習得します。

考案した商品やサービスをどうユーザーに伝えていいか悩んでいる企業様に
ぴったりの研修です。



第1講 コンテンツの重要性
商品やサービスを訴求するための販売促進活動において、様々なメディアで多くのコンテンツが
作られていることと、その重要性に関する理解を深めます。

第2講 問題・課題の把握と整理
効果的なコンテンツを製作するために必要な、自社・商品・サービス・販路としての市場を把握し、
問題や課題を知るための分析手法を学びます。

第3講 アイデア出しの手法
企画を行う上で必要になるアイデアを出すための手法を習得します。

第4講 物事の切り口を考える
ひとつの物事を多面的に捉えて、様々な角度から考える重要性を理解することで、より効果的で
印象的な企画にする視点を身につけます。

第5講 取材(ヒアリング)の実践
顧客ニーズを的確に知る上で「生の声」が必要である場合に、お客様や関係者に直接会って
情報を収集する取材(ヒアリング)のテクニックを習得します。

第6講 コンテンツ企画の実践
自社の商品やサービスをピックアップし、どのような企画が打てるかをグループワークで考える実践です。

商品、人物、建物などが綺麗に撮れる!
プロカメラマンが教える写真撮影研修



             人は、五感から得られる情報のうち、83%の情報は
             視覚情報から得ていると言われています。
             特にWebサイトでは長い文章は
             嫌われる傾向にあるため、
             一瞬で目について、お客様の興味を引きつける
             写真の存在は大変重要です。
             写真が変われば、全体の印象もお客様の反応も
             劇的に変化します。 
       
             経験がなくても大丈夫。
             実際に撮影を行いながら、
             実践で楽しく学んでいきましょう。
             現役プロカメラマンが
            「伝わる写真の撮り方」、教えます。




写真撮影研修 カリキュラム例

第1講 写真撮影の目標設定について
写真をどのように活用したいかを具体化し、写真撮影において、目指す写真の種類、イメージなどを
目標を固定する方法について学習します。

第2講 人間の目とカメラの違い-カメラとレンズの種類
人間の目とカメラの違いについて学習し、それに付随する写真に関する注意点、レンズの種類が
写真撮影において及ぼす効果についての理解を深めます。

第3講 露出・シャッタースピード・焦点距離・ホワイトバランス・ISO感度について
写真撮影の際の基礎知識(用語、カメラの仕組み、写真撮影の原理など)について理解を深めます。

第4講 構図の種類(二分割構図と三分割構図)について
写真撮影における構図の種類について学び、それぞれの特徴から、目的に応じた構図を選定することが
出来るだけの知識の習得を目指します。

第5講 世界の写真の作品分析・検証
他の写真について分析、検証を行い、実際に撮影する際のポイント、効果的な撮影手法、
写真の活用手法について理解を深めます。

第6講 商品撮影・人物撮影のポイントについて・カメラアプリの応用手法
商品撮影、人物撮影におけるそれぞれの相違点、それを踏まえた留意点について学びます。
また、カメラアプリを活用した写真撮影における応用技術を習得します。

第7講 撮影実習、講評
本日の学習内容を踏まえて、実際に写真撮影を行い、講評をしながら、その活用方法について議論を行います。

金額・お時間・内容について


        研修に興味はあるけれど、時間がない、金額的に折り合わない、など

        ございましたら、遠慮なくご相談ください。

       ・当社団の研修は基本的に訪問型です。
       そのため、会場まで行く必要がなく、緊急時には業務対応も可能です。

       ・複数社でのご参加も大歓迎です。コスト的に大幅な削減が可能になるだけで
       なく、他社との
情報交換の中で新たな発見が生まれることも多く、
             研修効果も高まります。


       ・お時間、金額、内容につきましてはカスタマイズも可能です。
        長時間とってしっかりと、短時間を何回か積み重ねて、ご希望に合わせた
        スタイルで最大の効果を
発揮できるプランをご提案させていただきます。

こんなご希望も是非どうぞ!

・日常のビジネスメールや電話対応についてチェックしてほしい!
覆面調査やメールのログ、電話の録音をチェックして、改善点の指導などをおこなう
プランもございます。

・まずはちょっと体験してみたい!
往復交通費のみで、1時間程度のプレ研修を行うことが可能です。
※実施可能な日程がかなり限定されます。ご了承ください。
※カスタマイズや個別相談を行うことはできません。

・定期的に見てもらって改善をしていきたいです。
定期的に訪問研修を行い、貴社のライティング力を強化していく、長期コンサルティングプランもございます。

主催・監修:一般社団法人 日本社員教育高度化機構

当法人は企業人材の職務遂行能力、人格形成、職場適応能力などを養成し、
それによって、効率的かつ、
適切な労働力の確保と 高度人材の育成を
支援している団体です。 

それによって、中小企業における雇用創出と 企業人材の職場定着を促進させることを
使命とし、活動を行って
おります。

一般社団法人 日本社員教育高度化機構
〒141-0032
東京都品川区大崎3-5-2 エステージ大崎ビル6F 
TEL:070-1538-0845
Mail:info@jee-a.or.jp
URL:http://jee-a.or.jp/