圧迫骨折の特徴とは?
どんな病院で治療するべき?

圧迫骨折と言っても、いくつかの種類に分けられます。そのためすべての圧迫骨折が同じ原因や症状が出るわけではありません。今回は、圧迫骨折の種類や治療病院についてのポイントなどを紹介していきましょう。

圧迫骨折の種類について

基本的に圧迫骨折は3種類です。それぞれの種類によって特徴などが変わってきます。こちらでは、どのような種類の圧迫骨折があるのかを見ていきましょう。

・腰椎圧迫骨折
高齢者や女性に多いと言われるものが「腰椎圧迫骨折」です。骨の強度が低下している人に多く、外部から加えられた圧迫する力で脊椎の椎体部分がつぶれてしまうことで起こります。激しい腰の痛みが症状として起こり、歩行だけではなく寝返りなども困難となります。

・胸椎圧迫骨折
外部からの衝撃によって起こりやすい圧迫骨折ですが、その種類はさまざまです。交通事故や転落事故が原因になることもあれば、くしゃみや転倒、咳などが原因になることもあります。日常的なことが原因となる理由としては、骨粗しょう症を患っている人に限るようです。痛みの症状だけではなく、しびれや麻痺などを引き起こすケースもあります。

・頚椎圧迫骨折
首や頭を強く打つことで起こるものが「頚椎圧迫骨折」です。むち打ち程度で済む場合もあれば、それ以上の症状が出てしまう重度となることもあるようです。主な症状としては手足のしびれ、首の痛み、肩こり、麻痺など人によって異なります。

圧迫骨折の怖い部分とは?

圧迫骨折は軽視する人もいますが、意外と怖い部分も併せ持っているのです。こちらでは、どんな部分が圧迫骨折の怖いところとして知られているのかを見ていきましょう。

・神経麻痺
圧迫骨折を放置することで、神経麻痺を引き起こす場合があります。折れた骨が一向にくっつかない状態が続くと、不安定な移動を繰り返す骨神経を圧迫します。その結果、麻痺症状などの発症に繋がるのです。

・歩行障害
高齢者に多いと言われるものが歩行障害です。折れた骨がなかなかくっつかず、動いた骨の一部が神経を圧迫して、下肢にしびれや麻痺を引き起こすことになります。しびれや麻痺が酷くなることで歩行障害に繋がることがあるのです。

・逆流性食道炎
圧迫骨折によって背骨の歪みや曲がりを引き起こす人も少なくありません。曲がりや歪みが出てしまった人の中には、逆流性食道炎を患う人も多いようです。背骨の歪みや曲がりは、簡単に言えば「猫背」の状態となります。常に前方部分に重心がかかることで、腹部の圧迫に繋がり、胃液が胃から食道に逆流してしまうのです。その結果、炎症を引き起こします。

骨粗しょう症を防ぐためには?

圧迫骨折の原因となりがちなもの、それが骨粗しょう症です。こちらでは、どうやって骨粗しょう症を防げばいいのかを見ていきましょう。

・食生活の見直し
骨を作る源は毎日の食事です。カルシウムが含まれているものを積極的に摂取、骨を丈夫にしてくれる食材を摂取など「骨を強くする」というポイントで食材などを選んでみましょう。外食などが多い人の場合、今すぐではなくても骨粗しょう症を患う可能性が高くなります。

・運動をする
適度な運動を行うことで、ホルモン分泌が促進されるので骨に良い影響を与えてくれます。ただ、過剰に運動をすればいいのではなく適度な運動を心掛けましょう。過剰な運動は骨や身体に負担をかけるだけで効果がない場合もあるのです。

・定期検診
いくら日常生活に気をつけていても、骨密度は自分で測ることができません。そのため、自分の予防策が効果あるのかなどを見極めるためにも定期検診を受けておきましょう。自分の骨の状態を知ることで、どのような予防策をすればいいのか見えてくる場合もあります。

圧迫骨折の治療におすすめの病院とは?

圧迫骨折の治療を得意とする病院は多くあります。こちらでは、どのような病院がおすすめされているのかを見ていきましょう。

・浜松医科大学
最先端の医療研究と診察を行っている病院として知られています。治療区分としては整形外科ですが、診療科の中でも治療内容によって細分化されているので患者の状態などに合わせた治療が可能となっています。

・練馬総合病院
脊椎脊髄外科の専門医が在籍している病院です。整形外科の常勤医だけではなく、他にもさまざまな専門医が非常勤医として在籍しています。

・三楽病院
さまざまな治療方法が可能な病院であり、手術でも多くの実績を持っている医師が在籍しています。設備なども整っているので、どのような治療方法でもすぐに対応可能です。
圧迫骨折に対応している他の病院について知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

圧迫骨折は放置するとさまざまな悪影響が出てしまいます。
少しでも身体に異変を感じたら医療機関で診てもらうようにしましょう。
早期治療をすることで、身体に負担の少ない治療も可能となるのです。