Hour of Code JAPAN 2017


会場提供 お申込ページ

Hour of Code JAPAN 2017 会場提供にご興味をお持ちいただきありがとうございます。
注意事項をよくお読みいただき、お申込ください。

Hour of Code JAPAN 2017
会場提供にあたって

Hour of Code JAPAN 2017 の会場として参加されたい方は、以下の開催条件・注意事項をお守りいただいた上で、お申込フォームより必要事項を記入してお申込ください。会場承認後、開催に役立つHour of Code開催お役立ちキットを送付させていただきます。

開催条件

  • 子どもたちの前に立って、イベントをファシリテートできる講師役の人がいること
  • 子ども5〜6名につき最低1名のチューターをつけられること
  • 参加者全員がインターネットにアクセスできる環境(Wifi・有線LAN)があること
  • 子ども1人につき1台のPC、もしくはタブレットを用意できること
  • 参加人数に対応できる電源が用意されていること
  • 子どもたちの前に立って、イベントをファシリテートできる講師役の人がいること

開催にあたってのお願い・注意事項

  • 営利目的での開催はご遠慮ください
  • 開催終了後は当日の様子をぜひみんなのコードまでご報告ください
  • 当日スタッフの皆様は、Hour of Codeの各コースを事前にご体験ください
  • 子どもたちと一緒にプログラミングを楽しみましょう!
  • 営利目的での開催はご遠慮ください

申込から当日までの流れ

STEP

1

フォームから開催の申し込み

提供にあたっての注意事項をお読みいただき、問題がなければ必要事項をご記入の上、お申込ください。

STEP

2

集客を始める

会場として承認されたらWebやチラシを使って集客をはじめましょう!

STEP

3

チューター・講師・会場を準備する

開催するためには講師・チューター・PCなどの機材が必要です。

STEP

4

開催お役立ちキットを受け取る

会場として承認された後、開催日までに運営マニュアルやHour of Codeの修了証など、開催するにあたって役立つキットをお送りいたします。

STEP

5

子どもたちと一緒にプログラミング!

開催当日は子ども・大人関係なく、参加者みなさんでプログラミングを楽しみましょう!

STEP

1

フォームから開催の申し込み

提供にあたっての注意事項をお読みいただき、問題がなければ必要事項をご記入の上、お申込ください。

よくある質問

Q
会場は準備できるのですが、チューター・講師を派遣していただけませんか?
A
大変申し訳ございませんが、みんなのコードよりチューター・講師を会場に派遣することはできません。
Q
PC・タブレット・Wifiなどの機材を貸していただけませんか?
A
大変申し訳ございませんが、みんなのコードより機材を貸し出しすることはできません。イベント告知の際に、参加者に機材を持ち込んでいただくよう案内することもできます。ご検討ください。
Q
会場は準備できるのですが、チューター・講師を派遣していただけませんか?
A
大変申し訳ございませんが、みんなのコードよりチューター・講師を会場に派遣することはできません。