給食会社の選び方と
おすすめ会社について

給食会社はさまざまな場所で活躍します。給食と聞くと学校のイメージが強いですが、高齢者施設や病院などでも必要とされています。今回はおすすめの給食会社や選び方などについて紹介していきましょう。

給食会社導入でどんなメリットがあるのか?

こちらでは、給食会社を導入することでどんなメリットがあるのかを見ていきましょう。コストがかかると思われがちですが、コスト以上のメリットを与えてくれるのが給食会社です。

 ・衛生管理の向上

給食会社にとって衛生管理は絶対に手を抜けないものです。衛生管理の手を抜けば食中毒などの大きな事態に発展することもあるからです。むしろ、給食会社を導入したことで以前以上に衛生管理が徹底されるようになったという意見もあります。

 ・労力の軽減

給食提供業務や人事管理などは予想以上に大きな労力を必要とします。しかし、給食会社を導入することによってそういった労力の軽減に繋がるのです。

 ・リスクの分散

給食会社を導入することでさまざまな災害対策を用意してもらうことができます。緊急時の対応だけではなく、リスクを分散させることもできるのです。万が一の際の心強いサポートを期待することができます。

給食会社の選び方

給食会社と言っても数多くあるので、その中からひとつを選ぶのは大変です。こちらでは、どんなポイントに注目して選ぶべきかについて見ていきましょう。

 ・食事内容

美味しさだけではなく見た目も重視した給食を提供してくれるかにも注目してください。いくら栄養バランスが考えられていても、見た目が美味しくなさそうだと食欲が失せてしまいます。美味しさは絶対条件であり、見た目にも配慮してくれる会社を選んでください。

 ・導入費用

給食会社を導入することで費用がかかります。費用がかかるのは当然ですがコストパフォーマンスが良いかどうか、費用が高すぎて経営に影響を与えないかなどにも注目してください。

 ・食べる人のことを考えてくれる

人間にとって食べる楽しみは生きる糧と言っても過言ではありません。そのため、栄養バランスだけを重視するのではなく食べる人が喜んでくれるかどうかも考えてくれる会社選びを心掛けましょう。

コストだけを重視すると失敗する?

契約する側としてはやはりコストを重視したい気持ちは分かります。しかしコストだけを重視すると失敗する可能性もあるのです。こちらでは、コストだけを重視した結果失敗した例について見ていきましょう。

 ・料理がおいしくない

低コストで契約すると料理の味は二の次になってしまう会社があります。そうなると給食会社と契約をする意味もなくなってしまうのです。食べる人の満足度も低くなり、結果として低いコストだとしても「無駄なお金」になりかねません。

 ・結果としてコストが多くなる

低コストで契約すると満足に人材を確保していない場合があります。人材不足で現場が回らず、結果として余計に人件費を使ってしまうことになる場合もあります。契約金額を抑えることができても、余計な人件費を使うことで総合的に割高になってしまいます。

 ・クレームが増える

料理が美味しくない、スタッフの愛想の悪さなどでクレームが増える傾向があります。クレーム処理に追われて、本来の業務にも悪影響が出る可能性があるのです。コストだけで選ぶと料理のおいしくないだけではなく、さまざまな方面に影響が出ます。

おすすめの給食会社とは?

こちらでは、評判が良い給食会社について見ていきましょう。給食会社選びで悩んでいる人はぜひ参考にしてみてください。各社で特徴などが異なるので注意しましょう。

 ・LEOC

美味しさなどにこだわり、利用者ファーストを掲げる会社です。提案力の高さ、オーダーメイドのサービスなどに定評があります。スタッフのスキルなどにもムラがないので人材育成にも高い評価を集めている会社です。

 ・メフォス

50年以上の歴史を持つ給食会社であり、保育園や学校、病院、福祉施設など多彩な場所で活躍をしています。利用者からの満足度が高く、実績豊富な会社を求めている人におすすめです。実績が豊富だからこそさまざまな施設に臨機応変に対応することができます。

 ・日本ゼネラルフード

給食サービス以外にもカフェやコンビニの運営などさまざまなニーズにこたえたサービスを提供してくれる会社です。医療食専門のセントラルキッチンも導入しているので福祉施設や病院からの評判が高い傾向にあります。

他の給食会社の特徴などを知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

給食会社と言っても各会社で特徴や強みが異なります。
まずは、どんな目的で給食会社と契約をしたいのかを考えましょう。
その理由によって合う会社と合わない会社があるからです。
会社によって得意施設なども異なるので、そういった面も考えながら選ぶといいかもしれませんね。