カートを見る
一般社団法人 日本高齢者・障害者虐待防止協会

いつまでも生きがいを実感できる社会を実現するために虐待をゼロへ!


あらゆる人がどんな障害を持とうとも
いつまでも生きがいを感じることができる社会をつくる
年齢を重ねられ病気になったり、認知症になったりして生活が難しくなった人が虐待という更なる困難を受ける。 この抵抗することのできない「虐待される」という問題

高齢者に関わる仕事にやりがいを感じていた人、献身的に大切な家族の介護をしていた人が虐待をする人になってしまう。 思いもよらず「虐待する」側になっているという問題

虐待される側、虐待する側どちらも救いたい!

虐待ゼロを達成しあらゆる人がいつまでも「したい!」と感じられて、「できる!」と信じられる社会つまり、「いつまでも生きがいを感じられる社会」を実現します。

増加し続ける高齢者虐待の件数

要介護施設従事者による高齢者虐待の件数は右肩上がりです。

養護者による高齢者虐待の件数は一時横ばいとなっていましたが、ここ数年で増加傾向にあります。

報告されていない隠れた虐待があると言う調査研究がいくつかあり、実態はさらに多いと予想されます。

高齢者の人口が多くなる中、虐待を防止するための活動がさらに必要であると言えます。

主要な高齢者虐待の発生要因

  • 虐待防止・権利擁護・身体拘束に関する知識・意識の不足
  • 職員のストレス感情コントロールの問題
  • 高齢者介護に関する知識・技術の不足
  • 組織の教育体制・職員教育の不備・不足
  • 組織の管理者の知識・認識・体制不足
  • 職員のストレス感情コントロールの問題

私たちの活動方針

医療や介護に関わる人たちの働きやすい環境づくりをお手伝いします!
「生きがいを実感できる社会」を実現するために一緒に活動をする仲間を増やします!
虐待をゼロにするために必要な知識を伝えます!
虐待をゼロにするために必要な知識を伝えます!

いつまでも生きがいを実感できる社会を実現するために

理事長  江口和夫

障害者・高齢者に対する虐待を防止し、ゼロにする。
これは私たちが必ず達成しなければならない目標です。

誰しもがこの目標に賛同してもらえるはずです。
なぜなら、これはあなたとあなたの家族の問題であり、あなたと子供の未来の問題であることが間違いないからです。

ここ数年、虐待にも様々ありますが、虐待に関わるニュースを頻繁に耳にします。死亡に至る悲しいケースも少なくありません。なぜこのようなことが起こるのでしょうか。

私は、医療や介護に従事している人が、高齢者・障害者と関わる上で必要な知識を十分に持っていないことが大きな原因であると考えています。加齢・障害とはどういうものなのか、その人たちと関わっている自分はどういう心の状態なのか、仕事をしている人にとって過剰なストレスのない職場とはどのような職場なのか、どうすればストレスのない働きやすい職場をつくれるのか。

少しのことを知っていれば目の前にいる大切な人を理解し、思いやる気持ちになれるのではないでしょうか。そういったことが虐待を防止することに繋がっていきます。

日本は超高齢社会になり、様々な医療、介護施設あるいは家庭、地域において介護する、されるということが今までよりも当たり前になってきています。

今、この虐待問題を解決しなければ虐待する、されるということが国⺠一人一人にとって避けては通れない問題となってしまいます。
私たちと一緒に虐待ゼロを達成し、「いつまでも生きがいを実感できる社会」を作っていきましょう。

2020年3月23日

私たちの活動

講演・ワークショップ

医療や介護に関わる人たちの働きやすい環境づくりをお手伝いします!
現在の医療や介護の環境を踏まえて、どのような組織づくり人材づくりをして行けば良いか。
患者さん・利用者さん、会社・チーム、一緒に働くなかま、これら全てが幸せでいられる考え方、方法をお伝えします。

研修・講義

虐待に関わる必要な知識をお伝えします!
高齢者への虐待を防止するために必要な知識・技術がいくつかあります。医療や介護に関わる人としての人間性も必要ですが、同時に知識・技術も必要となります。
虐待とは何なのか、虐待の範囲は、対応はどうすべきか、高齢者に関わる上で必要な疾患の知識とは、介護に必要な技術とそれを裏付ける知識は。様々な重要なことをご要望に応じてお伝えいたします。

会員活動

研修、講演のお手伝いをします。
勉強会や講演会などを開催される方に対して、
「身体拘束適正化」についての講演資料をお渡しします。

また「自分Vision Update!」については研修参加されファシリテーターとして認定された方に認定証と研修資料をお渡しいたします。

会員 申し込み

会員申し込みされた方へは
身体拘束適正化 研修資料
当会主催の講演会の会員割引
会員期間はお申込み日~翌年3月31日までです。
例)2020年10月1日に申し込まれた場合、2021年3月31日まで
  2021年1月1日に申し込まれた場合、2022年3月31日まで

会費 5,000円

会員規約 / プライバシーポリシーに同意したうえでお申込み下さい。

会員申し込み 銀行振り込み

info@gyakutai-zero.com
クレジットカード、コンビニ支払いではなく銀行振り込みをご希望の方は
会員利用規約/プライバシーポリシーに同意されたうえ
以下の口座に会費5,000円をお振込みください。
(振込手数料はご負担ください。)

振込み後メールにて
①お名前(ふりがな)②住所③電話番号④メールアドレス⑤振込日を入力し送信ください。
※会員となるかたとお振込みのお名前が異なる場合はその旨もご記入ください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
りそな銀行 普通預金 八尾支店209 口座番号0373164
一般社団法人日本高齢者・障害者虐待防止協会
シヤ)ニホンコウレイシャショウガイシャギャクタイボウシキョウカイ

講演 研修

身体拘束 適正化研修

研修 担当者さんの ” お悩み ”

いつも研修の内容が一緒
受講生の反応がいまいち
効果を実感できない
内容を覚えてないのでは?!
準備の時間がない
内容を覚えてないのでは?!

身体拘束適正化のための研修

せっかく時間を作って研修をするなら
有意義な研修をしたい!!
研修資料の特徴

・受講生の意識を変える
・明日からの行動を変える
知識だけでない。
・多角的で能動的な研修

身体拘束適正化研修 このようなことを学びます。

ひだりの図は高齢者虐待の概念図です。
高齢者虐待について勉強したことのあるひとは見たことがあると思います。

あきらかになった虐待の裏には小さな虐待がいくつもあり、その裏には無意識に行ってしまっている虐待がもっとあり、さらに患者さんや利用者さんを十分に思いやれていないケアがもっとたくさん潜んでいる。
ということを表した図です。
みなさんの行っている身体拘束がこのピラミッドのどこに位置するかを考えてみましょう。
身体拘束の「緊急やむを得ない場合の3要件」を完全に満たしているかが十分に検討されていればどこにも当てはまらないでしょう。もし、十分に検討されているか自信がないのであれば、どこに当てはまると考えますか。

例えば、安易に抑制帯を使っていないでしょうか。動きにくい場所に車いすを停めていないでしょうか。

甘く見れば不適切なケアと考えることもできるでしょうし、襟を正して顕在化した虐待と捉えることもできるでしょう。

第一に、この研修で日頃の患者さん・利用者さんとの関わりの中で、何が虐待に当たるのかを明確にしましょう。
第二に、日ごろの関りを患者さん・利用者さんの視点に立って考え直すことで、今からどうすればよりよい関わり方ができるのか自分で答えをみつけましょう。

知識の詰め込みではなく、いろいろな課題により考え方を養う研修を行っていきます。

自分Vision Update

作成中

特別講演会


お問い合わせ:info@gyakutai-zero.com