頑固おやじの手造り漆器店|木鉢屋工房
TEL:o9o-7835-2868
〒369-1412 埼玉県秩父郡皆野町大字皆野1371
頑固おやじもブログをアップしています。手彫り、漆木工に興味がある方、是非覗いて見てください。

木 鉢 屋 工 房

爺・婆・俺・私・自分だけの器で毎日楽しい食事を

秩父の木地師は伝承によるとその技術は平安時代に惟喬親王が勢力争いのすえ,落ち延びた所が滋賀県小椋村であり木地師の聖地となっています。1825年頃中津川に木地師が生活していたという記録もあるようですが、2002年まで現役で伝統の技を守って活躍していた、天皇の家臣の末裔である秩父郡両神村に在住の小椋弥市氏ただ一人でしたが、誠に残念な事に2002年7月に亡くなりました。亡くなるまでの6年間、弥市氏に師事,臼や木鉢の古来よりの伝統の技を唯一継承者として現在に至っています。しかしながら、現在ではそれほど需要も無く、いずれ消えゆく手彫りこね鉢職人、木鉢屋工房ですが何とかこの技術を残していきたいと思っています。

頑固おやじのこだわり
おやじの作品はすべて機械に頼らずコツコツ,手彫りにこだわり、見てくれは悪いが素朴で味のある温かくて面白い器です。

伝統の技。手彫りこね鉢

平安時代より伝統的な手彫りこね鉢造りを忠実に守る事で、木の素材を生かし、素朴で味のある木鉢を(ちょうな)で彫ってる所です。

その他の材も使用

小物の日用品雑器には、栃の木、栗、胡桃、桑、などを使っています。写真は左から、桑、栗,栃の木の、ぐい吞みです。なかなか渋い、可愛い器です。

鍛冶屋さん特注の器具

伝統的な手打ちの,チョウナ、手斧、左右の笹がんな、鍛冶屋さん特注です。最近では鍛冶屋さんも、注文が無いとのことです。寂しいと言ってます。

小物の制作

大物でも、小物でも制作の期間は11月~翌年の4月まで。何故か?生木の冬木を使うため。手彫りのため、生木でないと割れる。

ちょうな

鉢彫りの「ちょうな」荒彫り、中彫り、仕上げ彫りに使用。一丁、一丁角度が違います。

白木の木地

暮れに入荷した材木で制作した小物です。翌年3月までかかりました。店に並ぶのは、早くて9ヶ月後です。

小物の制作

大物でも、小物でも制作の期間は11月~翌年の4月まで。何故か?生木の冬木を使うため。手彫りのため、生木でないと割れる。

うるし塗り手彫りこね鉢シリーズ

漆、溜め塗り大鉢

現在では、もう手に入らない栃の木の大鉢です。縁に螺鈿のワンポイント。塗りはオーソドックスな木地呂塗り。笹がんなの彫り跡が残る見事な鉢です。木鉢屋工房の看板です。

径71.5㎝高17.5㎝深15.5㎝
値 50万円(税込)

綺麗過ぎる鉢

本来おやじの彫りは、手彫りの跡がありますがこの鉢は、機械彫りみたいに綺麗なはちです。縁朱塗り、内黒溜め塗りの美しい鉢。これを造る時には手間が掛かり苦労しました。
 径46㎝高14深12㎝
 値 20万円(税込)

漆、曙塗り

本来おやじの彫りは、手彫りの跡がありますがこの鉢は、機械彫りみたいに綺麗なはちです。縁朱塗り、内黒溜め塗りの美しい鉢。これを造る時には手間が掛かり苦労しました。
 径58㎝高17.5㎝深15㎝
値 40万円(税込)

縁黒の内側、渋い朱溜め鉢

渋い、朱溜め塗りの味がある、店主お気に入りの鉢です。
 径45,5㎝高14㎝深⒒5㎝
 値 20万円(税込)

遊び心。商売繫盛

おやじが遊び心で造った縁が螺鈿細工、内朱塗りで赤、黒の金箔張りの、鯉の飾り鉢です。実用的にも使えますが、ちょっと使いずらい。お店の千客万来、商売繫盛に最適です。是非開店祝に、多人数でお求めを。
 径56㎝高16㎝深14㎝
 値 35万円(税込)

底黒塗り鉢

この鉢は、本当に綺麗な造りで、使うのが勿体ない位です。難を言えば、少し浅い、洒落鉢。
 径48・5㎝高12㎝深10㎝
 値 15万円(税込)

シンプル、イズ、ベスト

素材活かした、シンプルで素朴で味あいのある、溜め塗りの鉢です。縁にワンポイントの飾り貝があり。堂々とした鉢です。
 径57㎝高16㎝深13㎝
 値 30万円(税込)

根来風、お洒落鉢

ご婦人向きの、お洒落な鉢。静かにそば打ちを楽しむ人達に最適。裏は木の素材のまま
 径47㎝高12㎝深11㎝
 値 18万円(税込)

根来風朱溜め塗り

根来風溜め塗りの、渋い重厚な立派な鉢です。是非そば打ち、こだわりの人へ使って頂きたい一鉢です。 
 径57㎝高16㎝深13㎝
 値 30万円(税込)

そば打ち入門、初心者むき

そば打ちを、習い始めた人達に、お勧めの、使いやすい、少し小さ目の鉢です。他に、混ぜご飯、饅頭造り、ちらし寿司等、いろんなイベントに最適。 
 径40㎝高12㎝深10㎝
 値 7万円(税込)

深みのある溜め塗り鉢

店主、お気に入りの鉢。裏側の彫りが凄い、チョウナ彫りの見事な削り跡。
 径47㎝高14㎝深⒓5㎝ 
 値 17万円(税込)

一人前用こね鉢

一人で楽しく、鼻歌まじりで打つ蕎麦は格別の
味。至福のの時間。小さ目の鉢です。
 径38㎝高14㎝深10㎝
 値 5万円(税込)

四角菱形螺鈿入り朱鉢

実用的に充分、使えますが少し鑑賞的な曙塗りの本当に綺麗な鉢です。四角の螺鈿が光ります。
 径46,5㎝高14㎝深11㎝
 値 25万円(税込)

お問い合わせ

店内には、まだまだ紹介出来ない、
「こね鉢」あります。気楽にご相談ください。お待ちしてます。

縁黒の内側、渋い朱溜め鉢

渋い、朱溜め塗りの味がある、店主お気に入りの鉢です。
 径45,5㎝高14㎝深⒒5㎝
 値 20万円(税込)
手作り漆塗り日用雑器シリーズ

その他店内には普段使いの日用雑器が多数あります。おやじのオリジナルの作品です。使いがってが良くあきが来ない、素朴で優しい器だと、お客様よりお褒めの、言葉を頂いております。同じ物は一つもありません。まずは手にとって感じて下さい。ご来店 お待ちしております。

蕎麦ちょこシリーズ

内根来風朱金溜め塗り、自分だけの蕎麦猪口。
  径8,5㎝高12㎝高
 値 1万7千円(税込)

ぐい吞みシリーズ

少し大振りな、ぐい吞み。遊び心で金継ぎの技法にて、洒落たぐい吞み。ひびを修理したのでは、ありません。景色です。
 値 1万7千円(税込)

二本の金箔彫り

内朱溜め塗り、外鑿彫り、粋な蕎麦猪口。
 径8㎝高6㎝
 値 1万7千円(税込)

布巻ぐい吞み

少し大振り、酒豪人向き。荒いカット彫りで、中ほどに布張りの豪快な一品。見れば見るほど、渋い。
 値 1万4千円(税込) 


縁布張り、内朱溜め塗り

外側、漆刀でカット彫り、ダイナミックな蕎麦猪口。
 径9㎝高6.5㎝
 値 1万7千円(税込)

木肌が味のぐい吞み

シンプルで木肌を残そうと、苦労した、こだわりの一品。

値 1万3千円(税込)

朱溜め塗り

内朱溜め塗り、外側根来風朱溜め塗り(マットな鈍い朱)
 径8㎝高7㎝
値 1万5千円(税込)

遊びの一品

縁を修理した様な、遊び心のある一品。金箔張りが光ります。少し高台のあるぐい吞み

値 1万3千円(税込)

内鑿彫り、金箔張り

外側が、地味なので、内側は金箔張を張り派手にしました。
径8㎝高6.5㎝
 値 1万7千円(税込)

木の味を活かした一品

おやじ、こだわりの一品。わざわざ木の皮のところを残した、不細工で可愛い、ぐい呑み。おやじ一押し。
 値 1万3千円(税込)

派手、派手蕎麦猪口

内側朱金箔張り、この器で食べたら、元気百倍、金運アップ 径8㎝高6
 値 1万7千円(税込)

    おやじのの一言
おやじも、蕎麦が好きで、旅行にはいつも持って行きます。蕎麦屋で汁を入れ替えて食べると、店主何者かと、驚きます。イマイチの蕎麦も、器が良いと美味く感じます。
蕎麦通の人に是非
 

木の皮跡

わざわざ木の皮の跡を残すのに、苦労した一品。底は金箔張り。酒を注いで月見で一杯。沁みるねぇ~
 値 1万3千円(税込)

    おやじの一言
このぐい吞みは、どれを取っても、手に馴染み、口当たりも素晴らしい。実際に手にとって見れば衝撃的。日本酒好きな人にしか販売しません。酒の席には、常に携帯しましょう。

布巻ぐい吞み

少し大振り、酒豪人向き。荒いカット彫りで、中ほどに布張りの豪快な一品。見れば見るほど、渋い。
 値 1万4千円(税込) 


購入や、問い合わせのお客様にはメールにて、ご連絡下さい。
場合によっては少しお時間を頂きますが必ずご返事致します。
(1週間経ってもメールが届かない時は、申し訳ありませんが改めてご連絡下さい。)


kabachiya@gmail.com
tel :o9o-7835-2868

頑固おやじもブログをアップしてます。漆木工に興味がある方、是非覗いて見てください。

頑固おやじの町
おやじの町は埼玉の北西に位置する、JR「くまげぇ~」駅から秩父線のローカルで約1時間、皆野駅下車、秩父音頭発祥の地、そして風光明美な「ちっちぇ~」町で周りは「きりゃ~ねぇ」山また山。町の外れにゃ~荒川の清流が流れ夏は「あぢぃ~」冬は「さびぃ~」盆地の町で~す。町は「ちっとんべぇ~」店があり夜7時にゃ~「てえげぇ~」の店は閉めて「えれぇ~」静かな町になり、人々は「げぇ~やねぇ~」から早く寝んべぇ~よ!てな健康的な町です。是非「いっぺん」来てくんなぁ~ それじゃあいってんべぇ~  「   」内は秩父弁です。
自己紹介
生まれも育ちも生粋の秩父っ子。荒川の清流と我が町のシンボルの「美の山」の麓で
育った少し頑固なおやじです。

木鉢屋工房では木鉢は秩父産の栃の木を使用していますが最近では入荷が困難になり幻の木になりそうです。小物の器は栃・栗・くるみ・桑の材等を使い非常に味の在る器になります。おやじの器は値段が高いですが、おやじが生きている限りメンテナンスは無料で致します。漆器は高価と言うイメージがありますがおやじの器は普段使いでガンガン使ってください。つけ置きも大丈夫です。一生物です。但し電子レンジと食洗機はご遠慮ください。

木鉢屋工房へのアクセス

木鉢屋工房

埼玉県秩父郡皆野町大字皆野1371(金子宅)
関越自動車道花園インターより車で約30分。左側に皆野町役場を見て60m先の信号機を右折して50m先の右側の古い家
TEL;o9o-7835-2868
Gmail:kibachiya@gmail.com

営業時間:9:00~17:30 土日祝; 無休 だがいつも居るとは限らないので、来店の際はTEL下さい。