Japan Lab

日本の心を再発見
Japan Lab(ジャパラボ)とは、グローバル化で失くしつつある日本の心を思い出す、心の故郷への旅路です。
なぜしているのか
IT化とグローバル化によって、国境の境目が無くなってきています。

日本という国は何なのか、日本人とはどんな人なのか、これからの日本の役割は何なのか。

不確実な現代社会をしなやかに生き抜くために、自分の軸を立てる土台を強くしたいと思ったためです。

なにをしているのか
■学びの場
各自の関心があるテーマを議論します。
吉田松陰の松下村塾では、ディスカッションが学びの中心であったと言います。
テーマを深めることで、志を磨いていきます。

■メンバー同士のコラボレーション
想いと可能性に満ち溢れたメンバーが集まります。
メンバー同士のコラボレーションで、日本をより美しくできるような活動が生まれます。

■海外展開
日本の精神は世界中で求められるはずです。
5年後に海外へ展開できるように、それぞれの志を磨いていきます。
日本の心で世界のお困りごとをお助けします。

大切にしていること

調和
和を以て尊しと為す。日本には、調和を大事にする文化が根付いています。調和とは、程よい対立が共存していること。同化するのではなくて、調和します。
ジブン100%
みんな違ってみんないい。国語の教科書で習った言葉です。一人一人は違っていて当たり前。違いが大好きな多様性を大事にします。
軸を立てる
世に生を得るは事を成すにありと坂本龍馬は言いました。どうせ一回きりの人生、生きた証を残せるように、自分の志を磨き続けます。
軸を立てる
世に生を得るは事を成すにありと坂本龍馬は言いました。どうせ一回きりの人生、生きた証を残せるように、自分の志を磨き続けます。
これからこうしていきます
①同じ想いを持つメンバーを増やす
②メンバー同士の学びを加速する
③メンバー内外を巻き込む行動をする

これら3つを軸に活動していきます。

普段の仕事以外の仲間を見つけたい、やりたいことは分からないが想いはある、なんとなくモヤモヤする、日本のことをもっと考えたい

関わる理由は様々です。うまく活用しながら、日本を良くする共犯者になっていただければ幸いです。