日本ウォーターシステム

~日本ウォーターシステムの中途社員インタビュー~

前職ではどのような仕事をしていましたか?
半導体を作る装置の設計と開発を行っていました。

「日本ウォーターシステム」に入社されたきっかけと、仕事内容を教えてください。
エンジニアとして、社会に貢献できる仕事をしていきたかったからです。

その中でも医療機器にまつわる仕事に就きたいと考えていたので、採用サイトで日本ウォーターシステムの求人を見つけ、やりがいのある仕事だと感じ入社を決意しました。

「日本ウォーターシステム」で働く魅力を教えて下さい。
業界トップシェアという実績がある中で、設計という役割を担えることです。 この先シェアを拡大して行く中で、自分の力がどれだけ活かせるかというところも魅力ややりがいを感じています。

水処理装置のエンジニアリング・開発などを行う「設計職」として、技術や仕事に対するこだわりを教えて下さい
設計に限ったことではないですが、とにかくミスをしないというところを心がけています。

やはり信頼されるからにはミスをなくして、さらに信頼度を上げるためには向上させることが必要だと思っています。

あとは設計職という点から、誰でも扱いやすいような、シンプルなものを作ることを心がけています。

現場の医師の方という事でしょうか?
そうですね、携わる病院関係者の方や保守管理の方がメンテナンスしやすいように作っています。

将来の夢や目標を教えて下さい。
設計をしているので、今後もエンジニアとしてキャリアを積んでいきたいというのが第一にあります。

その中でもどんなエンジニアになりたいかというと、ゼネラリストを目指しています。 今、医療関係の水処理をやっていますが、自分は一つのことを突き詰めるよりも幅広く知りたいと思ってしまう性格なんです。そうすることで、それ以外のところでも幅が広がる可能性もあると思っています。

これから転職をお考えの方に一言お願いします。
転職って一つのきっかけだと思うんです。今自分がやりたいことがあって、それに向かってチャレンジしていくと思うんですけど、入社することがゴールではなくて、入ってからどうなりたいかが大切だと感じます。

やりたいことがあってその会社に入ったけど、実際違うなってこともあると思いますが、そう思うだけではなく入ってから目標を立てて頑張ることが一番大切なんだと思います。