施工管理技士で
働くなら派遣会社
がおすすめの理由

専門職となる施工管理技士として働くなら、少しでも条件の良い会社で働きたいと考えるでしょう。今よりもキャリアップを目指すなら、派遣会社で働くことを考慮してみてください。なぜ、施工管理技士は派遣会社で働くと有利なのか紹介します。

■派遣会社で働くメリット

・自分の条件に合った職場が見つかる

派遣会社は複数の会社で働くことを想定しているので、希望に合った会社が見つかりやすくなります。1社だけに絞ってしまえば、ライフスタイルの変化で特定の条件を満たすことが難しくなります。派遣会社なら、生活が変化しても、働く時間や休日も選ぶことができるのです。

・複数の職場を体験できる

施工管理技士としてキャリアを積むなら、多くの現場で体験することが重要です。そもそも施工管理技士の資格を取得するためには、現場での経験が不可欠となるためです。多くの現場で働いていれば、幅広い知識も得られやすいでしょう。キャリアップを目指す方にとって、多くの現場が体験できる派遣はメリットが高くなります。

・派遣会社のサポートが得られる

派遣会社の多くは、派遣社員に対するサポートがあります。定期的に職場に顔を出して様子を見てくれたり、困ったことがないか確認してくれたりします。現場で対応が異なっているので、問題があればすぐに相談できる環境は助かるでしょう。

■施工管理技士が派遣になるということ

・自分のスキルを活かすことができる

施工管理技士の資格を持っている方は、専門的な知識があります。現在は施工管理技士の不足から、多くの職場でも人材が求められているのです。自分のスキルを活かした仕事をしたいと考えているなら、1つの職場に拘らないようにしましょう。派遣ならスキルを活かした職場選びができます。

・収入アップも可能

施工管理技士の資格を持っている方の間では、フリーランスで働くことが注目されています。それは現場で求められている人材だからです。しかし、個人で働くとなると営業もしなければならず、安定した働き口が得られない可能性があります。派遣なら多くの働き口があるので、安心です。結果的に収入アップする方もいます。

・待遇が良い

派遣会社の多くは、雇用環境を整えています。雇用保険、社会保険などが完備されているのはもちろんのこと、希望に合った住まい探しも対応してくれるところがあります。派遣は幅広い地域で働くことも可能となるため、赴任旅費などのサポートがあるのが特徴です。

■施工管理技士が求められる理由

・人材が不足している

建築業界は景気が良いのですが、その一方で施工管理技士の存在が足りていません。現在施工管理技士の人材不足は深刻化しており、各現場でも育成に力を入れるほどです。とくに若い世代で新たな資格取得を目指す人が少ないため、現場で求められています。

・高齢化で引退している

現在働いている施工管理技士の資格を持っている方たちは、高齢でどんどん引退していっています。そのため現場では人手不足になり、減少ペースに新たな資格取得者が追い付いていっていません。とくに20代で資格取得を目指す人が少ないため、今若い人がチャンスなのです。

・試験回数が年2回に

現在施工管理技士の減少に危機感を抱いている国は、試験を受けやすい対策に乗り出しました。2017年から試験回数が1回だったのが2回へと増えています。以前と比べて試験を受けやすくなっているので、これから施工管理技士を目指す方はメリットが高くなるでしょう。

■施工管理技士はより待遇が良くなる時代に

・各現場でも奪い合う存在

建設現場では、各現場でも施工管理技士を奪い合っています。募集をかけても応募者が少ない現状があるため、お金を出してでも欲しい人材です。現在は売り手市場となっているので、こちら側から良い待遇を持ちかけることもできるでしょう。

・20代は転職しやすい

現場では新たに施工管理技士の資格取得を目指すところも多いため、現場で試験を受けるための費用のサポートが得られる場合があります。今まで違う業種で働いていた方でも、一から目指すことができるのです。経験は会社に入社してから増やすことができるので、初心者でも始めることができます。

・30代以降はキャリアップのチャンス

施工管理技士の資格を持っている30代以降の方は、転職でキャリアップのチャンスです。これから転職を考えている方でも、今までよりも好待遇が見込めるでしょう。より好待遇の職場で働きたいと考えているなら、1社に絞らず派遣で複数の会社で働く方法もあります。

■派遣会社の選び方

・求人数の多い派遣会社に登録する

施工管理技士は現場で求められる人材のため、より待遇の良い職場が選べます。待遇の良い職場を選ぶためには、複数の求人を扱っている派遣会社を通すことが一番です。派遣会社の登録は複数社でも構わないので、1社のみでなく複数の会社に登録しておきましょう。

・福利厚生をチェック

環境の良い働き口を見つけるには、福利厚生制度もチェックした点です。給与の支払い方法や、交通費の対応なども確認しておきましょう。社会保険や健康診断などが充実していると、安心して働くことができます。

・資格取得支援制度

これから資格取得を目指す方は、派遣会社で資格取得の支援制度があることが、選ぶ条件になります。受験費用の補助はもちろん、試験に合格すればお祝い金が支給されるところもあります。金銭的な負担が少なければ、新たな資格取得をする方でもチャレンジしやすいでしょう。

施工管理技士で待遇の良い派遣会社一覧は、下記リンクから確認できます。

■まとめ

建設現場でもっとキャリアップしたいと考えているなら、施工管理技士の方が派遣で働くのがおすすめです。現在は売り手市場となっているので、もっと好待遇を目指すことができるでしょう。1社で働くことにこだわらず、派遣で働くことも考慮してみてください。