300万円を借りる方法と融資における注意点

「起業したいけど、自己資金が足りない」「事業を続けているけど、資金繰りが厳しい」と悩んでいませんか?

こちらでは、300万円を借りる方法をまとめました。

中小企業の経営者や個人事業主でも、300万円の資金調達をすることはできますので安心してください。

300万円を借りる方法

個人のキャッシングで、いきなり300万円を貸してくれるところはありません。

初めてキャッシングローンや消費者金融を利用するのであれば、なおさら300万円を借り入れるのは不可能ですね。

しかし、中小企業の経営者や個人事業主の場合は、事業資金として300万円の融資を受けることができます。

融資の審査において最も重要なのは借りた事業資金を返済できるのかどうかで、返済能力があると認められれば300万円の融資も難しくありません。

下記では、300万円を借りる方法を説明していますので、「自己資金だけではまかなえない」「資金繰りで困っている」という事業者は参考にしてみてください。

ビジネスローンを利用する

300万円の事業資金が必要な場合は、ビジネスローンの利用を検討してみるといいでしょう。

ビジネスローンとは中小企業や個人事業主向けの金融商品で、100万円~300万円の融資であれば即日で受けられます。

スマホやパソコンからWEB申し込みをするだけで、即日融資を受けられるのがビジネスローンの魅力です。

もちろん、何の実績もない個人事業主にポンと300万円を貸してくれる金融機関はありません。

そこで、ビジネスローンで融資を受けるポイントやコツをいくつか挙げてみました。

  • 「2年以上の法人経営」など業歴制限の有無を事前にチェックする(業歴制限のないビジネスローンを選ぶ)
  • 必要な書類を全て用意する(給与明細・賞与明細・課税(所得)証明書など)
  • 決算書を用意して安定した事業を続けていることをアピールする
  • 税金は事前に全て支払いを済ませる(税金の未納や滞納があると審査に通りにくい)

比較的審査が甘いと言われているビジネスローンでも、300万円という高額な事業資金を借りる場合は万全な対策で臨みましょう。

有担保ローンを利用する

不動産などの担保を持っている経営者や個人事業主は、有担保ローンを利用するべきです。

担保なしで融資を受けられる無担保ローンと、不動産などの担保が必要な有担保ローンの違いは下記です。

  • 無担保ローンは審査に通りやすい代わりに限度額が控えめになる
  • 有担保ローンは審査が厳しい代わりに限度額が多くなる

有担保ローンは担保が必要だったり、審査の手続きが面倒だったりなど、利用を避けている事業者は少なくありません。

しかし、300万円という高額な事業資金を借りるのであれば、限度額が多くなりやすい有担保ローンを選択肢に加えるべきです。

複数社にわけて借りる

高収入でも事業で安定した利益が出ていても、1社だけで300万円の融資を受けるのは決して簡単なことではありません。

「この人は返済してくれそうにない」という事業者に、300万円を貸し付ける貸金業者はないのです。

そのため、300万円の事業資金を用意しないといけない場合は、複数社にわけて借りるようにしましょう。

1社で300万円は難しくても、1社当たり100万円の融資で3社を利用すれば300万円になりますよ。

ただし、あまりにも借り入れ先が多いと、今度は同時多重申し込みと見なされて、審査に通りにくくなるので気を付けてください。

300万円の融資を受ける上での注意点

金融機関によっては、即日で事業資金の融資を受けることができます。

資金繰りで悩む事業者にとってはありがたいですが、300万円の融資を受ける上で次の点に注意しないといけません。

  • 返済の期間が長引きやすいので簡単には完済できない
  • 返済を怠って滞納すると遅延損害金が発生する
  • 返済期間が延びるほどトータルで支払うお金が増える


事業資金は金融機関から借りてオシマイではなく、最終的には全て返済する必要があります

高額融資を受けたら返済も慎重にならないといけないため、「どのくらいの期間で返済するのか計画を立てる」「お金に余裕ができたら積極的に繰り上げ返済をする」といった点を押さえておきましょう。

最後のまとめ

今までに実績のある中小企業や個人事業主であれば、300万円の事業資金を借りることができます。

「そんな多額の資金を借りられるの?」と思うかもしれませんが、ビジネスローンや有担保ローンなら不可能ではありません

資金繰りで悩んでいる事業者にとって、それらの存在は非常に心強い味方となってくれるはずです。

しかし、融資の金額が多ければ多いほど返済も大変ですので、300万円を借りる予定の方は十分に注意してください。