食育アドバイザーの基礎知識や
おすすめ講座について

健康のために「食」は欠かせません。今回は食育アドバイザーの基礎知識やおすすめ講座について見ていきましょう。他にもどんな人が食育アドバイザーに向いているかなども見ていきます。食に関する知識を求める人は食育アドバイザーの資格取得を検討してみてはいかがでしょうか。

食育アドバイザーの基礎知識

食育アドバイザーと言っても、どんな特徴を持っているのか分からない人もいます。こちらでは、食育アドバイザーの基礎知識について見ていきましょう。

 ・毎日の暮らしを豊かにできる

食育は軽視されがちな部分もありますが、健康管理などに欠かせない存在です。食育資格を学ぶことによって健康維持などに努めることができます。食の知識は決して不要になることはありません。まさに生涯役立つものと言っても過言ではないのです。

 ・食育資格の入口

食育アドバイザーは数多くある民間施設の中でも食育関連の入口的な資格です。そのため、基本をしっかり学ぶことができる資格と言ってもいいでしょう。

 ・料理のバリエーションが増える

毎日の食事のバリエーションに悩む人も少なくありません。しかし、食育アドバイザーの資格を取得して「食」の知識を増やすことで料理のバリエーションを増やすことができます。

どんな人が食育アドバイザーに向いている?

こちらでは、どんな人が食育アドバイザーに向いているかを見ていきましょう。前向きに考えている人は、自分が当てはまるかどうかをチェックしてみてください。

 ・手軽に資格を取得したい

食育アドバイザーはスクールに通って取得することもできますが、通信講座でも可能です。ライフスタイルに合わせて手軽に資格を取得したい人におすすめの資格です。

 ・スキルアップをしたい

食に携わる職業の人にも人気の資格です。資格は取得しておいて損はありません。取得までの勉強などは必ず人のスキルアップにつながります。

 ・家族の健康のため

食育アドバイザーを取得することによって食の知識を高めることができます。つまり、家族の健康を食によって支えることができるのです。

食育アドバイザーの資格取得のための勉強方法とは?

こちらでは、食育アドバイザーの資格取得をするための勉強方法について見ていきましょう。どのように勉強すればいいか悩んでいる人は参考にしてください。

 ・独学でも可能か?

食育関係の資格すべてとは言いませんが、独学で資格取得ができるものもあります。ただ、先述したようにすべてではありません。取得したい資格が独学可能かどうかをチェックしましょう。

 ・スクールに通う

食育関係の資格取得ができるスクールに通うことで、しっかりと学ぶことができます。ただ、社会人の場合はなかなか時間に都合をつけることができないという難点があります。

 ・通信講座で学ぶ

通信講座は教材などが届くので、それを元に学ぶことができます。スクールに通うわけではないのでライフスタイルに合わせた学び方が可能です。社会人で資格を取得したい人などにおすすめの方法と言えます。

おすすめの食育アドバイザー資格取得講座とは?

こちらでは、おすすめの食育アドバイザー資格取得講座について見ていきましょう。どんな講座が自分の目的に合っているのかなどをしっかり比較して見極めてください。

 ・食育アドバイザー資格取得講座

資格のキャリカレが行っている通信講座でネットからの申し込みで比較的リーズナブルに資格取得まで目指すことができます。教材内容も豊富であり、すぐに実践可能なレシピ集などもあります。

 ・食生活アドバイザー(R)(2・3級)

テキストだけで学ぶのではなく質問サポートも充実しているので学びやすい通信講座です。勉強一本筋になるのではなく、楽しみながら知識を身に着けることができます。勉強が苦手な人でも気軽に学べるように工夫されているので「勉強しなければいけない」ということを考えないまま学ぶことを楽しめます。

 ・食育インストラクター養成講座

テキスト5冊とオリジナルDVD3枚の教材で学ぶことができます。通信講座費用も標準的なものであり、教材の充実さを考えるとリーズナブルな方に分類されるかもしれません。ただし、資格は段階ごとに分かれていてプライマリーから始まり、級ごとに受講料なども変動することを覚えておきましょう。

食育アドバイザーの特徴などを知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

食育アドバイザーと言っても、資格の活かし方は人によってさまざまです。
だからこそ、自分が何のために食育アドバイザーの資格を取得したいのかを
明確にしておきましょう。
明確にすることで数多くある食育アドバイザーの資格の中から
「自分に向いているもの」を見つけることができます。
資格を仕事に活かしたい、家族のために知識を使いたいと考える人こそ
慎重な通信講座選びをしてください。