東京でマンスリー
マンションの借り方

東京で一人暮らしを始める予定の方は、住まい選びで迷っているのではないでしょうか。家具や日用品を用意しなければならず、用意が間に合わないときもあります。そんなときにマンスリーマンションが選ばれています。マンスリーマンションの選び方をチェックしてみましょう。

マンスリーマンションとは?

・1か月単位で住むことができる
マンスリーマンションは、1ヶ月など短期間住むことが前提です。人によって住む期間は異なりますが、数週間ということもあれば、数ヶ月住み続けるケースもあります。
 
・家具や設備がそなえてある
他のマンションとの違いは、家具や設備があることです。すぐに引っ越して住めるように、生活に必要な備品を用意してあります。たとえば家電製品や家具などです。トイレットペーパーなど生活に必要な最低限の備品を用意してあるところも選べます。
 
・敷金や礼金がいらない
マンスリーマンションは短期間の入居を前提にしているので、出入りしやすい料金体制です。一般のマンションで必要となる、敷金や礼金が要りません。退去時も清掃費用がかかる程度で、大きな金額がかからないようになっています。

マンスリーマンションのデメリット

・入居審査が甘い
通常の賃貸なら長期的に住むことが前提のため、入居審査は慎重におこなわれています。しかし、マンスリーマンションは短期入居が多く、審査はあまり厳しくありません。審査が甘いということは、入居者の質が悪い可能性もあります。
 
・家賃が割高
マンスリーマンションは、一般の賃貸物件より割高の設定です。多少高めの設定でもすぐに入居したいニーズがあるため、割高設定になっています。長期的に住む予定だと、一般の賃貸物件ほうが安いと感じるでしょう。
 
・住民票を移せない
マンスリーマンションは短期入居が前提のため、住民票を移すことができません。逆に仮住まいの方や、お試しで住みたい方、短期入居が決まっている方にとって都合がいいです。

マンスリーマンションの特徴

・必要に応じてレンタル品がある
マンスリーマンションの多くは、家具や家電製品を備えています。それ以外の物は、必要に応じてレンタルを採用しているところがあります。たとえば寝具やアイロン台などです。短期入居で買うほどでもない物は、レンタルできると便利です。
 
・インターネット利用可
マンスリーマンションはネット回線が引いてある物件が多いです。自分で別途契約する必要はなく、共有のWi-Fi設備が備わっているので、引っ越した当日からネット回線が使えます。物件によっては有線LAN完備のところもあります。
 
・光熱費がコミコミ
マンスリーマンションの光熱費は、家賃に組み込まれています。いくら使っても定額料金のため、費用の心配をしなくて済みます。家にいない人は逆に損ですが、自分で契約しなくていいのがメリットです。

マンスリーマンションで注意したいこと

・生活品を持参する

マンスリーマンションはある程度の備品はありますが、消耗品などは自分で用意する必要があります。毎日の生活に必要となる、洗面用具、洗剤などが必要です。携帯電話の充電器や、延長ケーブルもあると役立つでしょう。

・内覧はできないと思っておく

マンスリーマンションの多くは内覧ができません。多くの方が短期間で入居するので、入れ替わりが激しく、少し前まで誰かが住んでいた場合もあるためです。部屋の雰囲気は写真で確認します。心配な方は、自分で外観だけでもチェックしておくと、安心でしょう。

・家具や家電は借りているもの

マンスリーマンションに設置されている家具や家電は、借りているものです。壊れたからといって勝手に処分はできないので、注意しましょう。破損した場合はオーナーに連絡する必要があります。

東京にあるマンスリーマンションの選び方

・住める期間で選ぶ
マンスリーマンションは必ずしも1ヶ月単位とは限りません。1ヶ月未満の短期入居に対応するところや、6ヶ月以上の長期入居に対応するところもあります。長く住むと1日当たりの費用が安くなりますが、清掃費用は高額になることが多いです。
 
・目的別で選ぶ
マンスリーマンションによっても、設備が変わってきます。ビジネスマンの短期入居を前提にした部屋もあれば、大学生向けの部屋もあります。目的に合ったマンションを選ぶと、入居者も同じ境遇の人が多くなるので、住み心地がよくなりやすいです。
 
・価格で比較する
東京には安くても設備が充実した物件もあります。逆にオートロック完備やサポートが受けられるなど、セキュリティ面を高めた高価な物件もあります。何を重視するか決めながら、妥協できる価格のマンションを選びましょう。
東京のマンスリーマンションを比較したい方は、下記リンクをクリックしてください。

まとめ

東京には多数のマンスリーマンションがあります。目的に合わせて選べるようになっているので、比較するようにしましょう。価格、設備、セキュリティ、契約のしやすさなどで比較するのがおすすめです。