学生はプロミスでお金を借りられる?限度額はどのくらい?

学生が消費者金融のプロミスからお金を借りられるのかどうか、気になりますよね。

「バイト代だけではお金が足りない。」「親にバレずにカードローンを利用したい。」など、学生ならではの悩みはたくさんあると思います。

このページでは学生がプロミスを利用できるのかどうか、限度額や審査基準などについてをまとめました。

学生でもプロミスでお金を借りられる?

下記のようなお金に関する悩みを持っている大学生や専門学生はいませんか?

  • アルバイト代だけでやり繰りできない
  • 親が仕送りの金額を増やしてくれない
  • 買いたいものがあるけどお金が足りない

学業の合間をぬってアルバイトするだけでは、中々自由に使えるお金は少ないですよね。

アルバイト代や親からの仕送りだけではやり繰りが厳しいのであれば、消費者金融の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

結論から言うと、プロミスは学生でも簡単にお金を借りることができます

プロミスの公式サイトの申し込み条件の項目には、下記のように記載されていました。

  • 年齢20歳以上69歳以下のご本人で安定した収入のある方
  • アルバイトやパート、主婦や学生でも審査の上で契約できる

未成年の高校生はプロミスでお金を借りることはできませんが、20歳以上の学生には柔軟に融資を行っています

申し込み条件にも記載されている通り、1ヵ月に数万円程度でもアルバイトで毎月安定した収入があればOKです。

少しでも安定した収入があれば、「継続的に返済を続けられる」と判断されますのでプロミスと契約できます。

学生がプロミスで借りられる限度額

プロミスに申し込むにあたり、どのくらいの限度額までお金を借りれるのかを説明します。

これは学生に限った話ではありませんが、プロミスの限度額は本人の収入によって変わります。

以下に、収入別の限度額の目安をまとめてみました。

  • 30万円以下:3万円~5万円
  • 31万円~60万円:3万円~10万円
  • 61万円~90万円:5万円~10万円
  • 91万円~120万円:5万円~20万円
  • 121万円~150万円:10万円~30万円
  • 151万円~200万円:10万円~50万円
  • 201万円以上:10万円~50万円(増額で50万円超も可能)

プロミスを始めとする消費者金融では、貸金業法の総量規制で年収の3分の1を超える金額を貸し付けられません。

それに加えて、学生は社会人と比べるとどうしても信用度が低くなります。

そのため、プロミスの初回限度額は5万円~10万円など低めに設定されやすいです。

年収が高かったり起業している学生は限度額をアップさせることができるかもしれません。

しかし、普通にアルバイトをしている学生の場合、あまり限度額には期待しない方がいいでしょう。

親やバイト先にバレずに借りれるの?

「プロミスでお金を借りたいけど、親にバレそうで怖い」と不安になる気持ちはよく分かります。

しかし、プロミスは学生だからといって親に直接電話をかけることはありません。

アルバイト先の在籍確認だけで審査は終了しますので、親にバレることなく借り入れができます。

そして、在籍確認の電話も「○○さんはいますか?」だけの会話内容で、プロミスの担当者であることは一切言いません。

なので、アルバイト先の電話に出た人にも、今のは消費者金融の在籍確認の電話だなと怪しまれることはまずあり得ません。

プロミスの審査に通るためのポイント

学生がプロミスの審査に通るために、どのようなポイントを押さえておくべきかをまとめました。

  • どんなに少なくてもアルバイトやパートで年収30万円以上の収入を得ている
  • 仕事が水商売やアフィリエイトの場合は、安定した収入だと判断されにくい
  • クレジットカードや携帯料金などの延滞が今までにない
  • 他社からの借り入れの金額や件数は多すぎない(プロミス以外の消費者金融から借り入れている人は要注意)

「希望額が高すぎる」「何社もカードローンに申し込んでいる」という学生は、審査に落ちやすいので注意してください。

最後のまとめ

以上、学生がプロミスでお金を借りられるのかどうかおわかり頂けましたか?

「満20歳以上の学生で毎月安定した収入がある」という条件をクリアしていれば、問題なくプロミスの審査に通るでしょう。

初回の限度額は5万円~10万円と低く設定されやすいものの、プロミスからお金を借りてピンチを凌ぐことは可能ですよ。

また、安心の30日間無利息サービスも実施されていますので、申し込みを検討してみてください。