泉大津・高石の注文住宅なら【つむぐ家】

CONCEPT

泉大津市や高石市で新築注文住宅を建てる一級建築士事務所&工務店の【つむぐ家】は、地震にとても強いSE構法とパッシブハウスデザインの新築一戸建て住宅です。泉大津や高石周辺で約50年の実績と信頼があります。耐震等級3、省エネ等級4でZEH、BELS、長期優良住宅に対応した高気密高断熱な家を建てる。そんな設計事務所です。

↓ホームページが新しくなりました。
詳しくはコチラへ↓

暮らしづくりからはじまる家づくり

家づくりの始め方

「家づくりは何から始めたらいい?」これからを考えていくにあたり、皆さんがよく抱える問題です。つむぐ家の注文住宅は、自分で判断できるように学ぶことから始まります。毎月勉強会を開催しているので、ご参考にしてください。

家づくり勉強会

家づくりの価値観

家づくりの中で大切なことは、変えられないものに価値を持たせることと、変えられるものはできるだけ費用とのバランスを取ることです。自分たちの暮らし方や将来を見据えてまずは考えることをオススメしています。

家づくりの考え

暮らしの感性

ただ安く建てれればいい、おしゃれだけでいいでは、家づくりは後悔することが多くなります。家に合わせた暮らしよりも、暮らしに合わせた家になるように、物の選び方の価値観や、理想の暮らしについて話し合いましょう。

暮らしのStory

POINT
1

【つむぐ家】はどんな家?

高気密高断熱の家づくりを
泉大津市や高石市の注文住宅の中で、高気密高断熱住宅を長年取り組んできました。
断熱材はセルロースファイバー断熱材を使用し、熱損失の大きい窓・サッシにもUA値が1.9W/㎡K以下の窓しか採用しないと決めています。注文住宅を建てる際に、あまり考えられない断熱や気密は、始めにキチンと考えておかなければなかなか変えることのできない部分になるからこそ、お施主様にご理解・納得いただけるまでご説明をさせていただきます。
パッシブハウスという考え方
パッシブハウスとは、環境先進国ドイツ発祥の省エネ基準と家づくりの考えそのもののことを言います。日本は、昔から太陽の光や、風など
自然の恵みを家に取り入れて暮らしてきました。そういった自然と調和する家の断熱性や気密性を高めて、快適な住環境を造るのがパッシブハウスです。またこの地域の気候風土に合った家づくりをするというのも長く住まうことを考えると大切になります。未来のために地球にとっても、人にとっても持続可能的な家づくりを。
SE構法と耐震性
南海トラフ地震が発生する可能性が年々高まる中、地震大国の日本だからこそ、住まい継ぐためには震度7の地震にも耐えられる家づくりが必要です。私たちが採用しているSE構法は、木造建築の強さと重量鉄骨造建築の強さを兼ね備えた地震に強い構法です。ルート2という大規模建築と同じ構造計算を行い、全棟耐震等級3を取得しております。また、強い構造だからこそ自由度の高い設計も可能になり、より開放的な空間をご提案できます。
パッシブハウスという考え方
パッシブハウスとは、環境先進国ドイツ発祥の省エネ基準と家づくりの考えそのもののことを言います。日本は、昔から太陽の光や、風など
自然の恵みを家に取り入れて暮らしてきました。そういった自然と調和する家の断熱性や気密性を高めて、快適な住環境を造るのがパッシブハウスです。またこの地域の気候風土に合った家づくりをするというのも長く住まうことを考えると大切になります。未来のために地球にとっても、人にとっても持続可能的な家づくりを。
POINT
2

かしこい住まいづくり講座について

注文住宅を建てたい人を対象にした家づくり勉強会の様子
泉大津市・高石市の注文住宅事例
泉大津市・高石市の注文住宅事例
つむぐ家の自己紹介
これから家づくりを始めるに当たって、私たちがどんな考え方で注文住宅を建てているのかを少しお話をさせていただきます。家づくりの価値観と暮らしの感性をいかに豊かにして、キチンと納得して家づくりができるように、専属スタッフがアドバイザーとなってご案内いたします。
憧れの暮らしや、注文住宅でやりたいことなどの共感
どんな暮らしがしたいですか?子ども達には将来どんな物を残してあげたいですか?難しいことは置いておいて、あなたにとっての「いい家」とはなんですか?すぐさま、こんな値段で、こんな間取り、こんな材料を使ってこんなデザインにしたい。と思い浮かばないと思います。家づくりの始まりに必要なことはキチンと学び、キチンと考えることから始まると思います。
数値で見る大阪の家づくりの考え方
断熱性能 UA値とは外皮平均熱貫流率と言い、断熱性能を表す数値
気密性能 C値:家の隙間がどれぐらいあるのかを表した数値
自然素材 新建材が体に与える影響と自然素材の見分け方
資金計画 住宅ローンや補助金、FPについて
資金計画 住宅ローンや補助金、FPについて
憧れの暮らしや、注文住宅でやりたいことなどの共感
どんな暮らしがしたいですか?子ども達には将来どんな物を残してあげたいですか?難しいことは置いておいて、あなたにとっての「いい家」とはなんですか?すぐさま、こんな値段で、こんな間取り、こんな材料を使ってこんなデザインにしたい。と思い浮かばないと思います。家づくりの始まりに必要なことはキチンと学び、キチンと考えることから始まると思います。
かしこい住まいづくり講座について
工務店選びで感じたこと

K様ご夫妻が家づくりで選んだ工務店は、大阪の泉大津市や高石市で注文住宅を建てる「つむぐ家」です。この会社を選んだ理由は、「初めて会った時のアットホームな会社が好きになった。」そして、「元々、断熱や気密、耐震性にこだわっていてそこが大きかった。」とのことです。

出会った時から、一緒に悩んで建築の準備を進めている時、建築している時、完成してからと、つむぐ家に持ったイメージが変わらずに家づくりが進めることができて満足されている様子でした。また、大切な住まい心地もとても良く、夏の冷房は一台で、冬は朝と夕方の暖房とこたつという生活を送られており、高気密高断熱の家づくりにして満足されていました。

最後に奥様が「家ができてから、友達を呼ぶのが楽しくなったり、配達の人が荷物を届けてくれた時に褒めたりしてくれるのがすごく嬉しくて家づくりっていいなと思いました。」というのが印象的な優しい家づくりでした。

よくあるご質問

注文住宅と規格型住宅とは、どう違いますか?
量産メーカーや地場のローコストビルダーの方々が手掛ける規格住宅は、基の考え方が大量生産大量消費にあります。暮らしや家づくりの希望を形にした家とは言えないものです。反対に、暮らしの考え方から一緒にプランニングをしていくのが注文住宅です。
注文住宅はどのくらい自由度がありますか?

注文住宅は量産型の住宅と比べると、特別制約がないので、間取り・外観デザイン・内装・外構など自由に取り入れることができます。つむぐ家では、快適な住まいにするためにパッシブハウスという家づくりを提案しています。なので、ある程度は私たちからデザインの提案はさせていただきますが、納得いくまで話し合い、作り込むことができます。

つむぐ家の注文住宅の完成見学会や構造見学会ではどんなことが学べますか?
つむぐ家の注文住宅は、家族ごとのストーリーがたくさんあります。どんな暮らし方がしたかったのか、その中で家づくりの何を重視したのかを完成見学会では見ていただくことができます。また構造見学会では、断熱気密についてや、なぜ耐震性があるのかなど家ができてからでは見れない部分を見て学んでいただける機械になっています。つむぐ家の注文住宅では、実際に学んで、見て、触れてということを大切にしています。
つむぐ家の注文住宅の保証などはどうなっていますか?

工事が始まる前にキチンとご案内をさせていただきます。内容としては、
❶工事中の近隣トラブル工事保険 ❷地盤沈下のトラブル地盤保障 ❸シロアリの被害シロアリ保障 ❹構造上の欠陥住宅瑕疵担保責任保険
❺各種設備のトラブルメーカー保証+追加設備保障 ❻その他建築士事務所協会、各種機関への加盟などをご用意しており、
建築後も、家に愛着を持って長く住まい込んで欲しいという想いから、60年間のアフターフォローを実施しています。点検箇所は、
基礎・土間・外壁・バルコニ-・屋根・雨桶・土台・床組・クロス仕上・サッシ・内部建具・建具・電気・給排水・設備・左官・タイルなどに
至り、その時期もわかりやすくご案内を以下のスケジュールで行なっております。(3ヵ月、1、2、5、10、20、30、40、50、60年)家は
建ててからが本当のお付き合いの始まりです。注文住宅でこだわるからこそ、キチンとした対応を心がけています。


注文住宅は建売りに比べると高くなってしまいませんか?
量産的な家づくりをなされている会社様に比べると、つむぐ家の注文住宅は高くはなります。しかし、それにはキチンとした理由があり、
それに納得いただいた方と家づくりをしています。予算についても、無理のない返済計画になるように、事前いファイナンシャルプランを
行い、お客様の夢の実現のお手伝いをするという気持ちで取り組んでいます。
繋がりのない工務店には相談しづらい…大丈夫ですか?
はじめての家づくりで、今まで考えたことないことを考えていかなければいけないのが注文住宅の大変な部分です。繋がりのない、初めて出会う工務店は、
いきなり事務所に行って相談するのは勇気が必要かもしれません。まずは、HPやブログを読んでいただき、気になることができれば、営業をしないと
決めている家づくり勉強会や見学会などにご参加するお勧めします。
つむぐ家の注文住宅の完成見学会や構造見学会ではどんなことが学べますか?
つむぐ家の注文住宅は、家族ごとのストーリーがたくさんあります。どんな暮らし方がしたかったのか、その中で家づくりの何を重視したのかを完成見学会では見ていただくことができます。また構造見学会では、断熱気密についてや、なぜ耐震性があるのかなど家ができてからでは見れない部分を見て学んでいただける機械になっています。つむぐ家の注文住宅では、実際に学んで、見て、触れてということを大切にしています。
【つむぐ家】オフィシャルサイトを一度ご覧ください。