20代・30代の
転職を成功へ

20代、30代の転職を成功へ
転職情報などを定期的に配信

面接の開始、導入を徹底攻略

さて、前回は面接の挨拶段階についてお話しました。挨拶段階でも注意すべき点が多数ある事が分かったと思います。今回は、本格的に評価に入る面接の部分について書かせていただきます。面接本格開始段階でつまずかないようにするためにはどうしたらよいかを考えていきましょう。

具体的な質問内容と回答方法を見る

>- なぜ当社を知ったのですか?
会社を知った理由を聞かれます。この回答もあなたの適性を問われます。たまたま知りましたという回答で問題ないですが、きちんとしたきっかけがあれば付け足すようにしましょう。

例えば、ネットで知った場合も業界に関係があるサイトを見て、普段から情報収集をしている中で発見したような文脈があるとよいです。

友人から聞いたにしても普段から~の勉強会をしていてそのつながりで知った友人というだけで少し良い印象を与えることができます。

ただし、気を付けるべき点としては、質問に簡潔に回答することです。余談ばかり聞かされてもこの人は話しが長いのです。企業の人事部が知りたいのは当社を知った理由は「○○から知った」というこの1文だけです。

塩梅が難しいのですが、1文をどれくらい長くするかは第三者に話してみてフィードバックをもらうとよいでしょう。

もし社員とつながっている人がいたらその人の名前をだすのがよいでしょう。

>- 当社に興味をもっていただいた理由は何でしょうか?

さて次ですが、名前を知っていても実際に興味をもつのは別問題だと思います。こういったときになぜ興味をもったのかしっかり答えられるようになると素晴らしいですね。

興味を持った理由が過去の経歴や自分の興味、普段の行動の文脈と一致していると素晴らしいわけです。通常、異業種や異業界に転職するとなると本当にやれるのかと疑問をもたれるわけですが、きちんとした文脈があると納得してくれます。

異業種で転職するときは学生のときの卒論のテーマで扱っていたということで興味をもたれることもあります。

能力を伝える部分と、熱意を伝える部分の2軸で考えたときに興味をもった部分や冒頭の話は熱意の話になります。

興味を持った部分は熱意になりますので積極的に伝えるようにしましょう。

>- 当社のことはいつからご存知でしたか?
こちらも通常の質問ですが、「えーいつからですかね~」といった歯切れの悪い回答は辞めるようにしたほうが吉ですね。

こういった数字のところで歯切れの悪い回答をする人は、キレが悪い印象をもたれますので、いつ知ったかは前もって整理しておきましょう。

細かいことをこの記事では言っているように感じる方も多いと思いますが、面接官は細かいことで無意識のうちに印象が変わるのです。

面接官としては疲労しているなかでうけていると細かいところでひっかかるとマイナスポイントが大きくなります。



>- なぜこの業界に興味をもったのですか?
さて、かなり本題な質問に近いですね。なぜこの業界に興味をもったかについては、重要な部分です。異業界転職の場合の質問ですね。同業、同職種転職の場合はこちらは読み飛ばしていただいて構いません。次の章からご覧いただけると幸いです。

業界に興味ではなく、今の会社を辞めたい、会社のネームバリューにひかれた、年収が高いというのが本音であることもあるでしょう。
むしろ、そちらが本音であることが多いでしょうか。

それでも本音と建前があり本音を伝えてはいけません。相手の気持ちを考えたうえで答えるようにしましょう。

面接では、もちろん本音を伝えることが望ましいでしょう。ですが、必ずしも本音だけで臨んでくることはないことを企業側も理解しています。

仕事においても相手のニーズにこたえることが必要とされますので面接官が喜ぶことを言える候補者は面接官からしても仕事でいかせると思われるわけです。

興味関心は熱意を伝えるパート

こちらの面接がはじまった段階において大事なことは熱意をどう伝えるかです。

最初は会社を知った理由や、興味を持った理由ばかりきいてきて本気度を試してきます。

本気度は非常に定性的で能力ではないため見にくい部分ではあります。一方で、給与がダウンして転職する場合や産業がどうなるかわからない業界においては熱意がむしろ大事なことがあります。

熱意を伝えるためには前述したような答え方ができるように実体験に基づいたエピソードを言えるとよいですね。

興味関心を伝えるためのエピソードを多く用意しておきましょう。

興味関心熱意がないことがバレたら受からない

面接官は、あなたが入るポジションより上のことが多いパターンです。
よって、面接官より能力がないと見なされるのは当たり前です。むしろ今後ののびしろがあるかどうかが大事です。

人事にしても社内の優秀な部長クラスを知っているので候補者は当然若く見えてしまうでしょう。

その際にいかに能力があるかをアピールしても厳しいのは当然ですよね。ですが、熱意をアピールすることは実力に関係なく平等に表現することができます。

そのため、自分自身の熱意アピールは若く経験が乏しい場合には特に準備しておきましょう。

熱意が十分に伝われば評価がかなりプラス

やる気が伝わってから本題の熱意を伝えるパートに入りましょう次回以降で能力アピールの方法について伝えていこうと思います。

導入2回のパートだけでも考える点が非常に多いことが伝わったのではないでしょうか。ここまでクリアすることができたらある程度は合格です。

面接に落ちる人/受かる人

面接に受かる人と落ちる人の違いは何なのだろうかを考えてみました。私自身も外資系企業で採用イベントに出てたり、中途採用、新卒採用にかかわったり、転職エージェントとして受かった方、落ちた方をそれぞれ見てきたりしました。

違いは何なのかといつも考えるようになりました。企業によって基準が異なるので一概に言うことができないができるだけ抽象化して考えてみたのでご覧下さい。

事前準備面接で受かる人

企業に入りたいという意思をきちんと示す意味で、必要なことはしっかり調べています。また、自分のことを伝える準備に余念がありません。
志望度が高くなくても常に準備すべきことがわかっているので最低限の準備をして会いにいきます。面接に限らずですが優秀な方というのは常に会う方の情報を事前に仕入れているという点があります。

電通マンがクライアントの吸っているたばこの銘柄を覚えておいて切れそうになったら買いに行くという話がありますが似たような論理です。個人的にはたばこを買いに行くこと自体はあまりいい習慣だとは思いませんが。

面接で落ちる人

転職エージェントにすすめられたから来ましたというスタンスで臨むため事前準備を全くしません。来てやったぜという雰囲気が伝わると同時に事前に何も準備をしていないことから面接の時間が無駄になることもしばしばです。面接の時間はお互いにとって有用な時間とするために双方が努力すべきですがその準備を怠っている地点で厳しくなります。

書類編面接で受かる人

面接で受かる人の書類を見たことがありますか?
受かる方の職務経歴書、履歴書は見ていて面白いです。なぜかというとやってきた職務が具体的なため、聞いてみたいことがたくさん浮かびます。

いい意味で疑問をもたれる履歴書づくりを意識しています。また、趣味や意気込みのところの項目をきちんと書いています。大した事無いように思えますが、趣味の欄にフットサル、将棋、マラソン、レゴ等と書いてあるだけで会話のフックができるため盛り上がりやすく、その人の人柄がよくわかるようになります。面接で落ちるパターンとして、あの人はどんな人かわからなかったという点があります。

最近ではベンチャー企業であるメルカリをはじめ、面接官が1人でも×をつけるとその候補者は落ちてしまうという話があります。
つまりどのような人かわからないだけで落ちてしまう可能性があるわけです。

面接で落ちる人

面接で落ちる人の書類は様々ですね。悪目立ちする書類が多いです。まず誤字脱字が多く、面接時に面接官が見つけてがっかりすることがあります。誤字脱字があると候補者のほうが焦って委縮してしまいます。その地点で他の候補者よりもビハインドを負い、また失敗したという気持ちから候補者が焦ってしまいます。

書類選考の段階では誤字脱字をよく見ていませんが、面接の段階では一言一句みて話すため、誤字脱字に気付きやすいという事情があります。書類には気を付けましょうね。

面接時編面接で受かる人

面接で受かる人は、キャッチボールになっています。端的にいうと面接をし終わった後に面接官が有益な時間だったと感じられることが大事です。

候補者とのキャッチボールの中で面接官が新しい知識や発見があったりサービスを成長させるためのヒントを得られたかどうかです。ただ単に審査する時間ととらえると面接官側もつまらなくなります。受かる方とのキャッチボールはどんなときでも楽しいのです。

面接で落ちる人

面接で落ちる人は会話がぶつ切りになります。質問と質問の間のつなぎがなく質問事に独立した会話になります。これは面接をする側の技量にもよりますが、面接官は会社のそれなりの人物がでてくるわけで面接官に技量がないと思ったらその会社は終わりです。

また、人事が面接している場合は、表面上の会話に終始してしまうので必ず配属予定の部署、部門の方と話しましょう。
さて、面接に落ちる人の話に戻ると、どうも質問に答えてふくらまそうとする気力に欠けています。逆質問をしたり、会話を膨らますネタを提供したりしましょう。会話事例や面接想定問答集はまた別の機会にお話しいたします。

面接後面接で受かる人

面接で受かる人は面接で聞かれた内容をメモしてできなかった点を振り返っています。世の中には几帳面な方もおり、面接の内容をエクセルで管理している人もいます。聞かれたことを保管すること自体には価値はあまりありませんが、振り返ることに価値があります。

自分の思っていたことをきちんと話せなかった場合は、何度も修正し、書類上の言葉を自分の言葉にできるように努めています。何百回も練習しているとスティーブジョブズの言葉ですら当人の言葉に聞こえてきます。

面接で落ちる人

面接で落ちる人は、面接後の振り返りをしない人です。つまり面接ごとの成長がまったくなく、自分の経験がアップデートされていません。経験をしたのにそれを伝えることがうまくできないのはもったいないですよね。

どの職種であってもプレゼンテーションは大事になってきます。書類だけでは審査されない仕組みに今の世の中はなっています。自分の仕事を自慢するつもりでいましょう。

これから面接をする方へ

面接をする方は上記の事例をみて、落ちる人の事例にあてはまっていないか注意してみましょう。面接は選考における天王山です。転職を成功させるために何ができるかを考えましょう。

20代におすすめの転職エージェント

20代の転職活動についてアドバイスをするのは非常に難しいです。本記事は最初に断っておくと第二新卒でない20代に向けて書いています。就業2年未満の人は第二新卒に該当する可能性が高いので第二新卒特集をご覧にいただいたほうが良いと思います。

第二新卒の定義は一般的に3年未満なのですが、会社によっては第二新卒ではなくいわゆる中途として就業経験が2年以上の人を採用する会社もありますのでお気をつけください。第二新卒かどうかは各会社に確認しましょう。

第二新卒かどうかの違いは転職して年収やポジションがあがる、入社後に即戦力として期待されている場合が中途採用扱いになります。

20代の転職が難しい理由

第二新卒のときも同様の話をしましたが、20代の転職が難しい理由の一つが20代の転職を支援している転職エージェントに優秀な人が少ないことがあげられます。

単純に年収が低く、転職経験がない場合が多いため労力をかけた割には転職をせず徒労におわるくらいなら最初から高年収で転職してくれる確率が高い人を狙おうという形になるわけです。

転職エージェントは年収×約30%をフィーとして受け取りますのでできるだけ年収が高いほうがよいのです。

また20代のキャリアを支援する人はキャリアカウンセラーや転職エージェントになり立ての人が少なくありません。20代の転職エージェントは自分より年齢が低い人の転職を支援することがなかなか難しいのでどうしても同年代か自分より下の世代を支援せざるを得ない事情があります。

20代にとってのいい転職エージェントの見つけ方

20代にとっていい転職エージェントを探すときにまず考えてほしいのが目先の転職だけを支援してくれる人との付き合いだけ考えるのはよくないです。

1度転職をしますと今後も転職をする可能性も高いのです。そのため、転職エージェントを一生物の付き合いと考え、サポートをしっかりしてくれる人を見つけることができるようにしてほしいと思います。

見つけ方としては友人の紹介か、転職エージェント会社に応募、転職サイトで転職エージェントからのコンタクトを待つという3つがあります。

友人紹介が最も信頼できますが、友人で転職経験ある人は20代だと少ないかもしれません。後は30代の先輩から紹介という形もありますが、30代の転職支援に強い人は20代の転職に弱いということは往々にしてあります。これは、幹部クラスやマネージャーの転職状況にばかり詳しくなり、非管理職のポジションには疎い場合が多いのです。

よって、20代で時間も比較的あると思いますので足を使って色んな人と会うとよいでしょう。

ステップ別:転職エージェントの会い方

20代は能力の低い転職エージェントに騙されてしまう可能性がありますので気を付けてください。20代のエージェントに騙されましたという事案をよく聞きます。また、転職エージェント側はだましたというつもりはなく、なんとなく適当に紹介したという事案があります。騙されたというのは大げさな表現だったかもしれませんが、具体的には、もっと200万円くらい年収がもらえたのに交渉しなかった。業界トップ企業に受かる可能性があったのに受けさせなかった等が該当します。


転職をするかどうかめちゃくちゃ悩め

転職するかどうかは20代のうちは悩んだほうがよいです。経歴が浅いのに転職を繰り返すと信用が置かれない人間になってしまいます。ビジネスの世界は信用が命ですので業界内で下手に評判を落としてしまうと大変なことになります。

転職をするかはしっかりと悩んで考えたうえで転職をしましょう。特に大手企業からベンチャー企業に行く場合は後戻りができない可能性もたかいですので気を付けていただければと思います。

転職することは決まるまで絶対誰にも言わない

転職をすることはたとえ同期でも絶対にだまっておきましょう。転職のことを人に話して得をすることは絶対にありません。噂というものは怖いので尾ひれがついてどんどん広がっていきます。たとえ仲がいい同期でも転職が決まってから会社の正式アナウンスがでる前日に言う程度にとどめましょう。

万が一転職をしないことになった場合に、転職をしようとした事実がいろんなところで広まっていると腫れもの扱いされる可能性があります。

年収がネックなら年収あがるか現職で試してみる

年収がネックになっていたら、交渉の余地が現職であるかもしれません。転職先で~円のオファーが出たので転職しますといえば引き止めのためにお金を積むかもしれません。それで残留するのも後からの印象は決してよくないですがしばらく残ってスキルアップして再度転職することだって悪くない選択肢なのです。

転職先では弱い立場

転職先では弱い立場ということを認識しましょう。人脈も実績もない状態ですのでいくら若いとはいえ無条件でかわいがってくれるわけではありません。つまり、自分で道を切り開く必要があります。よって、積極的に社内人脈を構築し会社に貢献できるという姿勢を見せる努力をしてきましょう。努力をしているという姿勢をアピールすることで転職先の会社が受け入れてくれる可能性が高まっていきます。ぜひ転職先で羽ばたけることを祈っております。

転職エージェントのおすすめを選ぶのは難しい

転職エージェントをしていると、どの転職エージェントがよいかと頻繁に尋ねられます。転職エージェントのおすすめを決めるのは容易ではありません。というのも転職エージェントは人間と人間の対話で付加価値が決まってくるので相性の良し悪しがでてしまうからです。

最低限のエージェントのレベルをチェックしたうえで大丈夫であったら、最低限のレベルの中からエージェントを選んでいきます。

普段私も大手の転職エージェントをまずはすすめていますが、もう少しタイプ別に掘り下げていけたらいいと思っています。また、良い転職エージェントに会うための裏技も含めて今日はしっかりと解説をしていきます。転職エージェントは転職成功のカギをにぎっていますのでぜひ注目してご覧ください。

転職エージェントの心理を読む

まず、転職エージェントがあなたと話している中であなたのことをどう思っているかを考えてみましょう。
-転職意欲もなさそうだしあまり優秀でもなさそうだ
-この候補者はすぐに転職してくれそうだ
-この方は優秀だけど、あまり意思がないので人材不足の企業に送り込もう
-目的も能力も申し分ないので真摯に付き合って転職をサポートしよう
-この人は継続的にお付き合いをしたいのでぜひ、転職に限らず付き合っていこうと思う

こういった感じで、転職エージェントも候補者に対して様々考えるところがあるのです。もちろん、ビジネスですので儲かるかどうかという発想であなたのことを見ているのは当然っちゃ当然なのですが、そのビジネスの中でも考え方は変わってきます。上記の場合、下にいけばいくほど転職エージェントからの評価が高いことになります。

評価が高いとキャリアを考えるにあたって大変参考になる情報をたくさんもらえますのでぜひうまく活用してください。

転職成功の3パターン

転職を成功する場合、3パターンあります。同業界転職で、すでに業界内のことをよくわかっており、自力で情報収集や転職が可能な場合。
次に、普段から人脈が優れており、別の会社で人員が欲しいというときに周りの人たちから声をかけられやすい人。
最後に転職エージェントをうまく活用できる人。
この3パターンが転職成功の多いな要因となります。若い間の転職は業界内のこともよくわかっておらず競合他社の状況もわからないでしょうから、友人や転職エージェントに頼ってください。

友人はあなたに不利益なことは基本伝えませんし、本音でぶつかって、アドバイスをくれるという意味では最高の存在です。友人だけで転職が終わる世界であれば転職エージェントは必要ないと思います。

しかし、多くの人は自分の身の回りのネットワークだけでは情報収集が不十分だと考えて、転職エージェントとあっていきます。

では、転職エージェントを使って成功する人をもっと詳しく見ていきましょう。

転職エージェントを使って転職が成功する場合

転職エージェントを使って転職を成功させる人は、転職エージェントにたくさんあっています。前の章で転職エージェントからも評価が高いといいと伝えましたが、最初に会った転職エージェントに対して評価が高い人はまず少ないです。

はじめて転職エージェントに会う場合は、どんな存在かわからず緊張する人も多いでしょうし、転職のこともわからないのでついつい受け身になります。

しかし、複数人の転職エージェントと会っていくなかで時分の評価というものを客観的にみることができるようになりきちんとしたアドバイスができるようになるでしょう。

よって、転職エージェントに会うこと自体にも慣れが必要なため複数の転職エージェント、だいたい20人くらいは会うようにするとよいと思います。

成功する人はたくさんのエージェントと接する中で自分の売り込み方をしっかりと理解しているため、転職エージェントにとって、候補者の中の優先度が高まりたくさんケアしてもらえます。

シンプルな話ですが転職エージェント活用方法の大事な一歩だと私は考えています。

転職エージェントを使って転職が失敗する場合

転職エージェントを活用して失敗する場合はシンプルです。受け身になりつづけるために、エージェントの言うことを盲目的に信じてしまい、自分の意思がなく転職をしてしまうことです。

軸をもつことが肝要

軸をもつとはどういうことでしょうか。具体的には将来のキャリアから逆算して今は何をすべきかを考えそのためにどういう方向性で転職したらよいかを考えることです。

しかし、こうきくと将来やりたいことはないんだよな、、、と思われる方も多くいると思います。そういったときのために、今やってみたいこと、興味のあることは何かを考え、それを実現するための方法が転職でいいのかを転職エージェントにぶつけてみましょう。

幸運にして転職エージェントはたくさんいますので一人にボロボロに言われたところでまた考えを磨き、もしくは考えをあらため新しい転職エージェントに話をもっていけばいいのです。

おすすめの転職エージェントを聞くときのアドバイス

おすすめの転職エージェントはありませんか?と人に聞く前に、話がうまいエージェント、求人をたくさんもっているエージェント、女性に強いエージェント、と様々な選択肢がないかを聞いてみましょう。

転職エージェントを探していくときは、自分がどんな話をしたいかだけ決めていくとよいです。具体的に~業界でなくても~な人がいいという聞き方でいうのです。

イメージでいくと、彼氏や彼女を探しているから、紹介してほしいと友達に紹介を頼むときの聞き方でよい。それで得意なエージェントがいくつかでてくるでしょう。

特に20人以上あっている知人がいたらその人に聞いてみることをすすめています。