※講演会の動画の公開は2021年3月31日をもって終了しました。
ありがとうございました。
3・11とコロナで起こったことは同じ

今世界中を巻き込んでいるコロナ禍と、10年前の東日本大震災では同じことが起こっています。
それは、家族や友人との分断、買い占め等による食料不足、失業などで起こる経済不安、
いわれのない風評被害、先の見えない将来への不安、未知への恐怖・・・。

3・11で経験したからこそ、その後の自然災害やコロナ禍では
恐怖に支配されることなく行動できました。

昨今頻発する自然災害や収束の兆しが見えないコロナ禍
当たり前と思っていた日常は一瞬で崩れさってしまいます。
その時、自分や大切な人を守るのは情報です。

あの未曾有の大震災から10年。心の復興を目指し必死に走ってきました。
沢山の暖かいご縁に感謝しつつ、その経験と気づきをお話しさせていただきます。

この講演会が、皆さんが直面した困難を乗り越える一助となることを祈って……。

情報が命を左右する

◆原発の爆発直後に降った雨の中、生きるために水を汲んだ
◆支援物資のパンが賞味期限切れで山積みになる一方、食料が入手できず不安に過ごす住民がいた
◆住宅の瓦礫撤去・補助金があるのを知ったのは、締切3日前だった

今ほどネット環境が充実していなかった10年前は、情報を取得すことが大変でした。
現在は情報が溢れ過ぎていて「正しい情報」を選別することが困難です。

「正しい情報」と「元気」を届けるために奔走した10年。
学んだのは「情報が命を左右する」ということでした。
特に非常時には「どう動くか」でその後が大きく変わることを痛感しました。

非常時、信頼できたのは、これまでの自分の経験と知識(情報)、そして信頼できる仲間の存在でした。
「語り・学び・育ち合う仲間」の存在が、いかに心強いか。
一地方に止まらず、今後、その輪を全国・全世界に広げていきたいと、ただいま画策中です。

ご一緒に、どんな災害にもメゲない仲間と一緒に、より良い未来を作っていきませんか?

〈講演テーマ〉

東日本大震災10周年記念オンライン講演会
おかげさまで…
〜10年のご縁に感謝〜
未曾有の大災害から10年。
地震・津波・原発事故の三重苦を強いられた福島県いわき市で
「心の復興」を目指し設立したNPO。
震災・自主避難・そして未来に向け自ら立ち上がった日々。

自宅半壊の中、衣類支援からスタートし、
震災とともに10年の月日を走り続けてきた理事長・植木が
被災者と支援者、両方の立場から
見たこと聞いたこと学んだことの実体験を素に
豊かで幸せに満ちた希望の未来を築いていくお話しをいたします。

開催概要

開催日時
◆オンデマンド配信◆2021年3月末まで視聴可能
視聴用URLはご登録のメールアドレスにお届けいたします。
参加方法
オンライン視聴
参加費
3,900円(税込)
講演内容
東日本大震災での被災・自主避難と10年間のNPO活動の中で得た経験と気づきをお伝えさせていただきます。

・震災発生~ゴーストタウンでの生活~
・現場の景色~自分事と他人事~
・自主避難~人生を変える出会い~
・眼から鱗~スウェーデン視察~
・疑問に遭遇~10年間で感じたこと~

特典映像
【公開済】
『かみさまとのやくそく』監督:荻久保則男監督からの3・11メッセージ
(株)アバンティ 代表取締役会長:渡邊智恵子氏の3・11インタビュー
(同上)渡邊智恵子氏と当NPO理事長:植木の対談〜これから大切なもの〜
胎内記憶第一人者:池川明先生と植木のこぼれ話
参加方法
オンライン視聴

講演会参加方法

<オンライン視聴に必要なもの>

・パソコン or スマートフォン or タブレット
・インターネット環境
・視聴URLを受け取るメールアドレス
Step.1
講演会に申し込む
視聴者1人につき3900円の参加費がかかります
下記申込ボタンより講演会にお申し込みください。
Step.2
視聴用URLを受け取る
オンデマンド配信の視聴URLはご登録いただいたメールアドレスにお送りします。
申込み時にご登録いただいたメールアドレス宛に、
参加費のお振込を確認後、視聴用URLをお送りします。
Step.3
講演会を視聴する
URLをクリックしてパスワードを入力するだけで視聴可能です。
メール記載の視聴用URLをタップし、パスワードを入力すると講演会の動画を視聴できます。
視聴用URLはご登録いただいたメールアドレスにお知らせいたします。
講演会の動画は3月末まで視聴可能です。
Step.2
視聴用URLを受け取る
オンデマンド配信の視聴URLはご登録いただいたメールアドレスにお送りします。
申込み時にご登録いただいたメールアドレス宛に、
参加費のお振込を確認後、視聴用URLをお送りします。

講演会を聞いての感想

震災時、実母と義父の二重介護、長女の初孫出産
心と身体がかちこちになり、 笑えなくなりました。

「情報が命も左右することがある」
「真実の上の安心がほしい」が心に響きました。
スウェーデンの国民を幸せにするしくみはまだわからないのでこれから学びます。
私に一番必要なのは今目の前にいる人が 本当は何が必要かわかる人になることだということがわかりました。
(石田益子さん)

仙台に引っ越したばかりで被災、故郷の福島には放射能が怖くて5年間帰れませんでした

ありがとうございました。
歴史に残る大震災。 それぞれが乗り越えてきたドラマを感じました。 たくさんの方々の労苦があって わたしもここまで来れたと思いました。
物資よりも愛が必要 という言葉が印象的でした。 励まし合う仲間があれば 通じ合う心があれば 乗り越えられることも多いと実感します。
巡り合っている家族に、友に、仲間に、同志に感謝です。
(名木聡子さん)

東日本大震災は日本国民が経験した災害だと思っていました

地震、津波、放射能による被災者である植木さんの講演を聴いて、私は恥ずかしく思いました。 それは、ニュースでこの災害の状況を知った時は信じられない事態に驚き、悲しく、被災者の方々に同情して、募金すること位でこの痛みを共有したつもりになっていた事です。
想像以上の被災の現実、国の支援のあり方、人びとの心情と行動など、知ると悲しくなりました。
スウェーデンのように国民が自分たちの生活は自分たち自身が守るという意識を持つためには女性目線が必要だと同感いたします。
(梶川靖代さん)

仙台に引っ越したばかりで被災、故郷の福島には放射能が怖くて5年間帰れませんでした

ありがとうございました。
歴史に残る大震災。 それぞれが乗り越えてきたドラマを感じました。 たくさんの方々の労苦があって わたしもここまで来れたと思いました。
物資よりも愛が必要 という言葉が印象的でした。 励まし合う仲間があれば 通じ合う心があれば 乗り越えられることも多いと実感します。
巡り合っている家族に、友に、仲間に、同志に感謝です。
(名木聡子さん)

講話者紹介

NPO法人 元気の素カンパニー以和貴
理事長 植木 秀子

昭和35年4月生まれ。
薬剤師として働くも、子供のアトピーをきっかけに【食で健康を】と薬剤師が語る食育講演を開始。わかりやすい、ためになると全国で好評を博す。2014年にはアスタリール・フォーラム2014:家族の明日を考える、アスタキサンチン体験シンポジウムに講師として登壇。また、読売新聞で毎週連載していたエッセイ《ひでむすの元気の素レシピ》は大好評を博し連載は3年10ヶ月・120回にも及んだ。

2011年、東日本大震災での被災を機に【心の復興】を目指して当NPOを設立。「語り・学び・育ち合う仲間づくりで心の復興を成す」を設立目的に、イベント開催250回以上、参加者数は延5000人以上にのぼり、設立2年目にして全NPOの2%に満たない「認定」を取得した実績を持つ。

震災や復興活動の体験談を、早稲田大学の教授会や神奈川県保健医協会、スウェーデン大使館、スウェーデン・ウーメオにあるシュタイナー学校など多くの場で語り伝える。自宅のある福島県いわき市では、日本国内に留まらず、スウェーデンの国会議員やメディア関係者、フランス、フィインランなど海外から「フクシマ」への原発関連視察の受け入れ、アテンドを行う。
地元の中学校や町内会、PTA協議会などと連携したイベントも複数企画・協力を行い、成功へと導く。

2018年からは、心の復興を自らの仕事にも拡大。個人セッションを開始すると、1月で50人の受講者が殺到。現在はエネルギーシフトコーチとして活躍中。

「語り・学び・育ち合う仲間づくりで心の復興を成す」を合言葉に
地震・津波・原発事故の三重苦を背負ったフクシマ県いわき市で
生涯学習を通じ「幸せに生きる」ための情報を届けてきました

10年間でイベント開催数は250回超
イベント参加者は延5,000人以上になりました

これまでの活動

講演会

各方面の第一人者を招いての講演会を毎年開催。お招きした講師(順不同):相田一人氏(相田みつを美術館館長)、故肥田舜太郎先生(内部被曝患者を長年診察し続けた医師)、池川明先生(胎内記憶第一人者)、荻久保則男監督(映画監督)など多数

映画上映&交流会

映画上映と、その映画を見た感想の意見交流会をセットで企画。上映映画(順不同):『核の傷』『パワー・トゥ・ザ・ピープル』『かみさまとのやくそく』『ふるさとがえり』『うまれる』『蘇生』『蘇生Ⅱ』『みとりし』『介護講談』他

ワークショップ

子供から大人、ご高齢の方も一緒に、様々なことを体験できるワークショップを開催。これまでの企画:書道(書の花ツリー、書の動物園)、茶道(なんちゃって茶会)、お料理教室、ショートムービー作成ワークショップ他

車座の会

様々な分野の講師を招いての講話とその後の意見交流会を行いました。講師との距離が近く、意見を深めることが出来ました。特に福祉・教育・持続可能な社会で先進国であるスウェーデンを題材にした学習会は定期的に開催しています。

おかげさまで…

当NPOの5周年記念イベント「おかげさまで…」。その後、年度末恒例イベントとなるも、今年度はコロナ禍で中止に。2020年8月には、地元の福島県いわき市を飛び出し、東京渋谷の修養団ホールからライブ配信にて全国にお届けしました。

おかげさまで…

当NPOの5周年記念イベント「おかげさまで…」。その後、年度末恒例イベントとなるも、今年度はコロナ禍で中止に。2020年8月には、地元の福島県いわき市を飛び出し、東京渋谷の修養団ホールからライブ配信にて全国にお届けしました。

主催
NPO法人 元気の素カンパニー以和貴
お問合せ
genkinomotoiwaki◆gmail.com
※◆を@に変更ください。
お問合せ
genkinomotoiwaki◆gmail.com
※◆を@に変更ください。