IT転職ラボ 

IT転職ラボ|IT企業への転職をサポートする情報サイト

IT企業への転職をおすすめしたい5つの理由
IT企業を知ってわかったこと

転職活動をしていくうえで、「IT企業ってどうなんだろう?」と思っているあなたにおすすめしたい5つの理由をまとめてみました。今の自分が働いてる業界のことは良くわかると思いますが、違う業界になると何となくしかわからなかったり、さっぱりわからないという人も少なくないのではないでしょうか。そんな方はぜひこちらを参考にしていただき、自分の活躍の可能性を見つけだしてみてください!

逆にこちらがあまりピンと来なかったり、良いと思わない方にはIT企業はあまり合っていない可能性もあります。そんな方は別の業界で探しなおすというのも一つの手です。結局は自分に合っていることが一番大事なのです。

それでは順番に見ていきましょう。


働き方が自由な会社が多い

まずはフレックスタイム制の企業が比較的多めの業界と言えると思います。出勤時間や就業時間を自分で決めることが出来るので、平日でも予定が立てやすいのがメリットです。

フレックスタイム制とは始業や就業の時間を社員が自分で自由に決めて働くことが出来る働き方です

私も転職してフレックスタイム制になりましたが、ほんとに働きやすくなりました!時間的に平日は行けなかったお店が行けるようになったり、平日に少し遅くまで飲んでしまっても、次の日が遅めの出社だったり、仕事も効率良く出来るようになりました。

デメリットとしては自分の時間を自分でしっかり管理しないといけないので、自己管理能力がないと仕事も効率が悪くなり、評価にも影響が出ますので給与も上がりづらくなる悪循環に陥ります。そこは気を付けた方が良いでしょう。

二つ目は服装が自由なところが多いです。このあたりは営業の方や普段スーツを着る方は特に感じる部分だと思うのですが、ネクタイが苦しかったり、スーツをずっと着てると疲れてきたり、アイロンもかけないといけないし、シャツやスーツを買い替えるのも結構お金がかかったりと意外と大変な面も多いと思います。それがノーネクタイで問題なかったり、私服勤務OKの営業なんかも結構多いです。

三つ目は副業可能企業が比較的多かったりします。まだ正式にはNGというIT企業も多いですが、業界的には徐々に緩くなってきていると感じます。これからの時代は昔と違い、副業をする人がどんどん増えていくと思います。いち早く副業の波に乗るのであれば、IT企業で働いた方が、気兼ねなく副業に取り組みやすいのではないでしょうか。


風通しが良く、固い人が少ない

IT企業の特徴として、平均年齢が若いです。平均年齢が若いということは上司などの管理職につく方の年齢も他の業界に比べると若いので、昔からのやり方を貫き通す年齢が高めの上司などがあまり多くないです。そして、特に変化の多い業界であり、会社そのものが時代の変化についていかないと会社の存続そのものが厳しいので、比較的に若手の意見にも敏感であり、変化には前向きの会社が多いように感じます。なので風通しが良い会社が多く、固い人も少ないと言えるでしょう。

また、IT業界が急速に伸びてきているのもここ十数年のことです。IT業界に深く関わって来た人でさえ、そこまで年を取っている人はいません。なので社長や部長でさえ、30代、40代そこそこという会社はざらにありますので、平均年齢が若いのです。

反対に昔からある業界や会社では平均年齢も高く、昔からのやり方が根付いていたり、何十年も業界に居る人からすれば、若手の意見を取り入れて自分や会社の考えを曲げるというのはしずらいのではないでしょうか。金融など特にコンプライアンスが厳しいところだと、なかなか風通しを良くすることは出来ないという会社や業界もあると思います。


フリーランスや独立を目指しやすい

フリーランスや独立を目指す際、リスクというものは付きものだと思います。なので皆さんはいかにリスクが少なく独立が出来るかを考えると思います。

IT業界での経験や知識を使ってフリーランスや独立を目指そうとするとPC一つで、場所も選ばず一人で仕事を始めるということが簡単に出来ます。他の業界での独立を否定するわけではありませんが、在庫を抱える仕事だと在庫の仕入れのお金や保管場所の用意、商品を売るための人手が必要になり、売れなかった時の在庫や人件費というリスクが生じます。

場所や人を選ぶ業界では独立のする際のハードルが上がってしまうため、やりたくてもなかなか出来なかったりします。PCと自分の知識で場所も選ばず一人で仕事が出来るIT業界では、独立もしやすいということになります。



若くして役職につくことが可能!

お伝えした通り、IT業界では平均年齢が若く、役職に就く方の年齢も若いため、若い人が役職に就くということが可能になります。業界によっては20代で役職、30代で部長なんてありえないというところもまだまだ多いように感じます。やはり実例がないところではよほど優秀ではない限り、若くして役職につくものは難しいと思います。

なので、実例も既にあり、周りにも若い役職が多いIT業界では、実例がない企業や業界よりも役職を目指しやすい環境となっているわけです。また、年功序列を取り入れている企業も少なく、業界が浅い分知識や経験が長い人も少ないため、努力次第では上を目指しやすくなっているとも言えると思います。


トレンドに強くなりやすい

特に変化の激しい業界のため、会社全体的に高くアンテナを張っており、トレンドに敏感な社員も多いです。誰かが新しいサービスなどを見つければ社内でも共有して、必要に応じて対策をとるなどして社員の個々一つ一つが集まって変化に対応をしていくという企業も少なくありません。

そんな環境に身を置くだけでも新しい情報は入って来やすくなります。そのうち自然とトレンドにも強くなり、自分自身もトレンドに敏感になってくるはずです。


まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はIT業界の会社や仕事を見てきた私がIT業界をおすすめする理由5つに絞ってまとめてみましたが、良い悪いの感じ方は人それぞれです。

上記の理由をふまえ、IT業界が合いそうな人と合わなそうな人の特徴をまとめました。

【合いそうな人】
・自己管理が出来る人
・役職や独立の目標や夢がある人
・変化を好む人

【合わなそうな人】
・自己管理が苦手な人
・機械やPCが苦手な人
・ルーティン業務を好む人

共感できる部分が多く、良さそうだなと感じた方は、IT業界での転職も視野に入れてみるのもありではないでしょうか。会社や業界が変わるだけで、今までとはずっと違う日々を送ることも出来ます。

IT転職で年収を上げるには?
競合他社に行く

一番は競合他社に行くことです。知識、経験ともに一番の経験者としてみてもらえます。

中途採用では当たり前ですが、企業は経験者を探しています。その経験者に一番当てはまるのは競合他社での経験になります。

ただし、職種があまりにも違うと経験者に分類されなくなりますのでそこは注意が必要です。また、企業や業界によっては競合他社への転職を禁止しているところもありますので、転職する前にしっかり確認しましょう。

職種を変えない

業界経験がない場合は職種経験でカバーしましょう。逆に言うと業界も職種も未経験なのが一番年収が上がりにくいです。何故なら、どちらも未経験だと完全な未経験者採用となってしまうからです。

すごく極端に切り分けると、新卒採用との違いはビジネスマナーが身についているかついていないかの違いになります。

そうすると企業側は高い給与を支払ってまでも採用したいとはなかなかなりません。教育コストもかかるうえ、即戦力にはなりにくくなってしまうからです。

業界経験がない方は職種経験でカバーすることにより、年収UPに繋がる可能性はぐんと上がります。年収を上げるには同職種での転職は必然的と言えるでしょう。

どうしても職種を変えたい場合は、類似した職種や経験が活かせる職種を選びましょう。例えば人材紹介会社での経験はIT人事へ転職でも知識や経験は活かせます。しかし、今まで経理の人がエンジニアやデザイナーとかになりたいとなると活かせる経験はあまりありません。

平均年収や給与水準が高い会社選び

働く環境(会社)も年収に大きく関係していきます。わかりやすい例で言うと地域差で最低賃金の違いなど、給与の差は出ます。どうしても東京都は高くなり、地方は安くなってしまいます。

これは業界平均でも大きく異なります。厚生労働省が公開している平成29年の産業別平均年収では男性で<金融業・保険業>では平均467万円なのに対して、<宿泊業・飲食サービス業>では平均271万円です。同じ時代でも業界が違うだけで年間196万円の差が出ます。月に直すと約16万円も違うのでこれはかなり大きいですね。

このように業界での違いもありますが、企業での違いもあります。やはり大手や業績の良い企業では平均年収も比較的に高くなっていることが多いです。その差はピンキリですので、候補の企業が見つかったら調べてみるといいでしょう。

調べ方ですが、インターネットなどで『会社名+年収(平均年収)』で検索すると意外と出てきます。どうしても見つからない場合は転職エージェントを使う、実際に企業に聞くのも一つの手です。

ただし、企業に聞く場合は出来れば内定を取ってからの方が良いです。なぜなら、面接の段階で条件や環境面を聞くとあまり良く思わない企業や人事が多いからです。

資格で上がることはあまりない

逆に上がらない例ですが、IT・WEB業界での転職ではあまり資格で年収が上がることはありません。

これはあくまで私見てきた中ですが、資格により年収を上げたというのはほとんどありません。実際に人事担当とお話していてもあまり資格を求めているような声は聞きません。

ただ、バックオフィスなどの専門職は資格を気にする場合はあります。例えば経理、労務などは簿記や社労士などの資格を気にしている場合はありますので、例外もあります。

転職エージェントを使う

転職エージェント(人材紹介会社)を使うのもの手です。何故なら本記事で紹介したような内容はまずは知っていると思いますし、何より自分からはいいづらい年収交渉も代わりにしてくれます。

ただ、むやみに高い金額を交渉すると仮にそれが通った場合でも入社後プレッシャーが高くなり、働きづらくなったりしますので、注意しましょう。

簡単なことですが、企業は高い給与を払う分高いパフォーマンスを求めるからです。


まとめ

まとめると年収アップを目指すにはいくつかポイントがあります。そのポイントを一つずつおさえることにより、年収UPの可能性は高めることができますので、年収UPを目指したい方はもう一度自分の経験と目指す先を見直してみてください。

ただし、途中でも伝えましたがむやみに年収交渉をするのは禁物です。悪いイメージを持たれてそもそも内定が取れなくなったり、入社後のプレッシャーにより勤務継続が難しくなってしまったりすると本末転倒なので、身の丈にあった交渉をしてくださいね。

何故あげてほしいのか、何故この金額だと少ないのか明確な理由を伝えましょう。

IT転職のリアルな年収事情

IT業界への転職を考えてるけど年収ってどうなの?と思っている方に向けて、私が本業で見てきたリアルな年収情報をお伝えします。

転職をする上でも大事な年収。不安や疑問がある方は参考にしてみてください。



未経験からIT企業へ挑戦する際の年収の相場

私は今まで業界未経験でIT企業へ転職する方を何人も見てきました。その中で一番多い年収帯をお伝えしたいと思います。

リアルなところをお伝えすると年収300万円~450万円で決まる人が圧倒的に多いです。もちろん経験や前年収、受かった企業によって多少は異なります。実際にこれらの条件で転職をした人の特徴や、転職先の情報は以下の通りです。

転職した人の特徴

・20代~30代前半
・高卒以上
・営業系、バックオフィス系、販売系などの経験
・上記の経験が1年~3年程度

転職先の特徴

・社員数が数十名~数百名
・上場企業も含む
・年に数名~数百名の採用数
・募集求人の年収が300万台~600万台幅の求人


求人票の気になる年収幅

上記で述べた”転職先の特徴”の一番最後を気にして欲しいのですが、よく求人を見ていると年収300万~600万などの記載を見ることがあると思います。結構幅があり、結局どれくらいだよと思うかもしれませんが、基本は低い側の年収に着地することがほとんどです。

この場合は300万円~350万円で決定するのがリアルなところです。よっぽど良い会社や面接時の評価が高い場合で400万円いけば良い方だと思います。

なので募集求人の年収に幅があるなと感じた場合は、まず下の方になると思っておくのが無難でしょう。(業界未経験者は特にです・・)

この手の求人では未経験者もOKだけど、経験者なら大歓迎としている場合が多いので、簡単に言うと上の方の年収は経験者向けということです。なので業界未経験で挑戦する場合は、基本下の方の年収となるということです。



IT転職で年収が上がりやすい人の特徴

ではIT転職で年収を上げるのは難しいのか?しっかり上がる人がいるのも事実です。転職ができた人の中で、年収が上がった人のみを絞ってみていくとこんな感じです。

・前年収が450万円以下の方
・年齢が20代の方
・職種経験が2年以上ある方

やはり現年収が高すぎたり、年齢が上がるにつれて難しくなっていきます。結局は現在の経験が年収UPに一番繋がります。

業界知識がない分を補うのは職種知識と経験です。営業マンであれば営業経験ですし、人事担当であれば人事職経験です。これらの職種経験は業界知識がなくても、代用して活躍できる大きな要素の一つです。

企業は人を採用する際に業界経験がない分をどこで補えるかを判断するのに職種経験を見ます。転職の際に絶対年収は下げたくないけど、経験が2年未満の方は現在の会社でもう少し頑張ってみるのもありかもしれませんね。



IT転職で年収が下がりやすい人の特徴

それでは逆に年収が下がりやすい可能性がある人の特徴ですが、以下になります。

・現年収が450万円以上
・年齢が30代以上
・職種の経験が少ない、またはない
・前職で証明できる成果がない

一点だけ注意してほしいのが、前職で証明できる高い成果があっても年収が上がらないことはあります。それは成果が高すぎるとその分年収が高くなるからです。特にインセンティブが出るような業界の方は注意した方がいいです。

例えば不動産や保険業界の方ですね。こういった業界では実績に応じてインセンティブ支給をしている会社も多く、トップセールスとなると20代でも年収1000万円以上を稼いでいる方は結構います。

逆にそこまで稼いでしまうと会社としては優秀な方とわかっているが、そこまで年収を出せませんとなる企業が増えるので、年収が下がる可能性は高いです。

ただ、まったく経験や実績がないのも企業にとっては採用する際の不安要素になるので、年収が下がる傾向にあります。

現年収と年齢を変えることは出来ないですが、経験と実績であれば変えることが出来るので、今のままだと不安と感じる方は、今の会社での実績値を作ってから転職を始めるのもありでしょう。


まとめ

結局何が言いたいかと言うと、「転職での年収UPは簡単ではない」ということです。経験もないのに高い給料を払ってくれる会社はほとんどありません。給与が上がるということは明確な理由があります。

いかに自分の理由づけを出来るかが年収UPには大事なことです。面接での評価や前職での評価が理由づけにあたりますので、本気で年収UPを目指す方は少なくてもこの2点を意識してみてください。

ここまで読んでくれた方に、年収UPの可能性が高い企業を探すための簡単なこつをお伝えします。それは会社の平均年収です。会社によっては「会社名 平均年収」とかでインターネットで検索すると出てくるところは出てきます。特に上場企業は出ますね。

会社業績や現在の社員の平均年収によって、上がりやすいところとそうではないところの特徴もあったりするので、参考にしてみるのもありだと思います。ただ、平均年収が高いところは優秀な方も多く選考ハードルは高いので、バランスが大事ですね。


転職回数が気になる方へ
そもそも転職回数って?

まず転職回数って何?アルバイトは転職回数に入るの?という方に向けて転職回数の基本的な考え方をお伝えします。
転職回数は以下の方法で求めることが出来ます。

転職回数=正社員で在籍した会社-1

まず、正社員での転職を目指す際にはアルバイトの経験は転職回数に入れません。正社員での経験社数を転職回数に数えますので、履歴書や職務経歴書には基本的に書かなくても大丈夫です。ただし、アルバイトの期間が長い場合やアルバイトの経験がアピールできそうな場合は職務経歴書に書いておくのをオススメします。



転職回数が多くてもごまかすのは絶対NG

転職回数が多かったり、在籍期間が短かったとしても回数をごまかすのは絶対NGです。履歴書や職務経歴書、面接では事実をしっかり伝えましょう。

嘘を記載したり、面接で嘘を話すと最悪の場合経歴詐称になります。経歴詐称がばれると内定を取り消されたり、入社後の場合は解雇になる可能性もありますので、絶対にしないようにしましょう。

ちなみ企業によっては内定後や入社後に調査会社などを使って、事実確認をするところもあります。



転職回数って何回からが多いの?

企業や人事担当によって多いと感じる回数は異なります。年齢や学歴にもよって異なります。ただ、人事担当の方とお会いしていると比較的に意見が多い回数はありますので以下を参考にしてみてください。

20代の場合

20代では3回が多いという意見は多い。転職回数が3回だと、さきほどお伝えした式から考えると経験社数が2社あり、2社目に在籍中に転職活動を行うと3回目の転職活動になります。もしくは2社目を退職済みの場合も同じです。

大学を卒業してから就職をすると基本は22~23歳の時に就職すると思います。そこから7年で経験社数が3社あると多いというわけです。

7年で2社ですと、1社あたり平均3年半になりますね。まだまだ日本は厳しめに見ている企業が多いので、可能な限り3年半以上の勤続は目指した方がいいですね。

30代の場合

30代では20代から+1回で4回は多いという意見が多いです。こちらもさきほどと同様に経験社数が3社で4社目を探していると多いというわけです。

ちなみにIT企業の場合は年齢がこれ以上上がろうが4回は多いという意見はあまり大きく変わりません。現代では年齢問わず4回を一つの節目と考えておいた方がいいかもしれませんね。

今後は今以上に働き方はどんどん変わっていくと思いますので、転職回数が多い=不利みたいな風潮が早くなくなるといいですね・・・。


最終学歴が高卒や専門卒の場合

さきほど伝えた転職回数は特に学歴を気にせず年齢のみだけで考えた場合で、基本は大学卒を想定しています。なので高卒や専門卒の場合はそれぞれの年齢+1社ぐらいであれば多めに見てもらえることもあります。

最終学歴が高卒や専門卒となれば、大卒に比べても早いと4年も早く働き始めることになりますので、その分大卒の方と比べても経験社数が増えてしまうのは仕方ないこととして見てくれる場合もあります。


転職回数が多い場合の対策

転職をするということは様々な理由があると思います。その理由を周りから見たり聞いたりしたときに納得できるようなものにしましょう。

面接官に「それなら仕方ないな〜」と共感を得ることが大事です。転職回数を企業が気にするのはほとんどの場合がうちでもすぐ辞めてしまうのではないかという心配と経歴では見れないストレス耐性についてを確認することが多いのです。

ようはどちらも心配ないですよと伝え、納得してもらうことができれば良いわけです。

共感を得やすい退職理由を伝える

共感を得るためには転職、退職をしなければ変えることが出来ない事実があったということを理解してもらうことです。

キャリアアップを目指す上で今の会社では出来ないこと、勤務継続が困難な明確な理由などは共感を得やすいポイントです。

例えば・・

・○○の経験をしたいが、この会社ではそのポジションがない
・マネジメント経験を積みたいが、会社が人を増やす予定が当分ない
・どうしても地元に戻らないといけないので、通えなくなった
・給与未払いや遅延が続き、生活が出来ない

どうしても思いつかない人はこちらに当てはめて考えてみてください。


あらかじめ職務経歴書に理由を書いておく

どうしてもうまく話せない、突発的な質問への対応は苦手と思う人は、職務経歴書にあらかじめ書いて置くのもひとつの手です。

また、職務経歴書に記載することにより、理由が明確で仕方ないと思ってもらうことができたら、書類選考の段階で落ちないで済む場合もあるので一石二鳥です。

経験社数が3回以上あるのであれば、職務経歴書に記載しておいてもいいかもしれません。ただし、面接で深掘りされる可能性は十分にありますので、聞かれたときには答えられるようにしておきましょう。



まとめ

転職回数を気にする企業や人事担当はまだまだ多いです。言うまでもないですが、一番の対策は転職回数をむやみに増やさないことです。

ただ、嫌なのに無理に続けるのもなかなか大変だと思いますので、転職回数に不安があるのであれば本記事を参考にしてみてください。

ちなみに人や周りのせいにするネガティブ要素が多い転職理由はどこの企業や担当も嫌いますので、間違っても人や周りのせい、単純な理由だけでネガティブ要素だけになってしまわないように注意しましょう。

「人が嫌だった・・」「会社が嫌だった・・」だから1社目も2社目も辞めたという人を魅力に感じますか?あなたが社長、人事担当だったら採用しますか?

と単純なことです。受ける側ではなく、採用する側の立場になって考えてみれば面接はそこまで難しいことでもないです。転職はゴールや目的にせず、手段として考えてみてください。