風通る、和紙の
ロールスクリーンが、

Makuakeに登場。

「まぶしくない、けれど心地いい」
日本独特の概念「木漏れ日」を
あなたのお部屋をもたらす
「糸落水®」のロールスクリーン。


2020年1月17日、
日本最大級のクラウドファンディング「Makuake」で、
新製品立ち上げプロジェクトがスタートします。

「木漏れ日」を生み出すロールスクリーン

この和紙でできたロールスクリーンは、「糸落水®︎」という当社が独自に開発した、和紙と糸の組み合わせだけで作った素材からできています。
これは従来の和紙の風合いをそのままに、美しさと強さを向上させた新しい和紙素材。不規則な濃淡と落水の透過部分による絶妙な透け感で、カーテンや既存のブラインドとは違った自然な優しさで光を通します。ロールスクリーンなので、巻き上げ量で光の入り具合の調節も簡単。

まるで木漏れ日のような心地よい明るさの空間を、お部屋に生み出します。

お部屋の空気を和らげる、天然の空気清浄機能。

自然素材でできている和紙は呼吸をしています。

そのため「糸落水ロールスクリーン」は、なんと部屋の中に発生する有害物質まで吸着します。お店やオフィスでもより快適な空間に。

アセトアルデヒドは89%, アンモニアは59%も吸着します。
※検知管法による評価。250mm×250mmの試料を使用した24時間後の吸着率。

明るさと雰囲気を調整できる、「ダブルスクリーンモデル」もご用意。

通常の糸落水のスクリーンに加えて、「凧紙」から生まれたスクリーンを装着した「ダブルスクリーンモデル」もご用意。
2つのスクリーンを上げ下げして、明るさと雰囲気を自由に調整できます。夏場の強い日光を遮りたいとき、夜間など外からの視線が特に気になるときにオススメ。

「糸落水®︎」のもつ雰囲気を妨げず、より幅広いシーンで活躍できるモデルです。

お得な特典!

【最大20%off】
今回のクラウドファンディングでは、どこよりも早くお得に「糸落水®ロールスクリーン」が手に入ります。

今回新製品立ち上げに伴い、日本最大級のクラウドファンディングプラットフォームMakuakeにて、1月17日から限定先行販売プロジェクトをスタートします。

リターン(返礼品)には、もちろん「糸落水ロールスクリーン」をご用意。ぜひご覧ください。

金長特殊製紙株式会社

「和紙は今もなお人々の生活を豊かにできる」と信じて。
慶応四年創業。
日本一の障子紙の生産地山梨県市川三郷町で、特殊な製紙技術を用いた和紙製品や障子紙を作り続けています。
この「糸落水®︎」も、当社の経験と知恵を駆使した製紙技術の結晶。
「和紙は今もなお人々の生活を豊かにできる」と信じ、今の時代のライフスタイルに合った革新的な和紙製品をこれからも生み出していきたいと考えています。

専務取締役 一瀬浩基