ハーバード大学を参考にした、
「話して学ぶ」学習塾


日本の学校や塾では得られない、
学問的・社会的スキルをここで!

「何を学ぶか」ではなく
「何を通して学ぶか」

 少数派の観点や意見が新しい価値を生み出すというようなことは、社会現場において多々あることです。しかし、日本の教育現場に立つ学校や塾の"先生"にとって、そのような意見を持つ生徒は「扱いづらい」みたいです。なぜなら、授業の進行が遅れてしまうからです。言い換えれば、日本における多くの"先生"が重視するのは、授業の「深さ」ではなく「速さ」だということです。

 多くの生徒は、それに屈する形で(悪い意味で)従順になります。いつの間にか、多数派の意見に合わせる習慣がつき、エネルギーも下がり、受動的になります。「やらされる勉強」を行うようになります。それは、「考えないアタマ」が育つことを意味します。にも関わらず、社会に出た瞬間から、「自分の頭で考えろ」「自分の意見を持て」「指示待ち人間になるな」と言われるようになります。

 学校や塾、教師の存在意義は何なのでしょうか?我々大人は、子供達とどのように向き合っていくべきなのでしょうか?子供の知的好奇心を殺しては絶対にいけません。伊東ディベート塾は、子供たちの「なぜ?」から始まる知的好奇心の海を、ディベートを通じて共に航海します。

 中学・高校受験予定の有無、他塾との掛け持ちの有無、一切問いません。ディベート学習というのは、全てにおいて役に立つからです。

伊東ディベート塾では
主に、以下2つのステップを通じた
学習活動を行います

①超対話型講義

ハーバード大学「白熱教室」を参考にし、生徒を議論に参加させる講義スタイルを展開します。生徒たちにとって、親しい友人やクラスメイトの前で意見を言うのには、強い勇気が必要です。そして、意見を言うだけでなく、なぜそう考えるのかの議論を展開し、また反論を受ける覚悟も必要です。これが出来るようになれば、学習効率の向上に加え、新しい価値を生み出す未来のビジネスマンとしても大きな力を発揮することが出来ます。

②ディベート
伊東ディベート塾での「ディベート」とは、勝ち負けを決めるものではありません。新たな考えを創造することを目的とした、「知に基づいたコミュニケーション」を意味します。知識を「詰め込む」のではなく、知識を「使う」練習であり、また、それこそが「深さ」であり、かつ「真のコミュニケーションスキル」だと考えています。それに加え、思考力・教養力・洞察力等をも徹底的に鍛え、グローバル化社会を生き抜く人材の育成ならびに21世紀型教育へのスムーズなシフトを実現させます。
②ディベート
伊東ディベート塾での「ディベート」とは、勝ち負けを決めるものではありません。新たな考えを創造することを目的とした、「知に基づいたコミュニケーション」を意味します。知識を「詰め込む」のではなく、知識を「使う」練習であり、また、それこそが「深さ」であり、かつ「真のコミュニケーションスキル」だと考えています。それに加え、思考力・教養力・洞察力等をも徹底的に鍛え、グローバル化社会を生き抜く人材の育成ならびに21世紀型教育へのスムーズなシフトを実現させます。

6つの力を効率的に鍛えます

「真」のコミュニケーション能力
「話す力」だけでなく「聴く力」も鍛えます
論理的思考力
筋道立てて物事を考え、相手に伝える能力を鍛えます
批判的思考力
物事の問題点を捉え、それを解決する能力を鍛えます
分析力
物事を1つ1つ整理して捉え、それらを明確に分けて考える能力を鍛えます
洞察力
物事や人を深く鋭く観察する能力を鍛えます
教養力
物事を幅広く客観的に捉える能力を鍛えます
教養力
物事を幅広く客観的に捉える能力を鍛えます

どんな方が対象?

  • 小学5年生・6年生
    (中学・高校受験予定の有無、一切問いません)
  • 小学5年生・6年生
    (中学・高校受験予定の有無、一切問いません)

創設者

伊東 大貴
一般社団法人学生生き方研究所代表理事。中央大学法学部国際企業関係法学科に在学しながら、某大手学習塾の講師を務める。社会人経験・就職活動経験などを通じ、「学校で学ぶこと」と「社会で求められること」の間の大きな乖離に疑問を持ち、この「伊東ディベート塾」を設立。
関戸 明夫
ギグワークス株式会社(旧:スリープログループ)取締役会長。早稲田大学商学部卒業後、マサチューセッツ工科大学M.B.A.(Fulbright scholarship)取得。アメリカMBA留学、会社経営等の経験を通じ、現在の日本教育に警鐘を鳴らす。
Ellie  Yamamoto

アリゾナ州立大学にてEducational Studies(教育一般学)を専攻し、TESOL Certificateを取得。現在は、アリゾナ州立大学大学院にてTESOL(他言語話者に対する英語教授)を取得中。

関戸 明夫
ギグワークス株式会社(旧:スリープログループ)取締役会長。早稲田大学商学部卒業後、マサチューセッツ工科大学M.B.A.(Fulbright scholarship)取得。アメリカMBA留学、会社経営等の経験を通じ、現在の日本教育に警鐘を鳴らす。

まずはお気軽にお問い合わせ下さい

無料説明会・体験授業等も実施しております。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信