なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

糸田町役場 地域振興課 (担当 春本) TEL. 0947-26-4025
糸田町で初開催!! 
糸田町おためし協力隊 大
ITODA OTAMESHI CAMP 2021 
4/24~26 (2泊3日)
センパイ移住者と焚き火を囲んで語ろう

「糸田町おためし協力隊」とは?

 糸田町地域おこし協力隊の求人へ応募済の方(応募検討中の方もOK)を対象に、糸田町で2泊3日の地域体験ができる「糸田町おためし協力隊」の参加者を募集しています。現役の糸田町地域おこし協力隊や担当職員に詳しい話を聞いたり、地域住民との交流、陶芸・そば打ち体験、アウトドア体験、プチ観光など様々な地域体験プログラムが用意されています。糸田町のことや地域おこし協力隊に興味がある!でもどんなことをするの?自分に合うかな?すこし不安!というお声にお応えして、「おためし協力隊」を実施します。

 開催日程は4/24~26。応募期限は4/20まで。定員は最大5名。当選発表は4/21です(選考あり)。参加費は無料(往復交通費は参加者負担)。おためし協力隊の終了後の4/26午後に、希望者は二次面接を受けられます。一度の訪問で最終面接まで受けられるので遠方の受験者の負担が軽減されます。
【求人】糸田町では6月から一緒に働ける協力隊の仲間を募集しています
糸田町多目的施設「いとよーきた」を拠点にデザイナー、もしくはイベントディレクターとして活動してくださる新しい糸田町地域おこし協力隊を募集しています。求人にエントリーする前に「おためし協力隊」を使って、糸田町での暮らしや働き方を体験することができます。採用後に「イメージと違った」ということを防ぐことができると思います。求人に応募された方はもちろん、応募検討されている方もぜひ「おためし協力隊」へご参加ください。

【求人】デザインの力で地域の魅力を再編集するデザイナー

糸田町ではデザイナーとして活動してくださる地域おこし協力隊を新たに募集しています。あなたの経験とセンスを地域は必要としています。実務経験3年以上の方は大歓迎いたします。実務経験はあまりないけど、デザインの仕事が好きでスキルアップにチャレンジしたい方も対象です。どしどしご応募ください。

【求人】関係人口を増やすイベントディレクター

糸田町ではイベントディレクターとして活動してくださる地域おこし協力隊を募集しています。2020年度は「動く町長室」をはじめ様々な企画を実施しており、新聞に取り上げられた回数は11回を数えます。

糸田町ってどんな地域?

糸田町について
糸田町は田川郡にある福岡で二番目に小さな町です。人口は8,879人。8平方kmの平野にのどかな田園風景が広がっています。町の産業は一次産業が主。町内には商店街、コンビニ、宿泊施設がありません。福岡市まで1時間、北九州市へもアクセスがよい場所にあります。
糸田町のあれこれ
・漂泊の詩人、種田山頭火が糸田町の支援者・木村緑平の元に滞留し、詩を残しました
・井上陽水さんが少年時代を過ごした町です
・1960年代までは産炭地として栄えていました
・中元寺川の桜並木、金山アジサイ園のアジサイが有名です

糸田町おためし協力隊は中止になりました

ご応募はリンク先のお申込フォームより受付いたします。応募時に選考がございます。糸田町地域おこし協力隊に応募(検討)する理由と、希望する活動(ミッション)をかならずお知らせください。(選考の資料となります)。

開催日程:
参加対象:糸田町地域おこし協力隊に応募している人(応募検討している人も可)
参加条件:3日間通しで参加できること
参 加 費:無料(糸田町までの往復交通費は参加者負担)
参加定員:最大5名
応募期限:
当選発表:

糸田町おためし協力隊の体験プログラム (4/24~26) →中止になりました

4/24(土)
12:00 糸田町多目的施設「いとよーきた」に集合
オリエンテーション・アイスブレイク
12:30 ランチミーティング 地域のキーパーソンと会食
13:30 糸田町見学ツアー(ふれあい市、金山あじさい園、新烏尾公園、道の駅いとだ)
15:00 地域資源でなにができるかを夢想するワークショップ
15:20 糸田町地域おこし協力隊のプチ活動報告会
16:00 田川伊田駅舎ホテルへ移動。近くの伊田商店街の散策。近くに松原温泉もあります。
18:00 夕食~交流会~地域おこし協力隊・担当職員と語る
4/25(日)
8:30 朝食
10:00 糸田町の窯元で陶器作り体験(ろくろ体験)
11:00 そば打ち体験
12:00 手打ちそばランチ
13:00 田川エリアの地域資源を見るツアー(石炭記念館、香春岳、商店街、道の駅など)
16:00 キャンプ場へ移動(コテージ泊)
17:00 ソウルフード、田川ホルモン鍋をみんなで作ろう料理ワークショップ
18:00 交流会~施設内に温泉もあります
4/26(月)
8:00 キャンプ場で朝食
9:30 好きを仕事に!?ワークショップ in 糸田町役場
(着任後に協力隊として得意を活かして何をするか?を考えるワークショップ )
11:00「糸田でやりたいこんなこと」発表会
11:30 日報とアンケート提出
12:00 解散

(※希望者は午後から二次面接を受けられます。事前に求人にエントリーする必要があります)
4/25(日)
8:30 朝食
10:00 糸田町の窯元で陶器作り体験(ろくろ体験)
11:00 そば打ち体験
12:00 手打ちそばランチ
13:00 田川エリアの地域資源を見るツアー(石炭記念館、香春岳、商店街、道の駅など)
16:00 キャンプ場へ移動(コテージ泊)
17:00 ソウルフード、田川ホルモン鍋をみんなで作ろう料理ワークショップ
18:00 交流会~施設内に温泉もあります

例えば、こんなメリットが


事前に糸田町の協力隊や担当職員、地域住民と顔を合わせて雰囲気を知ることができるので、ミスマッチが少なくなります。
糸田町や田川エリアの地域資源や観光地、歴史、ショッピング、キャンプ場など実際に見ることができます。糸田町が想像以上に便利な場所にあることがお分かりいただけます。
地域おこし協力隊の活動内容を聞いたり、職場となる「いとよーきた」の居心地を自分の目で確かめることができます。
一日目の夜はレトロな町並みの中にある田川伊田駅舎ホテル泊。寝台列車をモチーフにした客室が旅気分を盛り上げます。車窓から列車が見えます。夕食会場もホテル併設のため移動が楽です。宿のスキマ時間にも職員とコミュニケーションを取れます。近くに温泉もあります。
地域の人々とお話したり、陶芸・そば打ちなど体験することができ、糸田町に移住後の生活をイメージしやすくなります。
都会の喧騒を離れて、キャンプ場で焚き火を囲んでChill Out。ロッジでリラックスしながらコミュニケーション。2泊3日のプライスレスな体験の参加料は無料。糸田町の本気を感じ取ってください。
地域おこし協力隊の活動内容を聞いたり、職場となる「いとよーきた」の居心地を自分の目で確かめることができます。

新しい仲間へメッセージ

糸田町にオシャレ旋風を巻き起こしてください
(前)担当職員 森下
仕事は楽しく。ゆったり田舎暮しを楽しみながら、「いとよーきた」でノビノビと、自由な発想で活動を作っていきましょう。
地域おこし協力隊 吉田
役場の職員の方も地域の方も本当に良い人ばかりで、よそ者でも暖かく迎えてくれます。一緒に糸田町を盛り上げましょう。
地域おこし協力隊 松元

よくあるご質問

  • Q
    糸田町地域おこし協力隊に応募予定ですが、この日程ではあいにく都合がつきません。おためし協力隊に不参加だと合否に影響しますか?
    A
    おためし協力隊に不参加であっても採用試験の結果には影響しません。あくまで一次の書類選考、二次の最終面接で本採用は決定されます。おためし協力隊に参加できない場合でも、事前にZoomを使った移住相談や、Zoomを使っての職員への質疑応答ができます(要予約・時間調整)。どうしても来町が難しい場合は最終面接をZoomで行う場合もあります。ご安心ください。
  • Q
    おためし協力隊は参加費無料ですか?
    A
    2泊3日のプログラムで提供される体験プログラム料、朝食2食、昼食2食、夕食2食、2泊分の宿泊料は糸田町が負担いたしますので無料です。お住まいの場所から糸田町役場までの往復交通費は参加者さまがご負担ください。陶芸体験で自分の作った陶器を焼いて送付してほしい方は実費をご負担ください。
  • Q
    2泊3日のうち2日目だけに参加したいのですが可能ですか?
    A
    お試し協力隊は「2泊3日」の地域体験になっておりますので、3日間通しで参加できることが参加条件となります。あらかじめご了承ください。
  • Q
    3日目は早く帰らないといけないため、二次面接を受けるのが時間的に難しいです。
    A
    3日目の午後の二次面接は希望者が対象です。後日にも二次面接の日を設定しておりますので、別の日程をご利用ください。再度の来町がどうしても難しい場合はZoomで二次面接を行います。
  • Q
    コロナ対策はどうなっていますか?
    A
    三密を避け、マスク着用、手指消毒、換気、検温など感染症対策を行います。いとよーきたはプラズマクラスター空気清浄機が稼働しています。コロナが原因で福岡県に緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が発令された場合は、おためし協力隊は延期となりますのでご了承ください。
  • Q
    おためし協力隊に参加するメリットは何ですか?
    A
    本採用の前に、糸田町の環境を体感できます。担当職員とたくさん話して、メールでは聞きづらいことまで質問できます。採用後の活動を具体的にイメージできることで、ミスマッチを防げるはずです。現役協力隊にリアルな話を聞いたり、今後どんな事業を一緒にできるかイメージしやすくなるはずです。参加者の側が糸田町を面接する、くらいのつもりで来てください。
  • Q
    糸田町地域おこし協力隊の求人にエントリーする前の段階ではおためしへ応募できませんか?
    A
    ご応募できます。糸田町地域おこし協力隊の求人に応募を検討されている方も対象です。おためし参加後に求人へエントリーしたくなったら正式にご応募ください。4/28締切のため、おためし後にすぐに履歴書を書いていただけば間に合います。
  • Q
    3日目の午後に二次面接を受けたいのですが、どんな準備が必要ですか?
    A
    4月20日までに糸田町地域おこし協力隊の求人にエントリーして、一次審査の書類をご提出ください。3日目に二次面接を受ける際、スーツを別途持ってくると荷物が多くなると思われますので、服装自由(オフィスカジュアルやジャケパンスタイル)で受けられるようよう配慮いたします。
  • Q
    マイカーで糸田町へ移動したいのですが駐車場はありますか?
    A
    糸田町役場の駐車場をご利用ください。こられる際に連絡いただけたら、場所をお知らせいたします。駐車料は無料です。おためし協力隊の期間中の移動はすべて町役場で用意した公用車で行います。
  • Q
    3日目の「好きを仕事に!?ワークショップ」は初耳です。どんな内容ですか?
    A
    糸田町地域おこし協力隊の吉田隊員がオリジナルで開発したワークショップです。ワーク表を埋めていくだけで自分の「好き」と「得意」が整理され、好きと得意を掛け合わせて新しい仕事(事業)を考えるワークです。(ちなみにおためし協力隊の2泊3日の体験プログラムも吉田隊員が考案しています。ヤル気があれば何にでもチャレンジできるのが糸田町です。)
  • Q
    おためし中の服装はどんなものがよいですか?
    A
    陶芸などの地域体験やBBQや料理などがありますので、汚れてもよい・動きやすい格好がよいでしょう。部屋着や寝間着としてジャージがあると便利かもしれません。
  • Q
    宿泊施設はどんな感じですか?
    A
    1日目は田川伊田駅舎ホテルです。2日目は源じいの森キャンプ場のロッジに宿泊予定です。ロッジ内にキッチン、シャワー、トイレがあり、ふとんで眠れます。いずれも男女は別室となります。近くに温泉があるので、夕方の自由時間に自費で温泉に入りに行くこともできます。
  • Q
    今回は中止とのことです。また開催される予定はありますか?
    A
    残念ながら今回はコロナの影響で中止になりました。またコロナが落ち着いた時期に「糸田町を体験していただく」ことを目的に開催できるよう準備をすすめて参ります。
  • Q
    2泊3日のうち2日目だけに参加したいのですが可能ですか?
    A
    お試し協力隊は「2泊3日」の地域体験になっておりますので、3日間通しで参加できることが参加条件となります。あらかじめご了承ください。

糸田町おためし協力隊に応募する→中止です

地図

交通:福岡市から自動車で約70分
最寄り鉄道駅:糸田駅(平成筑豊鉄道)徒歩15分
西鉄高速バス(急行):「道の駅いとだ」下車徒歩25分

お問合せ先

糸田町役場 地域振興課 (担当:春本)
〒822-1392 福岡県田川郡糸田町1975番地1
TEL: 0947-26-4025 FAX: 0947-26-1651
URL: http://www.town.itoda.lg.jp/