なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

本セミナーは終了いたしました。
たくさんのご参加、誠にありがとうございました。

なお、本セミナーアーカイブの視聴のお申込みを受付しております。
ご希望の方は、下記のボタンよりお申し込みください

COVID-19時代における
感染対策の在り方

医療従事者
向け
オンライン
セミナー
参加無料
参加無料

今、最前線で闘う
医療従事者の皆様へ

コロナ禍において皆様はそれぞれ
不便な生活を強いられていらっしゃることと思います。
本講演ではCOVID-19患者の目線から
見た患者情報管理の現状と問題点について、
そして、これからまだ続くかもしれないコロナ禍において、
いかに感染対策の力を活かすかについての
視点の切り替え方と
実際の取り組みについてお話したいと思います。


講師
奈良県立医科大学感染症センターセンター長 
笠原 敬


fight COVID19マスクの写真

セミナーでお伝えすること

  • 新型コロナウイルス感染症の発症から治癒までの情報管理の現状と問題点
  • 物事を中止・延期するのではなく「可能にする」ための感染対策の考え方
  • 感染対策チームの負担を大幅に軽減!感染制御支援システムとは
  • 新型コロナウイルス感染症の発症から治癒までの情報管理の現状と問題点

講師プロフィール

奈良県立医科大学附属病院感染症センターロゴ
奈良県立医科大学附属病院感染症センター長笠原敬先生写真
プロフィール
1999年4月 奈良県立医科大学卒業、同年奈良県立医科大学附属病院第2内科(呼吸器・感染症・血液)
2001年4月 奈良県立医科大学大学院入学
2005年4月 奈良県立医科大学大学院修了(学位論文テーマ:肺炎球菌感染症の分子疫学)
2009年4月 ペンシルバニア大学留学(感染症・微生物検査)
2010年4月 奈良県立医科大学感染症センター講師、感染管理室長
2019年7月 奈良県立医科大学感染症センター病院教授、センター長
2020年4月 奈良県立医科大学MBT(医学を基礎とするまちづくり)研究所兼務

開催日時

2021年10月22日(金) 16:00~17:00
(終了しました)

セミナープログラム

会議をする看護師の写真
新型コロナウイルス感染症の発症から
治癒までの情報管理の現状と問題点
COVID-19のパンデミックにより感染対策に関わる情報管理の課題が浮き彫りになっています。困難が多い状況にあっても適切な情報管理のために必要な考え方や、負担が大きい厚生省・保健所への届け出対応をスムーズにこなすコツなど、いま医療現場で役立つ情報をお話しします。
医療者と未来の写真
物事を中止・延期するのではなく
「可能にする」ための感染対策の考え方
イベントや学校行事だけではなく、離れて暮らす家族との交流までも難しくなってしまった昨今。すべてを中止・延期するのではなく「可能にする」ための方策を模索することが求められています。地域連携活動に取り組む医療者の立場から、今後の取り組みや目指す未来についてお話しします。
医療者と未来の写真
物事を中止・延期するのではなく
「可能にする」ための感染対策の考え方
イベントや学校行事だけではなく、離れて暮らす家族との交流までも難しくなってしまった昨今。すべてを中止・延期するのではなく「可能にする」ための方策を模索することが求められています。地域連携活動に取り組む医療者の立場から、今後の取り組みや目指す未来についてお話しします。
アイテック阪急阪神池田氏写真
感染対策チームの負担を大幅に軽減!
感染制御支援システムとは
講演時間:10分
講  師:アイテック阪急阪神株式会社 池田 雄一朗
いま医療従事者の皆様が、未知の体験、限られた情報の中で、
意思決定し続け、結果責任をとり、未来を切り開かれているというご重責、本当に大変なことと推察いたします。
我々アイテック阪急阪神は、少しでも皆様の負担を軽減し、質の高い感染対策に役立てていただくため、日々開発に取り組んでいます。今回は10年の運用実績を誇る感染制御支援システム「ICT Mate」の概要と最新の機能についてご紹介します。

アーカイブ視聴概要

視聴期限 視聴期限は設けておりませんが、予告なく変更する場合がごさいますので、ご了承ください。
所要時間 60分
料金 このページからのお申し込みは無料です
お申し込み方法 「アーカイブ視聴お申込みはこちら」のボタンよりお申し込みください。順次、配信URLをメールにてご案内いたします。
注意事項 ・当社競合にあたるなど当方で判断した場合は、お申込みをお断りする可能性がございます。
・御施設内での情報共有にあたり、視聴URL・パスワードを共有いただくことは可能です。 
・共有は御施設内にとどめていただきますようお願いいたします。
視聴期限 視聴期限は設けておりませんが、予告なく変更する場合がごさいますので、ご了承ください。

アーカイブ視聴お申込みフォーム

必要事項をご記入の上、「送信」を押してください。
お申込みいただく方の情報を入力してください。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信
プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。
ご入力、誠にありがとうございました。


フォーム送信後2営業日以内に返信をさせていただいております。
当社からの返信がない場合、恐れ入りますが【ictmate@itec.hankyu-hanshin.co.jp】までお問い合わせいただけますと幸いです。

主催者紹介

アイテック阪急阪神ロゴ
アイテック阪急阪神株式会社
かけがえのない命と健康を守る。
臨床検査・健診・感染制御支援・電子カルテなど、医療現場の皆様に役立つ各種システムを開発・販売しています。

ホームページはこちら
感染制御支援システムICT Mate写真
感染制御支援システム ICT Mate
病院情報システム(電子カルテ)の膨大な診療情報から
感染対策に必要な情報だけを自動収集します。
様々な角度から視覚的に情報表示・分析が行え日々の感染対策業務を拡充します。

詳しくはこちら