ITシステム導入で最大100万円の補助金交付!

サービス等生産性向上IT導入支援事業とは
生産性向上を手助けするITツールを導入するための費用の一部を国が補助する事業。トガルは、IT導入支援事業者に採択されました。
(費用総額の3分の2 下限20万円、上限100万円)
ITの導入事例(一例)
飲食業・サービス業
  1. 固定客獲得にポイントシステム
  2. 魅力を伝えるホームページ
  3. シフト管理システム
  4. リピーター獲得のための顧客管理ツールなど
運送業
  1. 商品配送状況やトラック状況をリアルタイムで確認。
  2. 顧客情報を管理し情報を社内共有
  3. 本部からの指令を各ドライバーへ一斉配信など
卸・小売業・メーカー
  1. 販売データ管理/在庫データ管理
  2. 店舗間での在庫共有
  3. 販売データ分析
  4. ECサイトの開設など
商店街
  1. 商店街の情報を発信するホームページ
  2. 商店街でのポイントシステム導入
  3. 外国語対応でインバウンドに対応
  4. 電子決済システムの導入 など
商店街
  1. 商店街の情報を発信するホームページ
  2. 商店街でのポイントシステム導入
  3. 外国語対応でインバウンドに対応
  4. 電子決済システムの導入 など

他にも様々な業種や業務に対応できます。お問い合わせください

ITツールで できること(一例)

ホームページ制作
顧客管理システム
予約システム
スマホでのポイントシステム
GPS車両管理システム
シフト管理システム
在庫管理システム
販売データ管理システム
販売データ解析
外国人対応
翻訳システム
ECサイト制作
電子決済導入
シフト管理システム

IT導入補助金とは?

中小企業・小規模事業者が生産性向上のためにITツールを導入(ソフトウェアサービスなど)する場合、経費の最大2/3まで、20万円~100万円の範囲で政府から補助を受けられる制度です。
※申請にはIT導入支援事業者を通じての申請が必要です。

補助金が最大100万円!

ITツール導入の3分の2が補助(上限額:100万)。この制度を活用し経費負担を抑えながら売上アップや業務効率化を図ることができます。
ITシステム導入の経費(ソフトウエア、サービス導入費)の2/3以内の額について、上限額:100万円、下限額:20万円で補助されます。

対象となる事業者は?

日本国内の、中小企業(個人事業主を含む)、企業組合、商店街組合等の組合関連、医療法人・社会福祉法人・特定非営利活動法人等
詳細はお問い合わせください。

補助対象のITツールって?

・ホームページ制作費用、サーバー利用料(1年間)
・パッケージソフト費用、インストール費用
・クラウドサービスの導入・初期設定費用、1年分の利用料
・ITツール導入の保守費用・サポート費用(一年間)

※事務局の承認を受けた「IT導入支援事業者」の提供するものに限ります。
※ハードウェアは対象外となります。
「フロント業務」「ミドル業務」「バックオフィス業務」の組み合わせが必要です。
※詳しくはお問い合わせください。

お申し込みから補助金交付までの流れ

下記のフォームからお問合せください
お問合せ後、事業の相談・お打ち合わせ、その後書類制作となります。
期日が迫っておりますのでお早めにご相談ください。
補助金を申請(2017年6月30日まで)
申請に必要なITツールの登録は6月16日(金)までです!お急ぎください。
IT導入支援事業者のトガルが補助金交付申請を「IT導入支援事業事務局」に代行申請します。
申請の審査 → 採択 →事業開始
IT導入支援事業事務局が審査、審査をクリアしめでたく「交付決定通知」を受けた後に、トガルと事業を開始(契約、購入等)。
【ご注意】「交付決定」の前に事業に着手してしまうと、補助金の交付が受けられなくなりますので、ご注意ください。
ツール導入→ 完了報告→ 交付金受領
ITツールの導入。そして導入事業完了後、完了報告関連の書類をキッチリと提出し、確認後に補助金のお支払いが行われます。
ツール導入→ 完了報告→ 交付金受領
ITツールの導入。そして導入事業完了後、完了報告関連の書類をキッチリと提出し、確認後に補助金のお支払いが行われます。