いすみで実践したい!
新しい農業のあり方とこれからの販売方法

平成30年度いすみ市
就農・農業者誘致推進事業

「住みたい田舎」ベストランキング2年連続首都圏エリア総合第1位(※)に輝き、「田舎暮らし」というキーワードで熱い千葉県いすみ市で、主産業の「農業」にフォーカスし、これからの新しい農業を実践するためのヒントを講師の方々に講演していただく会を開催します!今話題のいすみ市で「新しい農業のあり方とこれからの販売手法」について学んでみませんか?

※株式会社宝島社発行、田舎暮らしの本「住みたい田舎ベストランキング」2017年度・2018年度より

日程 2018年10月20日(土)
15:30受付/16:00開始
会場 いすみ市役所 大原庁舎 大会議室
(いすみ市大原7400-1)
参加費 無料
講演内容

「いすみで実践したい! 新しい農業のあり方とこれからの販売手法」

耕作放棄地の復興から始め、「野菜作りが楽しい、農業が好き」に溢れる社会を創造する事業を行う株式会社マイファーム代表の西辻一真による講演会と、大田市場を拠点とした食材卸売会社であるモアーク食材開発株式会社の高橋史彦氏、築地市場を拠点とした仲卸会社である三勇青果株式会社の栗山功氏をお迎えした「卸売会社のプロ目線から見た農産物の販売手法」について、講師3名によるトークセッションを開催します!

日程 2018年10月20日(土)
15:30受付/16:00開始

講師

西辻 一真

1982年、福井県生まれ。京都大学農学部卒業。2007年に株式会社マイファームを設立。幼少期から農業が好きで、世界中の耕作放棄地がなくそうと奔走。将来の夢は世界中の人が農業(土に触っていること)をしている社会を創ること。農林水産省政策審議委員、内閣府国家戦略特区農業特区委員なども務める。

高橋 史彦

1973年生まれ。大学卒業後、食の世界にあこがれフランス料理の世界に飛び込む。その後、そこで扱うフランス食材に興味を持ち、ヨーロッパ食材の専門商社で営業マンとしてホテル、レストランの裏側を勉強し、ますます食材への探求心に火が付く。特にとれたての野菜たちに興味を持ち、12年前に縁あって現職の有機農園モアーク農園へ。

栗山 功

1980年生まれ。創業1935年の仲卸、築地の三勇青果に入社して13年。市場の野菜を目利きするだけでは飽き足らず、全国各地へ飛び回り、自分の目で見て美味しい、素晴らしいと思った生産者の野菜を仕入れる。食卓に、子供に、無農薬の野菜を食べてもらいたくて、全国の地域が給食で無農薬野菜を提供し合える、そのハブになることが最終目標。

スケジュール

15:30
受付
16:00〜17:00
西辻一真による講演

「新しい農業のあり方について」
17:00〜17:30
質疑応答 及び 休憩
17:30〜18:30
西辻一真、高橋史彦、栗山功によるトークセッション

「卸売のプロ目線から見た農産物の販売手法」
18:30〜19:00
質疑応答

※講演会&トークセッション終了後、希望者には懇親会へご案内いたします。
17:00〜17:30
質疑応答 及び 休憩
アクセス・電車
■会場の「いすみ市役所」までは大原駅から徒歩12分です。
■行きは東京方面から大原駅へ15:21に到着する電車、帰りは大原駅を19:35に東京方面へ出発する電車がございます。
いすみ市役所 大原庁舎

外部リンク:いすみ市

申込はこちら

下記項目を記入し、最下部の「送信」ボタンを押してください。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信
[お問い合わせ]
株式会社マイファーム
石川・平戸・吉岡
TEL. 03-6435-9675
108-0073 東京都港区三田2-14-5 フロイントゥ三田508