独自の植毛技術を持つアイランドタワークリニック

元々使われていた自毛植毛手法というのは、実は後頭部の頭皮をメスで切り取るという、痛みとリスクのあるものでした。また、傷跡が残ってしまいますので見た目を改善するために受けるものなのに、後に傷跡に悩む方もいらっしゃいます。

そんな中アイランドタワークリニックでは、新しく傷跡の残らないタイプの自毛植毛手法を採用しています。その方法ですが、毛が数本出ている良質な毛穴を目視で探し出し、そこから吸引することで毛を採取します。

この方法の最大のメリットは、何と言っても頭皮に与えるダメージが少なく済むという点です。

また、自毛植毛手法を行った場合、毛髪の定着率が気になりますよね。その点も、アイランドタワークリニックの提案する新しい手法では高い定着率を誇っています。

今までの手法において、デメリットだった部分に着目することで、気軽に利用しやすい手法になりました。この手法はi-ダイレクト法と言い、国内で受けられるのは現在アイランドタワークリニックのみとなっています。

アイランドタワークリニックが採用するi-ダイレクト法の流れ

アイランドタワークリニックでは、i-ダイレクト法という自毛植毛手法を使っています。従来の方法とは違いますので、どんな流れになっているのかご紹介させて頂きます。

まずは、元気な毛穴を探します。これは熟練した技術を持つ医師が目視で行います。毛包ごと吸引採取するので、従来の方法のようにメスを使うことはありません。そのため、従来の方法のように傷跡が長く残ってしまうようなことはありません。

次に、移植ホールを作成します。従来の方法に比べて非常に精密に行いますので、本数を増やしたり髪の毛の角度などを自分で好きにデザインすることが出来ます。

そして、実際に移植を行います。ここは手作業ではなくインプランターという機械を使って行うのですが、空気圧を使うことによって頭皮に与えるダメージが抑えられます。また、従来の方法に比べると生着率が上がっています。

最後は毛髪の生着を待ちましょう。そして、移植した髪は自然に生えていきます。そのため、急に生えて周りの人にバレてしまうような心配もありません。

アイランドタワークリニックの『i-ダイレクト法』について

髪の毛の悩みを抱える人にとって、ふさふさの髪の毛は憧れですよね。

でも、どういったヘアケア商品を使ったらよいのか、どんな病院に通えばよいのか、よくわからないのではないでしょうか。
今回は、薄毛に悩む方のために「アイランドタワークリニック」ついて調べてみました。

アイランドタワークリニックは、メスを使うことのない『i-ダイレクト法』という方法で、国内における自毛植毛クリニックの中では国内シェアナンバーワンを誇るクリニックです。

その累計症例数はなんと2万件にも昇り、さらに施術数は年間200万株以上、10年以上も無事故無違反を続けているということから、信頼性の高さがうかがえます。

さらに、専属医師15名、看護師40名、さらにアドバイザーが30名と数多くのスタッフが勢ぞろいしており、毛の流れや髪の毛の密度を自由にコントロールでき、出血が少なく痛みのないインプラント手術を受けることができます。

自主植毛を受けることで、半永久的に生え続ける髪の毛を手に入れてみませんか?