石川県 加賀市 仮想通貨

日本初のブロックチェーン都市

石川県の温泉郷で有名な加賀市が日本初となるブロックチェーン技術を利用して新しいコミュニティーの創造を目指しています。2018年3月16日に株式会社スマートバリューとシビラ株式会社と石川県加賀市が締結しました。目的としては、加賀市はIT分野の教育・雇用、産業などでさまざまな新しい試みを実施して、日本初のブロックチェーン都市といえる地域として創出を目指しています。
世界では、すでにブロックチェーン都市の計画は進んでおり、マレーシアはアジア初として計画が進行しています。

加賀市の2019年の取り組み

加賀市はブロックチェーン技術を活用して本人確認を構築することを目指しています。ブロックチェーン技術を用いることで個人情報を安全に守ることができ、改ざんされる心配もなくなるからです。「仮想都市の基盤」といえるプラットフォームをブロックチェーン技術を基にして確立を目的にしていくとしています。

加賀市の取り組みは地域のサービスを開発するための場所としてラボの建設も予定しています。このラボ建設の目的は、セミナーや講習などを通して地域の人たちが文化経済を理解することとしています。

本人確認の基盤と連携を予定しているサービス

小見出し

①障がい者情報共有システム

障がい者の人の情報を共有することでその情報を基盤に障がい者の人のために利便性を高めて、個人にあったケアやサービスを提供することができるシステムの実現
小見出し

②助け合いマッチングシステム

加賀市の地域データから地域コミュニティを活発化させることで、地域内のつながりができて加賀市の地域内で助け合いを広げるシステム
小見出し

③オンデマンド交通サービス

高齢者などの運転に不安のある住民に対して、乗り合いタクシーなどの交通手段をマッチングサービスを導入することにより、住民の利便性や交通サービスの向上を目指すシステム
小見出し

④市民参加型事業評価システム

加賀市の住民の意見を積極的に取り入れることで地域が一体となり「市民参加型」の事業評価を導入するシステム
仮想通貨に興味のある人や仮想通貨に関していろんな情報を知りたい人は
下のボタンから仮想通貨ブログへ