税金滞納の会社が融資を受ける方法

私は業績の低迷による資金繰りの悪化で、税金の支払いを滞納してしまいました。

同じように会社を経営している方ならわかると思いますが、法人税や法人住民税、消費税など支払う税金がたくさんあります。

だからと言って税金滞納を放置していると、次のデメリットがありますので注意しないといけません。

  • ペナルティとして延滞税が発生して法人の税負担が大きくなる
  • 延滞税が発生しても納税しなかった場合は資産の差し押さえが実施される
  • 税務署から目をつけられて税務調査が入りやすくなる
  • 個人信用情報(ブラックリスト)に記録が残ってしまう

差し押さえは何としてでも回避したかったので、事業資金を借り入れることにしました。

しかし、税金滞納をしている会社は信用情報に傷がつきますので、銀行や消費者金融からの融資は難しいのが現状ですね。

私も当然のように銀行融資の審査に落ちてしまったのですが、そんな時にファクタリングと呼ばれる資金調達法があることを知りました。

ファクタリングは売掛金の売却でお金を調達する方法で、金融機関からの借り入れとは大きく異なります。

売掛先(取引先)の信用情報をチェックされて問題がなければ、下記に該当する会社でも資金調達ができるのです。

  • 税金を滞納している
  • ブラックリストに載っている
  • 保証人や担保が一切ない
  • 他の金融機関に融資を断られている
  • 資金がショート寸前の状態

自分が保有している土地を担保にしてお金を借り入れることはできますが、一般的に売掛債権を担保に融資を受けることはできません。

それを実現してくれるサービスがファクタリングで、私のように税金滞納している会社でも現金化できるのは本当にありがたいですね。

「売掛金がある」「売掛先が信用のおける企業である」という条件をクリアしていれば、資金調達できる確率は上がります。

私が資金調達で利用したのは日本中小企業金融サポート機構で、低コストで売掛金を資金化できる中小企業・個人事業主向けサービスです。

非営利性を念頭に置いたファクタリングであり、更に弁護士監修の電子契約サービスであるクラウドサインを導入しているのが安心ポイントなのではないでしょうか。

印紙代や郵送費などの余計なコストをかけることなく、最短即日で事業資金を振り込んでくれます。

税金滞納している私の会社でも売掛金を現金化することができましたので、「どうやって資金調達すれば良いの?」と悩んでいる会社は相談してみてください。