2021年東日本大震災から10年、コロナ支援の社会貢献事業

はじめて学ぶハラスメント防止と職場マネジメント動画研修

150,000円(税込)→50,000円(税込)

~全国の中小零細企業を研修で支援します~


職場でコロナハラスメント「コロハラ」が増えています


新型コロナウイルスに関連したいじめ・嫌がらせ等は、あってはならないものです。

 例えば、過去に新型コロナウイルスに感染したことを理由として、人格を否定するような言動を行うこと、一人の労働者に対して同僚が集団で無視をし職場で孤立させること等は、職場におけるパワーハラスメントに該当する場合があります。職場におけるパワーハラスメントに関しては、改正労働施策総合推進法により、その防止のために事業主において雇用管理上の措置を講じることが求められています。

・厚生労働省 新型コロナウイルスに関するQ&A(企業の方向け)令和2年11月13日時点版
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00007.html#Q10-1


ハラスメントをしない!させない!


企業内のパワーハラスメント防止対策を義務付ける法律が、大企業では2020年6月から施行され、また中小企業でも施行されます。それを受けて、ハラスメント防止への取り組みが企業内で本格化しています。

しかし、パワハラとはどういうもので、なぜ起こり、それを防ぐためにはどうすれば良いのかということを学ぶ機会がないと、未然に防ぐことはできません。

管理職世代と若手世代の価値観の違いと男女間のコミュニケーションの違いは大きく、管理職世代が歩み寄る努力をせずにパワハラ的な言動で従わせようとすると、事態は悪化するいっぽうです。しかし、パワハラを恐れるあまり言いたいことも言えない状態では、本来あるべきコミュニケーションが成り立ちません。

よって、ハラスメントのない職場づくりに何が必要なのか考え行動していく必要があります。それを支援するのがハラスメント防止研修です。


≫異性間コミュニケーション協会 理事長 佐藤律子
ハラスメント防止動画研修50,000円の申込みコチラ

ハラスメント防止研修を導入した効果


女性の活躍を応援するコツがわかり売上が30%増した
社員の離職が減って求人広告費が50%削減した
中間管理職の指導力が向上してパワハラ報告が0になった
社員のコミュニケーションが円滑になり職場満足度が90%になった
社員のコミュニケーションが円滑になり職場満足度が90%になった

こんなお悩みはありませんか?

  • 部下の考えを受け入れているのに仕事がうまく進まない

  • 若い世代と本音で話し合い、関係を深める対話が難しいと思う

  • 自分のコミュニケーションの問題点が分からない

  • 異性とのコミュニケーションは特に難しいと感じる

  • 周囲の人のコミュニケーション力がもっと高ければと思う

  • 若い世代と本音で話し合い、関係を深める対話が難しいと思う

大手企業も多数採用している「ほめられると伸びる男×ねぎらわれるとやる気が出る女 95%の上司が知らない、部下の取扱説明書」(青春出版社)著書、佐藤律子監修の研修です。

異性間コミュニケーションの
ハラスメント防止研修とは


アネスティ法律事務所

勝田亮弁護士
企業法務を主業務とする弁護士として、「指導だと思って行ったことが『パワハラ』と言われたことがある」「パワハラと言われるのではないか?と思い、指導することに躊躇してしまった」という企業のリーダーからの相談や悩みをを聞くことがあります。パワハラは、企業内の雰囲気を悪化させ、優秀な人材を失うというリスクがありますが、そのリスクが現実化してから対応するのでは遅いことが多いです。

指導とパワハラの違いについて意識し、パワハラにあたらない指導方法を身につけることは、これからのリーダーにとって大切なことです。なので、弁護士として「パワハラにならないように注意してください」とお話ししていますが、具体的な指導方法についてお伝えするとなると、私のスキルの範囲を超えており、他の専門家にリーダー研修をお願いすることがあります。

その中でも、佐藤律子さんが理事長を務める異性間コミュニケーション協会のハラスメント防止研修は、男女の特性を意識した具体的な内容なので「なるほど、こうすればよいのか!」という多くの気づきがあるようです。
早め早めのリスクマネジメントとして、異性間コミュニケーション協会のハラスメント防止研修は、リーダーが安心して部下と接することができるようになるスキルが身につきますので、かなり有意義です。

株式会社乾杯・KANPAI

代表取締役社長 松尾公輝
世相は「ハラスメント糾弾社会」であり、他者に対する「寛容度」が著しく低下している日本。それはそれで問
題なのですが、他人や世間のせいにしていても仕方ありません。根底にあるのは「人間関係の学びの少なさ」で
あって、僕たちには「相手との関係性を改善する発想と行動」が求められています。

かのgoogle積年の調査で分かったのは、最高の生産性を発揮するチームには「心理的安全性」があるということ。
いざこざになる心配がなく、各人が自由に振る舞える職場なら生産性が上がるのは自明の理です。

それには、異性間コミュニケーション協会のメソッドを職場に導入するのが近道ですので推薦します。社会の最
小単位である男女ペアのコミュニケーションノウハウをベースに、社会性を学び、集団活動における関係調整能
力を高めることができます。そして、求人、採用、コストダウン、業績アップなど、ハラスメント対策を施して
ゆくなら、そのメリットは計り知れません。

株式会社乾杯・KANPAI

代表取締役社長 松尾公輝
世相は「ハラスメント糾弾社会」であり、他者に対する「寛容度」が著しく低下している日本。それはそれで問
題なのですが、他人や世間のせいにしていても仕方ありません。根底にあるのは「人間関係の学びの少なさ」で
あって、僕たちには「相手との関係性を改善する発想と行動」が求められています。

かのgoogle積年の調査で分かったのは、最高の生産性を発揮するチームには「心理的安全性」があるということ。
いざこざになる心配がなく、各人が自由に振る舞える職場なら生産性が上がるのは自明の理です。

それには、異性間コミュニケーション協会のメソッドを職場に導入するのが近道ですので推薦します。社会の最
小単位である男女ペアのコミュニケーションノウハウをベースに、社会性を学び、集団活動における関係調整能
力を高めることができます。そして、求人、採用、コストダウン、業績アップなど、ハラスメント対策を施して
ゆくなら、そのメリットは計り知れません。

はじめて学ぶハラスメント防止と職場マネジメント動画研修

パワハラ防止対策を義務づける法律が施行され、企業内での取り組みが本格化しています。なぜハラスメントが起きるのか、どうすれば防げるのかを、法律の専門家ではカバーできないコミュニケーションからのアプローチでわかりやすく学ぶ「ハラスメント防止研修」の決定版!

ハラスメント防止動画研修50,000円の申込みコチラ

解決できる課題

  • ①管理職の能力を高めたい

    男女間コミュニケーションについて学んでいただくことで、部下に対して適切なコミュニケーションが取れるようになります。

  • ②社員の積極性・自発性を向上させたい

    良好な関係のもと、社員は安心して発言や行動をすることができるようになります。

  • ③社員間のコミュニケーションを向上させたい

    パワハラが起こりにくい環境をつくることで、良好なコミュニケーションが可能となります。

  • ②社員の積極性・自発性を向上させたい

    良好な関係のもと、社員は安心して発言や行動をすることができるようになります。

組織が抱える問題のほとんどは、コミュニケーションに起因します。円滑な意思疎通によって相互理解が深まれば、組織の課題は解決に向かいます。しかし、「自分はコミュニケーション力が高い」と認識していても、実際には、相互理解を高めるための「良い対話」に必要なスキルのすべてを網羅できている人はほとんどいないのが現状です。

企業として、ハラスメントのない働きやすい職場環境に向けた対策を講じることは、企業価値を高め、社会的信用にも繋がります。

本研修では、職場をマネジメントする視点から、ハラスメント防止に向けた具体的な取組みについて解説します。


ハラスメント防止研修の内容


パワハラと言われないために円滑な人間関係を作る異性間コミュニケーションを学ぶ

1)異性間コミュニケーションを活かす職場マネジメント

~リモートでもリアルでも使えるコミュニケーション~ 

・パワハラが発生しやすい職場環境

・優秀な人材が黙って会社を退職してしまう

・コロナハラスメント「コロハラ」が増えています

2)男女で違う能力の特徴

・男女の部下に効果的な「褒め方」

・男女の部下と楽しく「雑談」をする方法

・男女の部下へのパワハラにならない「叱り方」

・男女の部下にはじめて仕事を任せるとき

・男女の部下に仕事を教えるとき

3)男女の違いがわかればコミュニケーションはうまくいく

・男性と女性の「相づち」の違い

・男性と女性の「相談の乗り方」

3)男女の違いがわかればコミュニケーションはうまくいく

・男性と女性の「相づち」の違い

・男性と女性の「相談の乗り方」

4)パワハラにならないための社内コミュニケーションのコツは?

・「お・ひ・た・し」コミュニケーション

・世代別コミュニケーションとは?(応用編)

・社内に異性間コミュニケーションを導入した効果

5)研修のフィードバックを記入して提出しよう



受講した方の声


50代・男性・看護師

「女性はプロセス」「男性は手柄」という事が勉強になりました。

30代・男性・会計士

どの様なアプローチが効果的で、逆に何がダメなのかコミュニケーションとして勉強になりました。

40代・男性・会社経営

男女間で仕事へのモチベーションの違いを知る事ができて良かった。自社の女性スタッフの言動への理解が一歩進む事ができた。

30代・男性・学校職員

採用の場面でも男女の違い、世代の違いで悩んでいる企業が多いという事もしりました。日常で多くの方が悩んでいる事だと分かって良かった。

40代・男性・会社員

短時間での講座は仕事をしている者が受けるには良かったです。講座の内容も素晴らしい学びとなりました。

40代・男性・医師

奥が深いテーマ。60分の中だけでも具体的なノウハウを学ぶ事ができました。

50代・男性、社労士

男女のコミュニケーションの違いから、根拠も分かりやすく教えて頂いた。

40代・男性・会社役員

ハラスメントそのものよりも、普段の日常の男女のコミュニケーションが大切で有ることを再認識しました。

30代・男性・会計士

どの様なアプローチが効果的で、逆に何がダメなのかコミュニケーションとして勉強になりました。

全国の中小零細企業を研修で支援します

企業内のパワーハラスメント防止対策を義務付ける法律が、大企業では2020年6月から施行され、また中小企業でも施行されます。コロナハラスメントなども見える化しており、緊急で時代が求める研修として実施する必要があります。

 オンライン時代の良好な人間関係こそ経済活動の基盤であると考えます。この機会に研修風土の定着を図る企業を増やしたいと考えました。

 「コロナ渦で研修の予算が無い」「そもそも研修をしたことがない」という企業にこそ受講していただきたい内容です。

 2021年は、東日本大震災から10年。異性間コミュニケーション協会の本拠地も宮城県です。震災から10年の節目とコロナ支援の社会貢献事業として実施いたします。

お申し込みフォーム

【2021年東日本大震災から10年、コロナ支援の社会貢献事業】
はじめて学ぶハラスメント防止と職場マネジメント動画研修150,000円→50,000円 
・動画研修60分を50,000円で販売いたします(2021年内)
・全国の中小零細企業を対象としています
・複数の企業での合同、経済団体のご購入はご遠慮ください
・「送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する」にレ点をしてお申込ください

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信

実績

株式会社伊藤チェーン/あやし眼科クリニック/広瀬倫理法人会/電巧社/時音の宿湯主一條/医療法人社団青葉会/北海道十勝総合振興局/埼玉県上里町主催男女共同参画/株式会社wi/郵政JP労組秋田連協/アポロガス/岩手県電気工事業工業組合青年部/市村工務店/東松島市/宮城教育大学/山口県周南市男女共同参画/福島県小野新町地域未来プロジェクト実行委員会/ホテルグランドプラザ浦島/株式会社にしき食品/(株)秀和住研/仙台SMI壱乃會/株式会社スカイパレスアソシエイツ/宮城県倫理法人会女性委員会/キャノン労働組合セミナー/東北財務局/全トヨタ労働組合連合会/宮城NOSAI職員会青年部会/宮内歯科医院/株式会社阿部和工務店/大分県竹田市・男女共同参画/スミリンビジネスサービス(株)/仙台広瀬倫理法人会/公益法人四日市法人会/全日本不動産協会/福島民報社/仙台青葉倫理法人会/勝山企業株式会社/仙台桃太郎クリニック/酒田市男女共同参画/福井県高浜町事業所合同人権会/仙台銀行ビジネスクラブ/泉青年会議所/福島県相馬市/いきるちからスクール/センダイ自由大学/泉パークタウンタピオ大学/全日本不動産協会全日女性部会カトレア/仙台エコーライオンズクラブ/東北電力/東洋環境開発/東北大学/東北学院大学/大澤幼稚園保護者会/東北電力/セキスイハイム東北 他多数。

異性間コミュニケーション協会出版書籍

理屈で動く男と感情で動く女のもっとわかり合える会話術
かんき出版 著者/佐藤律子
ほめられると伸びる男×ねぎらわれるとやる気が出る女
青春出版社 著者/佐藤律子
ほめられると伸びる男×ねぎらわれるとやる気が出る女
青春出版社 著者/佐藤律子