子育てに疲れたママに知って欲しい

子育てのストレスと
上手に付き合える
7通の手紙

「子育てのストレスと
上手に付き合える7通の手紙」

子育に疲れた...
いつからか、毎日のように「疲れた」という言葉を口にするようになった。

いつもは我が子は可愛い!と思うのだけど、
なかなか子供が言うことを聞いてくれない時や思い通りに動いてくれない時には
怒りを抑えることができずに、怒鳴ってしまう。 

「1人になりたい」と思う時があっても
子育ては毎日やらないといけない。

もっと夫に頼りたけど、毎日疲れて帰って来るので、
あまり子供の相手をしてく れない。

私ばっかり...

一息つきたいのに自分の時間が取れない。

だんだん気持ちに余裕がなくなってきた、
そんな気がする・・・
誰も私のツラさをわかってくれなないという不満が募る毎日。

こんなはずじゃなかったのに...
と後悔しても、子供はいなくらないし、もちろん子供には罪はない。

子育てのイライラやご主人の協力の少なさ、それを相談する人がいない。
そして、毎日ストレスがたまる一方。
そのように思いながらの子育ては本当にツライと思います。

もし、あなたが今、子育に疲れ、毎日をツライと感じているのなら

このメールセミナーは

あなたの悩み、不安や不満を解消できるものになるかもしれません。
ある調査によると、主婦の悩みごとの上位には必ず、
子育ての問題がいくつも入って来るそうです。

子育てのよい方法やしつけ方が分からない
ストレスがたまる一方の毎日
ご主人が協力してくれない。
そんな不満が必ず上位に出て来るといいます。
この文章を読んでいるあなたは、いかがですか?

実は私も、あなたと同じように子育に疲れ、長年悩んできました。

私の場合は子供の不登校だったのですが、

ISD個性心理学に出会い、 学び、子育てに使ってみて、
とてもストレスが減り 毎日が楽になりました。

子育ての中で「子供のしつけ方」はとても重要です。

こんな事ありませんか?

うちの子はどうしても言う通りにしてくれない。
なのに、あのお子さんはちゃんという事を聞いてくれている。

この違いって何なのでしょう?


ちょっと思い出してみてください。

あなたは今までに、彼氏さんとの相性を調べてみたことはありませんか?
占いのサイトやインターネットの調査サイトを見て回り、
この人は相性がよさそうだとかイマイチみたいだとか、
いろいろと調べてみたことはありませんか?

これは多くの女性が経験していることだと思いますが、いかがでしょう。
また、ちょっとした工夫で付き合いが楽になった、
そんな経験ありませんか?実はこれ、子育てにも当てはまるんです。

ISD個性心理学というと何か怪しいとか、うさん臭いとか思われるかもしれませ んが、

10万人以上のデータを東洋哲学に基づいた統計学的な処理による 
「人間関係の傾向を分析した結果」なんです。

お子さんはお母さんの言う通りに、思う様には動いてくれません。

でも、お母さんご自分のタイプを知り、

お子さんのタイプが分かれば、
お子さんに合わせて対応することができるのです。

そうしてイライラやストレスが減ったという例はたくさん紹介できます。

難しい事はいたしません。


ISD個性心理学では、人の心理傾向は大きく3つに分けられます。
もちろん、あなたにも、あなたのお子さんにも
3つの心理傾向に当てはめること ができます。

実はそれを知るだけで、かなりお子さんとの関係がうまくいくようになります。

もちろん細かく分類していけば100万通り以上になりますが、

3つの分類だけでも充分、
お子さんとのつながり方は改善できます。

これからこのようなタイトルの手紙をあなたに送らせていただきます。

第1通「子育てから来るイライラやストレスを軽減する方法」
第2通「自分の心理傾向を知ることができるISD個性心理学の3分類」
第3通「3分類 その1 相手に合わせる傾向のあるMOON」 
第4通「3分類 その2 目的思考型のEARTH」
第5通「3分類 その3 感性で動くSUN」
第6通「子育てに活かす具体的な方法」
第7通「ストレスが軽くなったら、その先にある世界へ」

子育てにお悩みのお母さん、

一緒に学びましょう。
そしてお子さんとの関係を良くして、

イライラやストレスから解放された楽しい子育てを実現しましょう


はじめまして、
私は西尾真由美と申します。

ISD個性心理学協会マスターインストラクター ママに寄り添うサポーター
こんな肩書で活動をしています。
ちょっと自己紹介をさせていただきますね。
 
就職は大手銀行で13年間勤務し、結婚、そして妊娠を機に退職しました。
出産と同時に子育てサークル「スマイル会(会員数500人以上)」などの運営に関わり
代表を6年間つとめました。

この活動をとおして、また自分の子育て経験を踏まえて
悩めるママ・女性をサポートしてきました。
その後、個性心理学に出会い、同じ兄弟姉妹でもそれぞれ個性があり
才能も違うことを学び、とても驚いた経験がありました。

その驚きをきっかけに、
相手の個性に合ったコミュニケーションのアプローチ方法を広めて、
子育てに悩む若いお母さんの寄り添いサポーターとして、活動中


ISD個性心理学協会マスターインストラクター

子育てカウンセラ−協会マスターインスラクター

キレイデザイン協会マスターインストラクター