医療機関の皆さまへ
【1エリア1施設限定】先着無料キャンペーン


健診クラウド
サービス

ー 健康診断もWebで管理する時代へ ー
健康診断結果クラウド管理ツールで受診率アップ
健康診断の結果を、受診者の方へどのようにお伝えしていますか?

健診結果は印刷したものを郵送するのが一般的でしたが、
IT化・デジタル化・ペーパーレス化の波は様々な分野でどんどん進んでおり、
その流れは医療業界にも入ってきています。


弊社は健康診断結果のクラウド管理を活用することで、健康診断業務だけでなく、受診者自身や企業の健康管理の効率化も実現させます。

医療機関の業務効率化を実現いたします

健診クラウドサービスの特徴
  • 健康診断結果をデータで一元管理
  • 判定結果・項目・生活習慣病等の条件で受診者の検索(抽出)が可能
  • 受診・再来院の案内など、メールでフォローアップができる
  • 電子化による事務作業の工数・コスト削減
  • 業界最安級で充実の機能
  • 健診標準フォーマット準拠

医療機関のメリット

業務効率アップ
健診結果の印刷、封入などの作業がなくなるためジウスタッフの業務効率の改善につながります。また誤配送や、郵送物紛失もなくなります。
コスト削減
健診結果の印刷代、封入などの人件費、郵送費、パンフレットや結果の見方等の印刷物代がすべて不要になります。
受診率アップ
受信者に再検査や精密検査の案内、次年度の健診案内をメールで通知できるため、コストをかけずに受診率アップにつながります。
受信者に紐づく
健診結果が、受信者に紐付いて管理することができます。
安心・安全
クラウド管理で安心・安全です。
安心・安全
クラウド管理で安心・安全です。

受診者のメリット

メリット
健診結果の保管が不要
クラウドに管理されるため、紙の結果票のように紛失したり、汚したりすることがありません。
メリット
いつでも見られる
見たいときにいつでも見れる、例えば、病院で医師に見せたり、保険の加入時に提示することができます。
メリット
過去の履歴もチェックできる
過去の検査結果がわかりやすくグラフで表示されます(数値の推移など)。
メリット
いつでも見られる
見たいときにいつでも見れる、例えば、病院で医師に見せたり、保険の加入時に提示することができます。

企業のメリット(健診クラウドを導入した場合)

メリット
クラウドで健診結果を一元管理
クラウド管理で、保管スペースが不要。社員の名前等で検索し、みたいときにすぐに見れて業務効率がアップ。
メリット
労基署の書類を簡単作成
ボタンを押すだけで有所見者数や医師の指示人数が集計されるため、面倒な集計作業が不要に。
メリット
健診結果を健康経営に活用
健診結果に異常があった社員を検索・抽出し、メールで精密検査の案内や生活指導が可能に。
ボタンを押すだけで有所見者数や医師の指示人数が集計されるため、面倒な集計作業が不要に。
メリット
労基署の書類を簡単作成
ボタンを押すだけで有所見者数や医師の指示人数が集計されるため、面倒な集計作業が不要に。

日本医師会推奨「健診標準フォーマット」に準拠
健診結果をクラウド管理で、次の医療へ

1エリア1施設様 先着順
無料キャンペーン実施中

「健診クラウド」をより多くの医療機関様で利用いただき、業務効率アップを実現していただくことが私どもの活動の目的です。そして、それが多くの受診者の方々のメリットにもつながると考えます。少しでも多くの医療機関様にご導入いただきたく、無料キャンペーンを実施いたします。サポートの側面から、まずは1エリア1施設とさせていただいております。お早めにお申し込みください。

「人間ドックや健康診断の受診者が独自のクラウドに保存された健診結果をスマホやPCで閲覧できるサービス(モバドク健診クラウド)が「健診標準フォーマット」に準拠しているため、今後「健診標準フォーマット」が普及するにつれて、受診者の利便性が高まることが予想されPHRの第一歩になりえると考えられる」と紹介。

お問合せはこちら

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信