自由のための教育が受けられるiroas

日本の義務教育は、100年前からシステムがほとんど変わっていません。英語学習やプログラミングに多少力を入れるようになってきたものの、教育システムは大きく変化していません。
 
日本は先進国であるにもかかわらず、同じ先進国の諸外国からはだいぶ遅れた学びのシステムが続いています。協調性を重んじることは日本では美徳とされてきました。大地震の時にもちゃんと並んで食料などの提供を待ったというのも海外では話題になりました。しかし、これは決して日本の協調性を褒め称えたわけではなく、みんなが同じ行動をしていたことを海外メディアが報じただけというのが真実のようです。
 
全員が同じ行動を取るのは、考えてみれば不自然なことです。本来であれば人間はそれぞれに違いがあり、違う行動を取るはずだからです。
 
協調性ばかりを育てていては、これからの国際社会では活躍していけないと危惧して立ち上げられたのがiroasです。世界はいまや情報化社会、AI(人工知能)の時代になっています。ネットでほとんどの情報は手に入りますし、人間ではなければできない仕事というのもどんどん減っています。
 
その時代に日本はひたすら労働力を育てることに力を注いでいますが、これは日本人の能力を衰えさせてしまうことになりかねません。ひたすら暗記をしてもその情報はネットで調べれば誰でも入手できることです。暗記が必要と言われているのは、それを使える力として構築するための材料です。AIの能力が高まっていけば、人間の職業は減っていきます。実際、レジ打ちなどは昔とは違ってセルフレジの導入によって人が減っています。POSレジも登場して以来、人間がレジを打つよりもコンピュータに任せた方が情報を活用できるとさえ言われています。
 
これからの時代に必要なのは、今までのようなテキストに頼った勉強ではありません。テキストを読んで問題集を解き、学んでいくというシステムはもはや古い学び方でしかありません。iroasはそこに目をつけて、ゲーム感覚で能力を育てるシステムを提供しています。ゲームのような画面で自身の能力を高めていくことができるので、レベルが上がった感覚がはっきりわかりやる気が出ます。進捗度などもメーターで表示されるので、自分がどれくらい成長しているのかがわかって到達レベルを確認し、達成感を得ることができます。
 
これまでの勉強はゲームのような面白さは欠いていました。つまらない、眠たくなる授業を必死に聴いてほとんど頭に残らない無駄な時間を費やしていました。しかし、iroasはゲーム空間で講義を展開することで、ゲーム空間でしゲームオーバーになっても失敗とは思わずに何度でも繰り返し挑戦できるようになっています。普通の勉強では、赤点を取ってしまったから失敗、受験に失敗したからダメという烙印を押され続けていましたが、ゲームの世界では単純に再チャレンジしてどうやったらクリアできるのかを真剣に考えるようになります。考えるといっても、退屈なことではなくなんとかクリアしたい、そのためにはどうすればいいのか、何が悪かったのかなどを自ら考えるクリエイティブな粘り強さがつきます。
 
ゲームが面白いのは、現実の世界よりもゲームの世界の方が完成度が高いからです。プレイする楽しさにハマれば、何時間でも集中して取り組んでいるうちに実力がついていきます。ゲームは何かしら達成感を感じられるポイントが用意されています。例えばロールプレイングゲームなどでは、レベルが上がった時に音楽が流れたり、新しい能力が使えるようになります。iroasも、そういうゲームと同じ感覚で達成感が感じられるポイントが用意されているのでハマることができます。教育とゲームを組み合わせるプラットフォームとして開発されているのが画期的なポイントです。
 
適切な教育は、その人に自由を与えてくれます。人間は誰もが自由にいきたいと望んでいます。しかし、現状ではお金や人間関係、場所にとらわれて自由は手に入りません。みんなも自由ではないから自分も我慢するという感覚で一生が終わってしまう人が大半です。自由を手に入れられるのはほんの一握りの人です。成功している人たちは、適切な学び方を知っています。一流の人から学び、勉強を勉強と思わずにリアルなゲームと捉えながら取り組んでいます。つまらない教育に終止符を打って、自ら学べる環境に身を置いています。実際、日本でも賢い人たちは海外へ出ていって役に立つ教育を受けられるようにしています。自分から行動する、今すぐに行動することで確実に自由を得ています。
 
一般の人でも一流の人々から学べる環境を提供しています。億万長者や言語学者、経営者など全て一流の人材を用意しています。本来であれば自分で用意しなければいけなかった環境がここで手に入るようになっています。
 
学ぶはジョブ(職業)によって学べるシステムになっています。日々ジョブの種類はアップデートされており、新しいジョブにチャレンジできるようになっています。今はまだないジョブでも、将来性が高いジョブであれば追加される可能性もあります。追加予定のジョブとして、マネーリテラシーが学べるマネーインテリゲンチャ、企業上場を目的にしたファウンダー、資産運用が学べる斎部スター、プログラミングのスペシャリストを養成するホワイトハッカー、暗号通貨について学べるアルケミスト、などがあります。
 
すでに用意されているジョブだけでも8種類はあり、すべての基盤となる健康を自らの力で管理するハイパフォーマーや英語を最短で学べるグローバリスト、これからの時代に必要な文章で人を惹きつける力を身につけられるコピーライターなどがあります。
 
日本でも医療費削減のために、ドラッグストアなどの薬を使って体調を管理するセルフメディケーションが推進されています。ハイパフォーマーは主に食で体を管理する術を学ぶことができるジョブで、このセルフメディケーションの一環として活用できます。健康を害してしまえば、人生の自由はほとんど奪われてしまいます。教育を受けることも難しくなり、生きることも難しくなり、病気の治療のためにお金を費やさなければならなくなります。ハイパフォーマーはそれを未然に防ぐ方法として最適なジョブです。
 
グローバリストは、英語が弱い日本人というイメージを一掃させるために欠かせないジョブです。日本人は10年近く英語を学ぶのにもかかわらず、大人になってから外国人に話しかけられてもほとんど英語で喋れないという人がほとんどです。日本にいれば英語なんて使わないという人もいますが、これからは国際化の時代ですし、もし英語を自在に操れるとしたらもっとビジネスのフィールドを広げることができます。ビジネスを拡大したいという人には欠かせないジョブです。
 
コピーライターは、ものを売るための文章の技術を学ぶことができます。意図的にものを売ったとしても、そう思わせずにお客さんに買いたいと思わせる技を学べます。コピーライターは将来有望な職業と言われており、AIが活躍する時代が来たとしても食いっぱぐれない職業と言われています。
 
こういったジョブを総合的に学んでいくことで、将来の自由を確実に手に入れていくことができるのが、iroasの魅力です。

iroasで新しい教育コンテンツに挑戦する

日本には義務教育の制度が整っているので、識字率が他の国と比べてもかなり高く、さらに計算能力や読解力も高いことがわかっています。義務教育が終わってからも、高等学校や専門学校、大学や大学院など勉強できる環境は整っています。その他にも資格を取得するための学校もあり、勉強をしたいという意欲があれば勉強することができます。

ただ日本では詰込み型の教育になってしまうことが多く、実践力が少し低いというのが懸念されています。外国語を習得するために海外に行くと、日本人は文法はよく理解しているけれども、会話をする能力や積極性が足りないことが指摘されています。それは日本人の性格にもよりますが、相手に迷惑をかけてはいけないという自制心が働くので、自己主張をすることが正しいことだと考えられない傾向があります。

ただ、それは海外に行くとマイナスとして捉えられることがあり、発言をしなかったり積極性がないのは、自分の意見や主張を持っていないとみなされてしまいます。そこで今までの日本の教育とは違った積極性を手に入れたいと考えたときは、iroasを使って勉強をすることが良いといえます。iroasはテキストに頼った勉強ではなく、実践力を養うためにゲーム感覚でプレイすることができる教育コンテンツです。

iroasはゲームをしながら学べるという画期的なコンテンツで、作成したのは様々な分野の専門家です。そのため初心者でもわかりやすいように操作ができるようになっていますし、必要だと感じている項目を優先的に学ぶことができるようになっています。iroasは、少しずつ段階を踏んで攻略していくことができるので、自分の能力やペースに合わせることができます。ゲーム方式になっているので、攻略に失敗をしてもやり直しをすることができるので、何度も復習をして知識を身に付けることが期待できます。間違った理由などを振り返ることもできるので、効率的に学べるのがiroasの魅力です。

iroasなら不労所得も可能です

最近は残業を規制されている会社も増えてきているので、給料が減って困っているというサラリーマンやOLの方も多いことでしょう。副業としてアルバイトで稼ぎたいと考えている人もいますが、本業でのパフォーマンスが落ちてしまうという懸念から、会社によってはアルバイトを禁止していることも多いです。

副業として少しでもお金を稼ぎたいならiroasを始めてみるといいでしょう。インターネットを利用したATMシステムなので、インターネットができる環境さえあれば、誰でも始めることができます。仕事をしている人でも家に帰ってから夜中に作業ができるので、サラリーマンやOLにも人気があります。

iroasがどれだけ儲かるか不安だという人もいますが、日雇い労働者だった人がATMシステムを始めてから月収1000万以上になったという成功事例も紹介されているので、他の投資方法に比べてもリスクは少なく確実に儲けをだすことができると思います。

今までもATMシステムは沢山ありましたが、効果が出る期間が決まっていたのが欠点でした。その点、iroasのATMシステムなら、今までのATMシステムの欠点も改善されています。LINE@を使用したATMシステムなので、どんな人でも利用しやすく儲けも出しやすいのが特徴です。

iroasのATMシステムは面倒なサーバーなどを設置する必要がまったくなく、メカ音痴の女性でも簡単に始められます。有料なサービスを利用する必要はまったくないので、個別に契約する必要はありません。余計な費用が一斉かからないことも人気の高い理由でしょう。

iroasが導入しているATMシステムは、クリック率や成功率がとても高いという特徴があります。幅広い世代の人に人気があるので、集客しやすく儲けもだしやいので人気です。資金が全然ない人でも始められる投資方法なので、貯金が全然ない若い人でも今からコツコツ資産を増やすことも可能です。インターネットでおこなうので、いつでもどこでも利用できるのも人気のある理由でしょう。

話題沸騰中のiroasとは何か

iroasは、東京、大阪、名古屋などの主要都市で説明会が開催されています。説明会というと堅苦しいイメージがあるかもしれませんが、93パーセントの受講者が楽しかったと回答するほど、満足度の高い濃い内容となっています。

iroasの無料説明会では、自分の可能性を認識することができ、労働収入から権利収入への移行の道筋を学ぶことができます。自分には会社員しかあわない、人に使われることしかできない、リーダーの素質がない、会社員以外で稼げると思えないと思っている人も多いかもしれませんが、それは学校や親、あるいは自分自身から「自分にはなにもない」という先入観を植え付けられているためで、自分のことをマイナスに考えてしまうようになっているだけです。

無料の説明会では、自分の可能性を感じることができ、自分でもゼロからスタートすることができるということを感じることができるようにしてくれます。また、労働収入ではなく権利収入を得られる状態を作っておくことで、万が一病気で倒れてしまって入院が必要となった場合でも、収入を得ることができます。iroasでは、労働収入から権利収入へのスムーズな移行方法について学ぶことができますし、どのようにマネタイズに活用していけばよいかを明確に教えてくれますから、インターネット上でお金を発生させることができます。

無料説明会では、さらに多くのものを得ることができますから、今の人生に不満を抱えている人は、一度参加してみることをおすすめします。iroasはビジネスですから初期投資は必要となりますが、数百万円という高額な学費を払って大学に行ったとしても、社会ではほとんど役に立たないというものも少なくありません。一方、iroasは学びながら稼ぐことができますから、少しでも稼ぎたいと思っている人にはおすすめです。