転職活動ノウハウ 





面接で成否を分けるのは何か

面接に受かる人と落ちる人の違いは何なのだろうかを考えてみました。私自身も外資系企業で採用イベントに出てたり、中途採用、新卒採用にかかわったり、転職エージェントとして受かった方、落ちた方をそれぞれ見てきたりしました。

違いは何なのかといつも考えるようになりました。企業によって基準が異なるので一概に言うことができないができるだけ抽象化して考えてみたのでご覧下さい。

事前準備面接で受かる人

企業に入りたいという意思をきちんと示す意味で、必要なことはしっかり調べています。また、自分のことを伝える準備に余念がありません。
志望度が高くなくても常に準備すべきことがわかっているので最低限の準備をして会いにいきます。面接に限らずですが優秀な方というのは常に会う方の情報を事前に仕入れているという点があります。

電通マンがクライアントの吸っているたばこの銘柄を覚えておいて切れそうになったら買いに行くという話がありますが似たような論理です。個人的にはたばこを買いに行くこと自体はあまりいい習慣だとは思いませんが。

面接で落ちる人

転職エージェントにすすめられたから来ましたというスタンスで臨むため事前準備を全くしません。来てやったぜという雰囲気が伝わると同時に事前に何も準備をしていないことから面接の時間が無駄になることもしばしばです。面接の時間はお互いにとって有用な時間とするために双方が努力すべきですがその準備を怠っている地点で厳しくなります。

書類編面接で受かる人

面接で受かる人の書類を見たことがありますか?
受かる方の職務経歴書、履歴書は見ていて面白いです。なぜかというとやってきた職務が具体的なため、聞いてみたいことがたくさん浮かびます。

いい意味で疑問をもたれる履歴書づくりを意識しています。また、趣味や意気込みのところの項目をきちんと書いています。大した事無いように思えますが、趣味の欄にフットサル、将棋、マラソン、レゴ等と書いてあるだけで会話のフックができるため盛り上がりやすく、その人の人柄がよくわかるようになります。面接で落ちるパターンとして、あの人はどんな人かわからなかったという点があります。

最近ではベンチャー企業であるメルカリをはじめ、面接官が1人でも×をつけるとその候補者は落ちてしまうという話があります。
つまりどのような人かわからないだけで落ちてしまう可能性があるわけです。

面接で落ちる人

面接で落ちる人の書類は様々ですね。悪目立ちする書類が多いです。まず誤字脱字が多く、面接時に面接官が見つけてがっかりすることがあります。誤字脱字があると候補者のほうが焦って委縮してしまいます。その地点で他の候補者よりもビハインドを負い、また失敗したという気持ちから候補者が焦ってしまいます。

書類選考の段階では誤字脱字をよく見ていませんが、面接の段階では一言一句みて話すため、誤字脱字に気付きやすいという事情があります。書類には気を付けましょうね。

面接時編面接で受かる人

面接で受かる人は、キャッチボールになっています。端的にいうと面接をし終わった後に面接官が有益な時間だったと感じられることが大事です。

候補者とのキャッチボールの中で面接官が新しい知識や発見があったりサービスを成長させるためのヒントを得られたかどうかです。ただ単に審査する時間ととらえると面接官側もつまらなくなります。受かる方とのキャッチボールはどんなときでも楽しいのです。

面接で落ちる人

面接で落ちる人は会話がぶつ切りになります。質問と質問の間のつなぎがなく質問事に独立した会話になります。これは面接をする側の技量にもよりますが、面接官は会社のそれなりの人物がでてくるわけで面接官に技量がないと思ったらその会社は終わりです。

また、人事が面接している場合は、表面上の会話に終始してしまうので必ず配属予定の部署、部門の方と話しましょう。
さて、面接に落ちる人の話に戻ると、どうも質問に答えてふくらまそうとする気力に欠けています。逆質問をしたり、会話を膨らますネタを提供したりしましょう。会話事例や面接想定問答集はまた別の機会にお話しいたします。

面接後面接で受かる人

面接で受かる人は面接で聞かれた内容をメモしてできなかった点を振り返っています。世の中には几帳面な方もおり、面接の内容をエクセルで管理している人もいます。聞かれたことを保管すること自体には価値はあまりありませんが、振り返ることに価値があります。

自分の思っていたことをきちんと話せなかった場合は、何度も修正し、書類上の言葉を自分の言葉にできるように努めています。何百回も練習しているとスティーブジョブズの言葉ですら当人の言葉に聞こえてきます。

面接で落ちる人

面接で落ちる人は、面接後の振り返りをしない人です。つまり面接ごとの成長がまったくなく、自分の経験がアップデートされていません。経験をしたのにそれを伝えることがうまくできないのはもったいないですよね。

どの職種であってもプレゼンテーションは大事になってきます。書類だけでは審査されない仕組みに今の世の中はなっています。自分の仕事を自慢するつもりでいましょう。

第二新卒の失敗はあるある

第二新卒で転職活動を失敗したらどうしようと思っている方もいるのではないでしょうか。実は第二新卒で転職失敗をする人は多くいます。

第二新卒で失敗して人生後がないと思わないようにしてほしいです。新卒でも第二新卒でも転職で失敗することはあるので、その後どうリカバリできるかが肝要です。

そのためここでは第二新卒でこけてしまったと思う人に向けて書かせていただきたいと思います。

第二新卒での失敗理由

第二新卒での転職失敗理由として多いのが、焦って転職をしてしまい新卒のときと同様に想像していたのと違っていた仕事だったということです。

比較的多いのが、第二新卒ではいった会社のほうが新卒で入った会社よりひどかったというパターンです。まさか、今の会社よりひどい会社はないだろうと思い転職するともっとひどい会社だったという話はよくあります。

これはみなさんが悪いわけではなく、会社には悪い会社が存在するのは事実なのです。騙されたほうが悪いとは絶対に思わないでください。

第二新卒で失敗したら、すぐに転職をしたほうがいいのか?

第二新卒で失敗したと感じたら3年は我慢したほうがいいのかという相談をうけます。この点については難しいところです。ただし、第二新卒で辞めたいと思うのはよっぽど精神的にこたえることだと思いますので無理せず辞める方向に動いて全然いいと思います。

また、第二新卒期間(新卒3年以内)がきくのであればもう一度転職を重ねてもよいと思います。レジュメの見栄えが悪くなりますが、3年以内であれば何度転職しても同じであると私個人では思っています。悪い経験はできるだけ短期間にしてよい機会をとりにいく努力をしたほうがよいでしょう。

1度目辞める時と2度目辞めるときは違う

1度目の退職は嫌な思いをされた方もいるでしょう。新卒で入ったのに根性なしだの色々と言われて退職にいたったかもしれません。

しかしながら2度目の退職は良くも悪くもさほど言われることなく会社を辞めることができます。よって思い切りをここぞというときに発揮してほしいと思います。

余談ですがこういったタイミングで悩んでいると変なビジネスの勧誘とかがくるので気を付けてください。何人も怪しいビジネスに引きずりこまれた人をみてきました。弱っているからといって自分のキャリアを主体的に積むことをやめないでください。

第二新卒時期を過ぎてしまったら

もし第二新卒を過ぎてしまったが第二新卒として入った会社をすぐ辞めたいと思ったらどうしたらよいだろうか。この場合はやや慎重になる必要がある。そもそも転職できるかとうことがカギになってくる。同業界での転職であれば比較的簡単にできるので気にする必要はない。

しかし、異業種に第二新卒が終わった段階で転職するのは少し難易度があがる。よってきちんと異業種転職をしたい場合は準備をしたほうがいい。

もちろんすぐ行動はすべきだが準備を念入りにすることで解消可能なことも多いからだ。

約3年で3社経験している人

3年で3社経験している人を悪く言う風潮もなくはない。しかし、現代では職を変えること自体に抵抗がなくなっている人も増えているため決して仕事を変えている人が仕事ができないという考え方はかわってきた。

すでに辞めてしまって経験社数が増えているのはしょうがないので、しっかりと努力をして能力をあげることを努力しよう。

転職の相談相手が少ない

第二新卒自体も数は多くないのにさらにそこからの転職となるとますます数がすくなくなるだろう。よって転職に関しては転職エージェントに相談するか、転職を検討している企業に相談し同様のキャリアの人がいるかを聞いてみよう

行動すべきこと

まず行動すべきことは転職サイトに登録しレジュメをアップデートしよう。過去にやったことがある場合でも必ず最新のものにレジュメをアップデートしよう。第二新卒層は確かに経験も少ないので書くことがあまりないのかもしれない。

それでもきちんと書いているかどうかでこの人は最低限のビジネスをできる素養がありそうかどうかが分かります。

登録をしたことがなかったらまずはリクナビNEXTに必ず登録しよう。

そして転職エージェントとしてリクルートエージェントを使おう。
また、DODAも同時に登録してほしい。

これらのサイトをすすめる理由としては、第二新卒からの転職の事例が少なく大手はそのなかでも数少ない事例を知っているので戦略を考えてくれるのでありがたい。


職成功までの7ステップ


転職目的の設定は最も大事です。逆に軸がきちんと設定されたら転職はある程度順調にいくパターンが多いですのでめんどくさがらず最初に時間を使うことをお勧めいたします。
業界や業種にどういったものがあるかわからない場合はリクナビNEXTに登録してみましょう。最も業種と職種が網羅されていますので大変参考になります。自分が知らなかった職週にも出会うことができるのでおすすめです。

2.希望する業界の転職市場の動向を把握

希望する業界の転職状況を把握しましょう。常に募集している会社もありますが、採用は会社の都合や市場等の状況によって大きく変わります。一番良いのは、採用を積極的に行っており、給料も高く出してもらえそうなときです。

そういった場合はたいてい、転職エージェントに支払うお金も通常より高く出しているため、転職エージェントも薦めてくる傾向にはあります。

転職市場の状況については、採用予定の人数や、なぜ採用することになったか背景をしっかり聞きましょう。

企業と転職エージェントのどっちにも聞くと業界のことがよくわかります。成長している場合は問題ないのですが、退職者が相次いだなどの後ろ向きの理由の場合は転職しないほうがいいでしょう。

たまに火中の栗を拾いたいタイプの人や会社の状況がぐちゃぐちゃのほうが燃えるとおっしゃる変わった方に遭遇します。火事場で力を発揮する人もいるので否定はしませんが一般人にはおすすめしません。

転職市場の状況については転職エージェントに聞くことをおすすめします。

転職エージェントは、初級者であれば、リクルートエージェントに行くことをおすすめしています。リクルートエージェントは標準的なエージェントであるため転職エージェントとはどんな存在かを知るのにぴったりの会社です。

担当のエージェントに業界の動向を聞いてみましょう。ほかの転職エージェントについては下記からご覧ください。

 

 転職ウィル | 20代、30代の転職を成功に導く…  12 users

 

転職エージェントを比較!あなたにぴったりの人材エージェントは?転職エージェントはたくさんあるので迷うことかと思います。今回はおすすめの転職エージェントを中心に比較してみました。ぜひ転職を検討されている方はご覧になってく…

 

3.求人情報を収集

求人情報を様々収集します。多く見ればいいというわけではないですが、該当する業界をチェックし、リスト化し採用を行っているかをチェックしましょう。

そもそも採用していない、もしくは新卒主義の会社であれば中途入社は厳しいでしょう。タイミングを見直す必要がでてきます。

こういったことは転職エージェントが把握しているので聞くべきです。また採用状況については会社のホームページをしっかりみてチェックしてみてください。

ネットで拾える情報もかなりあります。特にインターネット企業はネットでの情報発信をきちんとしている企業も少なくないので隅から隅まで会社のホームページをしっかりとチェックしておくことをおすすめいたします。

その後、ネットで拾えない情報を転職エージェントを用いて情報を得ていきましょう。転職エージェントに会う前に聞きたい項目を整理しておくようにしましょう。転職エージェントの情報をだけを一方通行に浴びていると情報を整理できなくなります。

求人情報を精査する際には基準をもつべきであります。できれば成長している業界に行く、もしくはこれから伸びるであろう業界に行くこともおすすめです。

IT系を事例にしますが、GEEKLY
のような転職エージェントであれば、ITに特化した案件をもっており、判断するうえでの軸も詳しくありますので参考にすることができます。

例としてあげましたがこちらのエージェントはIT/WEBの方にはおすすめですので足を運んでみてはいかがでしょうか。

その他求人情報を見るための裏技として、DODAをぜひ使ってみてください。実際DODAの運営会社まで足を運ぶと社内でしか見れない求人を自分で探すことができるようになります。

またDODAは優秀なエージェントが非常に多いので転職意欲が高まったらぜひ登録してください。

 

 転職ウィル | 20代、30代の転職を成功に導く…  7 users 2 pockets

 

DODAは○○な方におススメ!徹底解説DODAは最強の転職エージェントDODAはパーソルキャリア(旧インテリジェンス)が運営する転職エージェントサービスです。転職エージェントとしてパーソルキャリア(旧インテ…


4.履歴書を作成

履歴書を作成します。履歴書は通常の履歴書でよいのですが、最初に見られるところなので間違いが内容に書きましょう。

何度も書いたことがあるかと思いますので誤字脱字に気を付ける以外は特筆すべきことはありませんが丁寧に書きましょう。

履歴書は基本中の基本ですので間違いないようにしましょう。履歴書と職務経歴書は異なりますので注意しておいてください。履歴書も第三者にチェックをしてもらったほうがいいですがわざわざプロに見てもらうまでもないので身近な人に依頼しましょう。

いくら履歴書は簡単といっても見落としがあることがありますので用心するに越したことはありません。

5.職務経歴書を作成

はじめての転職の方は職務経歴書に引っかかります。職務経歴書の書き方はルールがあるので、基本を押さえることができれば大丈夫です。LinkedInを普段から使っている方は、そこにまとめてある経歴を転載する形で大丈夫です。

普段からプロジェクトが終わったタイミングや期末にしっかりと振り返りをする習慣をつけておき、どういった仕事に携わりどういった成果がでたのかを把握しておいてください。

職務経歴書は別の記事で対策方法について詳しく記していきたいと思います。職務経歴書は面接のときにも使われますし、重要な書類です。その重要な書類にミスがないように細心の注意を払いましょう。

職務経歴書を作成するには、リクナビNEXTやビズリーチに登録すると自動生成してくれます。特にビズリーチは使いやすくなっておりますのでおすすめです。

そして作ったものを転職エージェントに見てもらいましょう。履歴書、職務経歴書等のチェックに慣れているのはリクルートエージェントです。転職初級者に本当にやさしいです。むしろ初心者相手が多いので細かいことも教えてくれます。リクルートなので会社にデータが膨大にあるんですね。

職務経歴書についてはこちらをごらんください。

 

 転職ウィル | 20代、30代の転職を成功に導く…

 

履歴書/職務経歴書について履歴書/職務経歴書は転職活動のスタートラインにのるために必要だ。企業の選考を受けるためには履歴書と職務経歴書の二つが基本的に必要になってくる。履歴書は住所、生…

 

6.面接対策

ようやく企業との面接にたどりついてからが問題です。面接で一気に多くの人が落ちてしまいます。企業ごとの対策をします。コンサルティング会社であればケース面接がありますので注意してください。
面接では、特に転職理由を深堀されます。

基本的に転職は何かが嫌で転職したいという人が多いため企業側としてもその理由が正当なのか見極めます。自社でその問題が解決するかを人事を中心に細かくチェックされます。

もちろん素で臨むことも大事なのですが、自分を良く見せることも重要な項目の1つです。面接対策はこちらも転職エージェントが詳しいですので、転職エージェントに対策してもらいましょう。リクルートエージェントやマイナビエージェントに登録しておくとよいでしょう。

転職エージェントの1歩上の活用法は、面接で聞かれる内容はもちろんのこと、その転職エージェント経由で転職に成功した現役社員を紹介してもらい特訓してもらうとよいでしょう。

また、リクルートエージェントの一部のエージェントは面接官の情報を十分にもっているので事前対策ができます。同様にJACリクルートメントのコンサルタントも面接官対策が充実していました。

面接対策の詳細はこちらをご覧ください。

 

 転職ウィル | 20代、30代の転職を成功に導く…

 

面接対策面接の役割を考える面接の果たす役割とは何でしょうか。企業は履歴書で学歴、経歴を見ます。職歴で活躍できそうな経験を見ます。では面接は?面接は人柄を見抜く部分が…

 

7.内定後の交渉

内定後に問題になるのは給与です。給与が一律で決まっており交渉の余地がない会社も多いですが、多くの場合は給与交渉をすることができます。そのため、転職エージェント、もしくは企業と交渉をしてどこまで給与を引き上げられるか交渉してみましょう。

実は凄腕転職エージェントはここで力を発揮し簡単に提示額より100万円あげることもあります。どれだけ企業に入り込めて、求職者を売り込む能力があるかで変わってきます。転職エージェントにはできるだけ多くあっておくほうがよいのです。

同じ企業に違うエージェントで似たような候補者が内定を獲得したときに給与交渉後の提示額が実際に100万円変わった事例がありました。
そのためできるだけ多くの転職エージェントを比較するために、リクナビNEXTに登録することをすすめています。

年収アップに強いエージェントは個人と企業によって違うために十分に気を付けましょう。比較することは大事です。