荒川静香選手と羽生結弦選手。この二人のオリンピック金メダリストが子どもの頃行っていたあるトレーニングをご存知ですか?

ついに開講『IQ体操

対象:小1〜小6生

今なら入会金10,800円が半額5,400円に!

はじめまして 。
IQ体操®』 です。

『運動と学力一石二鳥の脳トレ』で

お子さんの潜在能力を高めてみませんか?

==============

2020年から文部科学省学習指導要領により

より考える力を育てる」ことが重視されます。

そのための準備をご紹介します。

ダンス、スポーツ、楽器など自由自在に手足を動かせるようになりたい子へ
知識や数式など自由自在に脳内で動かせるようになりたい子へ

学力と運動能力の二極化が進んでいます。いま、勉強もできて運動能力も高い子とどちらも苦手な子。この2つのグループの割合が増えて来ています。

その一方で、どちらもそこそこ普通にできるという真ん中の子が減って来ています。

最新の研究によると、学力や記憶力、判断力と言った脳のはたらきは座学よりも体を動かす運動を通したほうが効率よく鍛えられるとも言われています。

あなたのお子さんは座学に偏っていませんか?

期待できる効果

・器用さ   ・リズム感
・スピード  ・判断力
・敏捷性   ・真似る力
・反射神経  ・記憶力
・計算力   ・観察力

子どもの成長には旬がある

1. プレゴールデンエイジ
遊びを通して運動好きに。
この時期は興味を持った動き(遊び)を興味のままに経験させることが大事です。この時期に動きの正しさやフォームなどを教え込んだり、反復練習させると興味を失い、多様な動きを経験する機会を失うことになります。動きの杭、遊びの杭(シナプス)を増やすことに集中させられるかどうかが、後々の大きな伸びの布石となります。

 

2. ゴールデンエイジ
即座の習得が可能。
プレゴールデンエイジで蓄えた動きの杭をつなぐことで、少し高度な動きが習得できます。この時期での学びをスムーズにする秘訣は、プレゴールデンエイジでどれだけ動きの杭を増やしておくことが出来たかによります。なお、この時期でも動きの杭(シナプス)は増やせますので、引き続き増やし続けることが大切です。

 

3. 混乱期
出来てたことが一時的に出来なくなる。
ゴールデンエイジ後半にかけて、高度なことが短時間のうちにどんどん習得できるようになっていたはずが、身長が急に伸びることによって運動感覚に変化が起こり、いままで出来ていたことが出来なくなります。精神的に混乱し、自信を失うことがあります。

 

4. 独立期
完成期に向けてより速く、より高く、より強く。
体格の変化が落ち着いてくることで、運動感覚の混乱が治まり、正常化することで混乱期が終わります。これまでに習得した技術や経験が実を結び始めます。筋肉が発達してくる時期とも重なるため、技に磨きをかけることと、動きの強さ、大きさなどを強化させるのに適しています。

 

※各時期が訪れる年齢とその程度には、個人差があります。
※2〜3にかけての経験が、習い事の継続に影響します。この現象は古今東西観察されていて、世阿弥はゴールデンエイジに見られる伸び盛りのことを「一時の花」と称し、その後の混乱期が来ること、その後独立期に向けて芸が磨かれていくことを書き遺しています。この現象を知らないと、一時的な実力の低下を能力の限界と誤認し、習い事をやめてしまうことがあります。また、国際ダンス医科学学会(IADMS: International Association of Dance Medichine and Science)ではこの時期バレエを学ぶ生徒に見られる上達の伸び悩みに教師や親が対処するための資料を公開しています。

シナプスの量が決め手

シナプスが少ない

情報処理が制限
複雑な動きが出来ない^^;
上達が遅い(;´Д`)

シナプスが多い

複数の情報が同時に処理できる
自在力アップ!
上達が早い(^_^)v

『脳を鍛えるには運動しかない!』

座学の壁を超えて脳を鍛えるには

この本(『脳を鍛えるには運動しかない! 最新科学でわかった脳細胞の増やし方』ジョン J. レイティ他著、NHK出版)で提唱されているように、運動を通して脳を刺激することで、脳の様々な機能が向上します。

他に、手足をバラバラに動かすような運動(マリオネット)をすることで脳内の血流量が向上することが幼児から高齢者までを対象にした研究で明らかになってきています。

つまり、学力を効率よく向上させるには、単に座学だけを頑張るのではなく、運動を通して脳に刺激を与え、シナプスを増やすようにすることも必要であるということです。

参加者の声(脳力アップ的なものをご紹介)

会社員
読書スピードが向上した。
OL
仕事のもたつきがなくなり、職場の人間関係が改善した。
高校生
数学の証明問題が早く解けるようになった。
OL
苦手な料理が得意になった。
OL
TOEICで900点越えた!(試験会場から届いた喜びと驚きのメール)
高校生
そう言えば、計算問題でミスをしなくなった。
高校生
数学の証明問題が早く解けるようになった。

IQ体操®とは?

★子どもの脳内にシナプスをたくさん作る、遊びのように楽しいトレーニングです。

★オリンピック金メダリストのトレーニングに基いています。

★日本のフィギュアスケート界を世界レベルに引き上げたトレーニングを参考にしています。

★子ども達が遊びのように喜々として取り組む脳トレ体操です。

★東西冷戦当時、東ドイツが金メダルをたくさん獲得した理由のひとつと言われる運動を通した脳トレの理論を応用したものです。

保護者の声

普段、使わない体の動きをたくさん取り入れてくれて、身体能力が上がりそうに思います。 また、徐々にリズム感が上がったり、頭と体が一致して体を動かせるようになればと思います。何よりも、子供達が本当に楽しそうに体を動かしているのがとても良い。(小1、まこの保護者)

IQ体操®トレーニングメニュー
バランス
すべてのスポーツやダンスに共通する重要な運動能力の一つ。二足で運動する上でバランス力を高めておくことで技術の習得がスムーズになります。
ライン
床においたロープ(またはテープ)を踏まないように、様々なジャンプやステップに挑戦することで、足さばきやジャンプ、タイミング、体の方向など重力を感じながら臨機応変に体をコントロールする能力が鍛えられます。
ラダー
足を正確に素早く動かせるようにトレーニングするのに有効なのがラダー。前後左右の判断、ラダーを踏まないように足を置く正確さ、素早さを高める頭の回転の速さ、と脳トレにはとても有効です。
リズム
音楽に合わせたり、お手本の動きに合わせたりする能力を高めることで、初めて見た動きでもすぐに真似ることが出来るようになります。反復練習をしなくても即座に習得できるようになります。
ボール
自分の手足だけでなく、ボールを投げたり、床に弾ませたりすることで、ボールに加える力の強さや方向、キャッチする位置やタイミングなど体だけの運動よりより複雑な情報処理が必要となります。
マリオネット
手足を左右上下でバラバラに動かす課題に挑戦することで、同時に並列的に情報処理する能力を鍛えることが出来ます。失敗すると笑いと悔しさが同時に起こり、楽しみながら脳が鍛えられていきます。
リズム
音楽に合わせたり、お手本の動きに合わせたりする能力を高めることで、初めて見た動きでもすぐに真似ることが出来るようになります。反復練習をしなくても即座に習得できるようになります。
プログラムや空き状況についてお気軽にお問い合わせください

あるサッカーチームの実績

多くの選手がIQ体操®に参加した前後での比較…
 
■ビフォー
開始2か月前 市大会予選敗退
開始1か月前 区大会初戦敗退
 
↓↓↓ 

■アフター
開始4か月後 市大会予選突破、決勝トーナメント進出!
開始6か月後 区大会予選突破、決勝トーナメント進出!
 

その他、脳力アップの声

読書スピードが向上した(会社員)

数学の証明問題が早く解けるようになった(高校生)

(仕事のもたつきがなくなり)職場の人間関係が改善した(OL)

苦手な料理が得意になった(OL)

TOEICで900点越えた!(OL)(会場から届いたメール)

など多数

やってみよう!

1. マリオネット

操り人形のように手足をバラバラに動かす課題のことです。たとえば、両手でグー・チョキ・パー。これを右と左で一つずらして同時に出します。これを素早く繰り返してみてください。たぶん出来なくて笑いますよね?(^^) 笑いながらも出来なくて悔しい。この悔しさが脳を活性化させます。

動画1を見る

2. 足の二拍子三拍子

左右の手で二拍子と三拍子を同時に描いてみてください。6カウントごとに揃いますね。これを両足で立ったまま行います。右が二拍子(線分)、左が三拍子(三角形)を同時に描きます。6カウントごとに揃ったら成功。失敗したら、笑いますね?(^^) これが脳を鍛えます。

動画2を見る

カリキュラム紹介

動きの杭(シナプス)を増やすことを重視しますので、一つひとつの課題の時間は短く、その代わり種類を豊富に提示します。下記に、各回のクラスの中で提示する課題の一部をご紹介します。

テーマ1:バランス

  1. 犬歩き、蜘蛛歩き、鳥歩き
  2. 小さなラグビーボールを脚に挟んでピョンピョン跳び
  3. ラグビーボールを背中でキャッチ
  4. バランスディスク
  5. ハイバウンドボールでいろいろなキャッチ
  6. いじわるボール(イレギュラーボール)でいろいろなキャッチ
  7. ケンケンパ
  8. リズムトレーニング(バンブーダンス)
  9. グーパージャンプ(手と足一緒に&入れ替えて)
  10. カエル倒立

テーマ2:ラダー

  1. 犬歩き、蜘蛛歩き、鳥歩き
  2. 小さなラグビーボールを脚に挟んでピョンピョン跳び
  3. ラグビーボールを背中でキャッチ
  4. ハイバウンドボールでいろいろなキャッチ
  5. いじわるボール(イレギュラーボール)でいろいろなキャッチ
  6. ラダー
  7. 雑巾がけ

テーマ3:リズム

  1. ボールコントロール
  2. リズムトレーニング
  3. プレッシング
  4. 股関節の柔軟性アップ
  5. マリオネット

テーマ4:マリオネット

  1. 宿題チェック(マリオネット−横三角)
  2. 背中で立つ
  3. いろんなバランス(バランスディスク、頭にお手玉)
  4. ラグビーボールとピョンピョンジャンプ
  5. グーパージャンプ(手と足一緒に&入れ替えて)
  6. マリオネットジャンプ(腕ー肩上肩下を交互に)
  7. ラダー

テーマ5:ラインを使ったトレーニング

  1. 股関節ほぐし
  2. ランニングとバランス
  3. ラインを使ったトレーニング
  4. サイドステップとターン
  5. マリオネット
  6. リズムダンス

テーマ6:ボール

  1. 犬歩き、蜘蛛歩き、鳥歩き
  2. 小さなラグビーボールを脚に挟んでピョンピョン跳び
  3. ラグビーボールを背中でキャッチ
  4. ハイバウンドボールでいろいろなキャッチ
  5. いじわるボール(イレギュラーボール)でいろいろなキャッチ
  6. ケンケンパ
  7. マリオネット
  8. グーパージャンプ(手と足一緒に&入れ替えて)
  9. V字腹筋

どんな教室?

バレエ教室

バレエのレッスン専用の床とバー、鏡などが完備されています。IQ体操®は、バレエのレッスンの中にも組み込まれていて、限られたレッスン時間でも上達を促すことに役立っています。IQ体操®のクラスでは、バーや鏡は使わず、リノリウムの床が子ども達の運動に適した環境となります。

トレーニング器具

IQ体操®では、様々なトレーニング器具を使って子ども達に多種多様な動きを経験させます。脳を鍛えるためには飽きが来ないような工夫が必要です。道具を活用することで、限られたスペースで多彩な動きが提供できるようにしています。

プロトレーナーとの交流

バレエだけの知識に偏らないように、プロバレエトレーナーとの交流を図り、常に最新の体作りの情報に触れるようにしています。また、ロシア人のバレエ教師に師事しバレエ教授法の原理原則を習得しています。
講師紹介

石島みどり(いしじまみどり)

バレエ教師として、約20年幼児から大人までロシアバレエの指導に当たる。生徒さんが楽しみながら、それでいて正確にバレエの様式美を習得できるように、審美系トレーニングを積極的に取り入れている。審美系の脳トレとしてバレエ道場®、筋トレとしてアンクルトレーニング®の認定講師となり、神奈川県新体操選抜選手や社交ダンス日本一の選手などに審美系トレーニングを提供している。

保護者の声

小2、R君の保護者

固い体が少し柔らかくなってきた

固い体が少し柔らかくなってきました。この調子でもっと柔らかくなり怪我をしにくい体になってくれると嬉しいです。

小1、H君の保護者

ゲーム感覚で頭を使った動きを学べる

いつも子供が楽しみに参加させてもらってきます。ゲーム感覚で頭を使った動きを学べるので、汗をかきながらも真剣な眼差しで取り組んだり、お友達と楽しそうに笑ったり、充実したレッスンのようです。バランス感覚も鍛えられるからか、サッカーの動きも以前に比べ良くなった気がします。

小2、Y君の保護者

私も一緒に頑張ろうと思います

毎回楽しみに通わせてもらっております。カラダを動かすことは大好きなのに、不器用なので決められた動きがうまくできず嫌になっちゃう…というのが毎度のパターンなので、まずは楽しく長く続けられることを親としては願っています。変化が起きるのはまだまだ、先になりそうですが?家での練習を取り組めてないので、私も一緒に頑張ろうと思います。今後ともよろしくお願いします。

小2の保護者

ボールを使った動きは、家でもできそう

子どもの身体のかたさを改めて思い知りました。バランス感覚をもっと鍛えたいと思いました。ボールを使った動きは、家でもできそうなので、チャレンジしてみたいと思います。今日はありがとうございました。

小2、Y君の保護者

自由に体を動かす楽しさを知ってきた

頭で考えながら身体を動かすこと、左右違う動きをすることが、当初は思うように出来ず笑ってしまったが、日々のトレーニングで完成形の動きに随分近づくことができ、本人も楽しく課題に取り組んでます。子供自身、自由に体を動かす楽しさを知ってきたようです。サッカー中の転倒や怪我も少なくなりました。楽しみながら体幹を鍛えることができ、先生が上手に子供の集中力を引き出してメニューを考えてくれるので、大変有り難いです。

小3、豊君・匠君の保護者

ステップする姿が見られるようになりました

いつもありがとうございます。たまにステップする姿が見られるようになりました。特に豊は体がかたいためか動きが悪いなと思います。道場で訓練??する事により体をもっと上手く使えるようになり走り方なども変わってくる事を期待しています。今後とも宜しくお願いします。

小1、まこの保護者

子供達が本当に楽しそう

普段、使わない体の動きをたくさん取り入れてくれて、身体能力が上がりそうに思います。また、徐々にリズム感が上がったり、頭と体が一致して体を動かせるようになればと思います。何よりも、子供達が本当に楽しそうに体を動かしているのがとても良い。

『IQ体操®』本コースについて

【日時】
月2回第2、第4水曜日16:00-17:30

5月9日、23日、6月13日、27日
日にちは追加・変更される可能性があります。 

●注意
初めて受けるターム(最初の3か月間)は毎回説明と準備から参加してください。次タームからは実施からの参加となります。 
 
●第1ターム(最初の3か月)
16:00-16:30 課題の説明と準備
16:30-17:30 「IQ体操」実施
 
●第2ターム以降(次の3か月以降)
16:30-17:30 「IQ体操」実施のみ
 
 
【会場】
バレエスタジオDancingFUN
横浜市青葉区美しが丘4-1-21-2F
美しが丘四郵便局と山内公園の間
Tel/Fax: 045-902-2556
Email: info@dfun.jp
www.dancingfun.net
 
 
【持ち物】
動きやすい服装、飲料水
 
 
【受講料(税別)】
1回90分(月2回)
月謝5,000円
お支払は3か月分一括となります
入会金10,000円今なら半額5,400円
他コース移籍時の入会金不要。

※欠席分は返金されません。ただし、ターム内で別日程で開催される回があった場合に振替えることが出来ます。
※途中入会の場合、日割で一括払いとなります。
 

無料体験レッスン

【体験日時】

月2回第2、第4水曜日16:00-17:30
5月9日、23日、6月13日、27日

いずれか1日

【持ち物】
動きやすい服装、飲料水
 
 
【申込方法】
下記ボタンを押して申込みフォームから送信してください。
プログラムや空き状況についてお気軽にお問い合わせください
教室名 バレエスタジオDancingFUN
代表取締役 長岐 裕之
設立年月 2000年4月
会場所在地
横浜市青葉区美しが丘4-1-21 鈴木ビル2F
設立年月 2000年4月
プログラムや空き状況についてお気軽にお問い合わせください