仕事終わりに学びませんか?
(出張型オリジナル講座)

あなたの事業所へ、お邪魔します!
 月に1回おこなう法人内自主勉強会をサポートします。
  テーマ 1 コミュニケーション、
  テーマ 2 認知症ケア、
  テーマ 3 育成のための人間関係整理術、
  テーマ 4 移乗動作・ポジショニング、
  テーマ 5 脳と身体のストレッチ、 
  テーマ 6 人はなぜ間違えるの?(リスクマネジメント)、
  テーマ 7 ミラクルペイント体験、
  テーマ 8 続・認知症ケア、
  テーマ 9 身体大事にしてますか?(肩こり・腰痛予防)
  テーマ10 7つの視点で知るアセスメント、
  テーマ11 覚えて使える介護予防ミニ体操、
  テーマ12 虐待、あなたは大丈夫?

※お好きなテーマを選んで、実施してみませんか?


参加費
メールにて
要問合せ

刻印

お問い合わせ kawasaki823cprl@yahoo.co.jp

ご購入前に、お問い合わせいただき、内容を確認することが出来ます。導入前に事前打ち合わせを1回(無料です)させていただきます。職員のみなさまとの関係構築のためのお試し講座と捉えていただけますと幸いです。この講座から「リーダー研修」や「プレリーダー研修」「リスクマネジメント研修」「アセスメント研修」「動作介助の実技研修」など、各事業所で求められる形にカスタマイズさせていただき、その施設だけの講座を作成致します。

介護予防運動指導員養成講座開催
(令和第3期募集1-3月生)

東京都健康長寿医療センター研究所が推奨する介護予防運動指導員講座の令和第3期受講生(1月生)募集を開始します。講習課程は、センターの指定する科目に則り、全部で31.5時間を要します。新テキストへ対応しています。夜間課程で8日間(3時間×8回:赤羽北さくら荘)と日曜日を1日間(7.5時間×1回:TNるーすと西新宿)の組み合わせで実施します。近隣事業所の方々の仕事帰りに受講できるように工夫しました。どうしても無理な日程がある場合には、補講も用意します。個別にフォローできるように定員は4名までとさせていただきます。なお、1名だけでも必ず開催致します。お問い合わせください。
東 京
名 称 令和第2期 介護予防運動指導員養成講座(夜間)
日 時 令和元年10月1日~12月17日(11月17日)
場 所 赤羽北さくら荘およびTNるーすと西新宿
主 催 合同会社一歩
参加費用 60000円(税込み)
お問い合わせ kawasaki823cprl@yahoo.co.jp

まず、上記アドレスへお問い合わせください。詳細日程、振込先口座等のご案内資料を添付致します。振り込みが確認できた方より、参加確定と致しますので、ご了承ください。
残り席数 募集 締め切りました
お問い合わせ kawasaki823cprl@yahoo.co.jp
東 京
名 称 令和第3期 介護予防運動指導員養成講座(夜間)
日時 令和2年1月14日~3月17日(2月9日)
場 所 赤羽北さくら荘およびTNるーすと西新宿
主  合同会社一歩
参加費用 60000円(税込み)
お問い合わせ kawasaki823cprl@yahoo.co.jp
まず、上記アドレスへお問い合わせください。詳細日程、振込先口座等のご案内資料を添付いたします。振り込みが確認できた方より、参加確定と致しますので、ご了承ください。
募集定員 4名
参加費用 60000円(税込み)

お問い合わせ kawasaki823cprl@yahoo.co.jp

福祉用具専門相談員養成講座

場所 赤羽北さくら荘
11月30日(土)、12月14日(土)、12月15日(日)、1月25日(土)、1月26日(日)、2月15日(土)、2月16日(日)の計7日間(51時間)    第1期生の募集開始です。
参加費
50000円(税別)

お問い合わせ kawasaki823cprl@yahoo.co.jp

会社紹介

合同会社一歩は、代表社員である川﨑初美が講師を務め、資格取得や独自の研修を開催します。現在までフリーランスとして仕事を創り出してきた講座を展開させて、知識を吸収して伝達できる人財教育や、新たな人財の発掘をおこないます。さらに、講座を通して受講生同士のネットワークを創り出して、さらに既存の事業者と提携を結ぶことで仕事や、ボランティアの場、体験場所を生み出し、実践できる人財が集まる場づくりもおこないます。福祉を志すための一歩が踏み出せるように、人の裾野を広げ福祉関連領域の人財不足という社会課題解決へ挑戦する会社です。

2018年と2019年の事業について

2018年度は、介護予防運動指導員を12名、実務者研修教員講習修了者を3名、輩出しました。
2019年度(令和元年)では、介護予防運動指導員を6名、実務者研修教員講習修了者を8名、福祉用具専門相談員を6名輩出できるように企画運営していきます。細々とした運営ですが、少人数で精鋭を生み出し続ける仕組みを持ちながら、修了後のフォローアップにこそ、力を注いで、実践できる人材の育成を心がけていきます。

悩みを共有できる仲間と出会えます!

セミナーでの内容は、明日から使える技術を伝えます。はじめて部下を持つようになったリーダー層や指導職がぶつかる壁についての説明や、本当は細やかに行ってほしい報連相のはなし。なぜうまく行かないのか?受講者は、おもに福祉分野へ勤務されている方が多いのですが、分野・関連職種に限らず、自分の職場であれば、どのように活かせるか?を考えられるように説明していきます。ジョハリの窓を活用した課題解決の方法など、一緒に考える時間を作りながら、気づきを促していきます。けん玉などの道具を示して「行動変容」を意識した具体的な促し方や、考え方は必見です。リスクマネジメントでは、健康・福祉分野におけるノウハウをお伝えします。参加者同士の交流を持つことで、視野がひろがり、新たな仲間も増えていきます。

自分の住む地域と繋がりましょう!

フリーランスとなり4年半が経過します。組織の人材育成への依頼が多く、とくに主任業務(指導職)のお手伝いが増えてきています。フリー1年目には、デイサービスの機能訓練指導員の仕事が多かったのですが、いまは極限られた時間数になっています。昨年から訪問介護事業所の登録ヘルパーさんへの学習機会を増やすために協力することが増えました。施設では新人教育の場面が多いのですが、新人を育てる中堅・リーダー育成に力を注ぐようにしています。職員数についての不満をよく耳にしますが、数的有利を勝ち取るには、職員数で考えるだけでは解決になりません。周囲を巻き込む力が必要です。病院も含めた施設内には専門職が多く働き、地域の自治会や老人会での高年齢化、役を務める人が出てこないことで解散してしまう活動も出てきています。自分たちが地域にどのような貢献ができるのか?組織の問題だけでなく、顔の見える関係性を一人でも多く作れるように、個人が汗をかくことも必要です。自分が好きなこと、続けられることで地域の誰かと繋がりを作りましょう。それがまわりまわって評判となったり、さらに仲間が増えたり、プラスの循環が生まれます。0から1を創り出すことが必要です。必要な技術を身に付けて仲間とつながりを持ち、それぞれが活躍する場で必要とされる人財になりましょう。