インプラント治療のメリット!
江東区でのクリニックの選び方

インプラント治療とは、歯が抜けた場所に人工の歯根を埋め込み土台を作り、そこに人工の歯をかぶせる治療法です。江東区にもインプラント治療を行う歯科クリニックはたくさんありますが、ここでは治療を受けるメリットとデメリット、クリニックの選び方をお伝えします。

インプラントのメリット

従来の治療法に比べ、極めて自然な歯に近い仕上がりとなるため見た目がよいメリットがあります。また、きちんと土台を作って人工の歯を装着するためがたつきなども少なく、違和感がほとんどないのも大きなメリット。

しっかりとよく咬めるのもインプラントならではのメリットだといわれています。差し歯や入れ歯などの場合、どうしてもがたつきや違和感があり、食事のときにしっかり食べ物を咬めないことも。

もっとも大きなメリットとして、ほかの歯に負担をかけないことが挙げられます。従来の治療法だと、残されている歯を支えにするためどうしても負担がかかりやすくなります。そのため、せっかく残った歯の寿命も縮めてしまう恐れがあるのです。

インプラントだと、完全に独立した歯を植立させるためそのような心配がありません。しかも、きちんとメンテナンスすれば寿命も長くできます。

インプラントのデメリット

大きなデメリットとして、手術が必要なことが挙げられます。従来の治療と違い、本格的な手術が必要となるため、それが怖くて治療に踏み切れない方も少なくありません。

また、インプラントは高度な技術や経験が必要となる手術ですが、クリニックによってレベルはまちまちです。そのため、技術レベルが低く経験も少ないクリニックで手術を受けてしまうと、失敗されてしまう恐れもあります。

手術が必要となるため自然と治療期間も長くなりやすく、手術が終わったあとも定期的なメンテナンスが必要になるのもデメリットです。

さらに、インプラントの手術には保険が適用されません。保険適用外のため自由診療となり、すべての治療費を自身で負担しなくてはならないのです。クリニックによってインプラント治療の費用は変わりますが、中にはかなり高額な費用を設定しているところもあります。

インプラント以外の治療法

歯を失ったときの代表的な治療法として、差し歯が挙げられます。歯茎に歯根が残されている場合、差し歯で対応できることが少なくありません。歯根がまったく残っていない場合には難しいですが、そうでない場合には差し歯という選択肢もあります。

ブリッジも代表的な治療のひとつです。失った歯の周りにある歯を支えにして、新たな人工歯を装着する治療法です。専用の接着剤を使用して、周りの歯にしっかりと接着するのが特徴。そのため、入れ歯のように脱着することはできません。

入れ歯に比べると違和感のない仕上がりになりますが、周りの歯がぐらついていないことが前提です。周りの歯を支えにする方法なので、土台となる部分が不安定だとブリッジが意味をなさないのです。

入れ歯は保険が適用されるため安価で治療ができ、歯を削らない、手術が必要ないといったメリットもあります。ただ、どうしても装着したときに異物感があり、しっかりと物を咬めなくなります。

クリニックの選び方

江東区にはたくさんの歯科クリニックがあり、インプラント治療を行っているところもたくさんあります。その中からクリニックを選ぶのは至難の業ですが、いくつかのポイントを押さえておけばそう難しくありません。

もっとも大切なのは、インプラント治療の豊富な実績があるかどうかです。インプラント治療は高度な技術や知識、経験が必要なので、まずはそこをチェックしましょう。技術が低く経験も少ない医師だと、手術を失敗されるリスクもあります。

また、インプラントでは手術が必要なので、術中の痛みがデメリットです。ただ、現在では無痛治療を行う歯科クリニックもあり、そのようなところなら安心して治療が受けられます。従来だとインプラントを埋入するときにドリルを使うことが多かったのですが、最近では使わないところも増えてきました。

しっかりと患者の立場になって考えてくれるクリニックかどうか、も選ぶうえで大切なポイントです。インプラント治療を行っているクリニックだと、カウンセリングを実施しているところも多いので、まずは気軽に相談してみるとよいかもしれません。

カウンセリングを受けたとき、きちんと患者の目線で話しをしてくれるかどうかをチェックしておきましょう。

江東区でインプラント治療が受けられるおすすめの歯科クリニックを探したいのなら、
下記のサイトが役に立つかもしれません。
格安で痛くないインプラント治療を行っているクリニックも紹介しています。

まとめ

インプラント治療にはメリットもたくさんありますが、少なからずデメリットがあるのも事実です。
それを理解したうえで、手術を受けるかどうか考えましょう。