IoT設備事業

"IoT住宅"のその先へ

IoTで毎日の暮らしがもっと
便利・快適・安全・安心になる 

IoT住宅って?

「IoT」という言葉を聞いたことはありますか?
新築や建て替えをお考えの方の中には、「IoT住宅」という言葉を聞いたことがある方もおられるのではないでしょうか。
「言葉は聞いたことがあるけれど、詳しくはわからない」「いまさら聞くのはちょっと恥ずかしい」そんな方のために、今回は「IoT」とは何か、「IoT住宅」とはどんな家かを解説いたします。

そもそもIoTってなに?

「IoT]とは「Internet of Things」の頭文字を取ったもの。日本語では「モノのインターネット」と呼ばれます。
インターネットというと専用の機械、パソコンやタブレット、スマートフォンから使うものというイメージをお持ちではないでしょうか。
そのインターネットを、エアコンや掃除機などの機器や、玄関ドアやお風呂などの設備に繋げることで、様々な情報をやり取りしたり、インターネット回線を通じて離れたところから確認や操作できるようにするのが「モノのインターネット」です。

IoTで何ができるの?

IoTでは、モノを操作することができます。
「テレビを点ける」「エアコンの温度を変える」「ドアの施錠」などの操作を、操作機器を通して離れたところからも行えます。

IoTでは、センサーがついているモノの状態を知ることができます。
「電気が点いているいるか、消えているか」「ドアの施錠がされているか」「温度や湿度は?」「電気の使用量は?」「モノがどこにあるのか」といった情報を確認することができます。

IoTで繋がるモノ同士を繋げることもできます。
「カメラに特定のモノが映ると繋がる機器にお知らせを送る」といったことも。

これらは、何をIoT化するのか、何と何を繋げるのかの組み合わせで、無限の可能性があります。

IoT導入のメリット

IoT住宅

いつも快適・便利・安心。進化する暮らし

時短・便利


スマートスピカーと連携して

忙しい朝の消し忘れや閉め忘れを、
スマートスピーカー操作で確認!

荷物の着荷状態がわかる
宅配ボックス用センサー送信機と連携して、お家に近づいたら荷物の状態をお知らせ。

遠隔で家電を操作
遠隔操作で帰宅中にあらかじめエアコンを付けておけば、夏の暑い日でも家に着いた瞬間から快適な部屋で過ごすことができます。
荷物の着荷状態がわかる
宅配ボックス用センサー送信機と連携して、お家に近づいたら荷物の状態をお知らせ。

安心・安全

家族の快適をサポート

エアコンを自動で制御して、室内の温度や湿度を見守ってくれる
留守中にペットの様子を確認することも。

カギの閉め忘れ遠隔操作
万が一カギを閉めわすれてしまっても、外出先から遠隔操作で施錠ができるので安心
ドア・窓や電気施錠が
開くとメールでお知らせ
外出先からでも人感センサーや屋内カメラでわが家をチェック。 
遠隔で照明などを操作できるので長期不在時、意図的に照明をON・OFFすることで防犯対策としても活用できます。
カギの閉め忘れ遠隔操作
万が一カギを閉めわすれてしまっても、外出先から遠隔操作で施錠ができるので安心

IoTでお家・家族を見守る


「IoTでお家・家族見守る」は、
離れて暮らす家族や働く夫婦が 安心できるサポートライフを提案。
家族の帰宅や留守中の防犯、 そして住まいの室温環境などを センサーが感知。これからの快適で安全安心な暮らしを提案します。

1.家族を見守り


子どもの帰宅をお知らせ!

電気錠と連携して家族の帰宅を確認できる。

2.室温環境を見守り



酷暑から高齢者を守れ!
異常な高温が続く中で、高齢者を中心としてエアコンを利用せずに熱中症にかかり、高齢者が熱中症で死亡するケースが相次いでいます。温度センサーによる自動室温管理が可能。

3.生活動作を感知し見守り


任意に設定した時間中に、照明・エアコン・玄関ドアに動きがないと、アプリおよび指定したメールにアラートとして通知。

4.異常を感知して見守り

留守中に窓の開閉があると感知してお知らせ。
セーフティボタンを押すと、設定した時間中に、照明・エアコン・玄関ドアの動きや人感センサーの反応で、制御の全照明が緊急事態発生を知らせるため点滅し、アラートとしてもスマホ等に通知。

IoTで困りごとの課題解決

IoTの必要性

IoTスマートアパート・マンションで
賃貸経営はもっと安定する
~入居者様の満足度向上させ、一歩先をゆく安定的な賃貸経営~

アパート・マンションの空室対策が心配ではありませんか?

これからアパートやマンションなど収益物件を購入する方あるいはすでに保有している方にとって、空室対策は心配のタネではありませんか?その場合、具体的な空室対策としてはなにが有効でしょうか?
  ・フリーレントを1カ月つける!?
  ・広告料を増額する!?
もちろんそれらも悪くありませんが、ここはひとつ、最新のIoT(アイ・オー・ティー)デバイスを導入する、賃貸住宅のIoT化を考えてみてはいかがでしょう?

全国の空き家数

2033年には日本の空き家率は現在の2倍、総戸数で2100万戸を超え、
日本の住宅の実に3割が空き家になると予測されています。
このような、大"空き家"時代にも安心して賃貸経営を行うには、入居者を惹きつける付加価値が必要です。

IoT化されたアパート・マンションで、
入居者さまの満足度を向上させ、一歩先をゆく安定的な賃貸経営が必要です。

IoTは住宅にも
サービスが続々登場

「IoT元年」とも言われる2017年以降、製造や物流の自動化など産業分野でのIoTの普及は目を見張る勢いです。
単なる自動化に留まらず、エネルギー使用量の「見える化」や医療のAI化など、
「モノ」をネットワーク上で相互に接続して制御する技術は、私たちの社会に革新的なソリューションをもたらしています。

日々の暮らしがより快適に
そして今、その技術は私たちの住まいにも、大きな変化を与えようとしています。
仕事を終えて家に帰ると玄関の鍵が自動で解錠し、
スマートスピーカーに「ただいま」と声をかけると廊下やリビングの照明が次々に点灯。
カーテンは自動で開閉して、エアコンも自動で動き出す。

こうした光景は夢物語などではなく、
IoT住宅で実現できる暮らしです。
近い将来には、たくさんのスイッチやリモコンで機器を操作することはなくなるでしょう。

これまでの生活の常識をくつがえすIoT住宅は、
私たちの暮らしにどのような価値をもたらしてくれるのでしょうか?
お問い合わせは、こちらのボタンからお願いいたします。
家と人との関係がもっと楽しくなる未来を!
金城電気工事株式会社